『QIX』(クイックス)は、タイトーが1981年に業務用ゲームとして発売した陣取りゲームである。タイトーアメリカが開発した本作は現地で人気を博したことから、急遽日本でも導入が決まった。「全米人気No.1」という触れ込みで設置を増やし、日本でもヒット作となった。 タイトルの『QIX』とは、開発者であるランディ・ファイファーの車のナンバープレートが「JUS4QIX」であった事から名付けられている。 エリアを作った部分の背景が見えるようにした続編が作られた後、金子製作所の『ギャルズパニック』などこれを利用した脱衣系ゲームのジャンルの一つとしても定着した。 また、QIXは領域の外側を動いていくものに対し、フィールドの中心からスタートし領域の内部を自由に動くことができるタイプが現われた一方、その分接触してはならないものが増えた。

Property Value
dbo:abstract
  • 『QIX』(クイックス)は、タイトーが1981年に業務用ゲームとして発売した陣取りゲームである。タイトーアメリカが開発した本作は現地で人気を博したことから、急遽日本でも導入が決まった。「全米人気No.1」という触れ込みで設置を増やし、日本でもヒット作となった。 タイトルの『QIX』とは、開発者であるランディ・ファイファーの車のナンバープレートが「JUS4QIX」であった事から名付けられている。 エリアを作った部分の背景が見えるようにした続編が作られた後、金子製作所の『ギャルズパニック』などこれを利用した脱衣系ゲームのジャンルの一つとしても定着した。 また、QIXは領域の外側を動いていくものに対し、フィールドの中心からスタートし領域の内部を自由に動くことができるタイプが現われた一方、その分接触してはならないものが増えた。 (ja)
  • 『QIX』(クイックス)は、タイトーが1981年に業務用ゲームとして発売した陣取りゲームである。タイトーアメリカが開発した本作は現地で人気を博したことから、急遽日本でも導入が決まった。「全米人気No.1」という触れ込みで設置を増やし、日本でもヒット作となった。 タイトルの『QIX』とは、開発者であるランディ・ファイファーの車のナンバープレートが「JUS4QIX」であった事から名付けられている。 エリアを作った部分の背景が見えるようにした続編が作られた後、金子製作所の『ギャルズパニック』などこれを利用した脱衣系ゲームのジャンルの一つとしても定着した。 また、QIXは領域の外側を動いていくものに対し、フィールドの中心からスタートし領域の内部を自由に動くことができるタイプが現われた一方、その分接触してはならないものが増えた。 (ja)
dbo:computingMedia
dbo:computingPlatform
dbo:cpu
dbo:genre
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 694687 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15839 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79346444 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • QIX (ja)
  • 発売中止となったコンピュータゲーム (ja)
  • 竹本泉 (ja)
  • QIX (ja)
  • 発売中止となったコンピュータゲーム (ja)
  • 竹本泉 (ja)
prop-ja:arconly
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:cpu
  • MC6809 x2 (ja)
  • MC6809 x2 (ja)
prop-ja:date
  • 1981 (xsd:integer)
prop-ja:designer
  • サンディ・ファイファー (ja)
  • ランディ・ファイファー (ja)
  • サンディ・ファイファー (ja)
  • ランディ・ファイファー (ja)
prop-ja:dev
  • タイトーアメリカ (ja)
  • タイトーアメリカ (ja)
prop-ja:device
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:display
prop-ja:fam
  • 22 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • /qix (ja)
  • /qix (ja)
prop-ja:media
prop-ja:name
  • QIX (ja)
  • QIX (ja)
prop-ja:np
  • 2.800000 (xsd:double)
prop-ja:plat
prop-ja:play
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:pub
  • タイトー (ja)
  • タイトー (ja)
prop-ja:redirect
  • ついんくいっくす (ja)
  • ついんくいっくす (ja)
prop-ja:ref
  • GameMachineQIX (ja)
  • GameMachineTaito (ja)
  • GameMachineQIX (ja)
  • GameMachineTaito (ja)
prop-ja:reference
  • 「タイトー米国開発『QIX』を発表」、3ページ (ja)
  • 「頭脳で攻める陣とりゲーム タイトー新ゲーム『QIX』」、19ページ (ja)
  • 「タイトー米国開発『QIX』を発表」、3ページ (ja)
  • 「頭脳で攻める陣とりゲーム タイトー新ゲーム『QIX』」、19ページ (ja)
prop-ja:rev
prop-ja:rev1score
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:rev2score
  • 17.920000 (xsd:double)
prop-ja:rev3score
  • 83 (xsd:integer)
prop-ja:rev4score
  • 85 (xsd:integer)
prop-ja:sound
prop-ja:title
  • QIX (ja)
  • QIX (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『QIX』(クイックス)は、タイトーが1981年に業務用ゲームとして発売した陣取りゲームである。タイトーアメリカが開発した本作は現地で人気を博したことから、急遽日本でも導入が決まった。「全米人気No.1」という触れ込みで設置を増やし、日本でもヒット作となった。 タイトルの『QIX』とは、開発者であるランディ・ファイファーの車のナンバープレートが「JUS4QIX」であった事から名付けられている。 エリアを作った部分の背景が見えるようにした続編が作られた後、金子製作所の『ギャルズパニック』などこれを利用した脱衣系ゲームのジャンルの一つとしても定着した。 また、QIXは領域の外側を動いていくものに対し、フィールドの中心からスタートし領域の内部を自由に動くことができるタイプが現われた一方、その分接触してはならないものが増えた。 (ja)
  • 『QIX』(クイックス)は、タイトーが1981年に業務用ゲームとして発売した陣取りゲームである。タイトーアメリカが開発した本作は現地で人気を博したことから、急遽日本でも導入が決まった。「全米人気No.1」という触れ込みで設置を増やし、日本でもヒット作となった。 タイトルの『QIX』とは、開発者であるランディ・ファイファーの車のナンバープレートが「JUS4QIX」であった事から名付けられている。 エリアを作った部分の背景が見えるようにした続編が作られた後、金子製作所の『ギャルズパニック』などこれを利用した脱衣系ゲームのジャンルの一つとしても定着した。 また、QIXは領域の外側を動いていくものに対し、フィールドの中心からスタートし領域の内部を自由に動くことができるタイプが現われた一方、その分接触してはならないものが増えた。 (ja)
rdfs:label
  • QIX (ja)
  • QIX (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • QIX (ja)
  • QIX (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of