ProVerifは、暗号化プロトコルの安全性要件に関する自動推論を行うソフトウェアツールであり、ブルーノ ブランシェットによって開発された。 対称と非対称暗号、デジタル署名、ハッシュ関数、ビットコミットメント、知識の証明などの暗号化プリミティブがサポートされている。このツールは、到達可能性(reachability)、対応表明(correspondence assertions)、および観測等価性(observational equivalence)を評価することができる。これらの推論機能は、機密性や認証機能の分析を可能にするため、コンピュータセキュリティにおいて特に役立つ。プライバシー、追跡可能性、検証可能性などの新たな性質も解析することができる。プロトコル分析では、無限個のセッションと無限大のメッセージ空間が考慮される。このツールは攻撃の再構築が可能である。つまり、ある特性を持つことが証明できない場合には、その特性を破る実行を得ることができる。

Property Value
dbo:abstract
  • ProVerifは、暗号化プロトコルの安全性要件に関する自動推論を行うソフトウェアツールであり、ブルーノ ブランシェットによって開発された。 対称と非対称暗号、デジタル署名、ハッシュ関数、ビットコミットメント、知識の証明などの暗号化プリミティブがサポートされている。このツールは、到達可能性(reachability)、対応表明(correspondence assertions)、および観測等価性(observational equivalence)を評価することができる。これらの推論機能は、機密性や認証機能の分析を可能にするため、コンピュータセキュリティにおいて特に役立つ。プライバシー、追跡可能性、検証可能性などの新たな性質も解析することができる。プロトコル分析では、無限個のセッションと無限大のメッセージ空間が考慮される。このツールは攻撃の再構築が可能である。つまり、ある特性を持つことが証明できない場合には、その特性を破る実行を得ることができる。 (ja)
  • ProVerifは、暗号化プロトコルの安全性要件に関する自動推論を行うソフトウェアツールであり、ブルーノ ブランシェットによって開発された。 対称と非対称暗号、デジタル署名、ハッシュ関数、ビットコミットメント、知識の証明などの暗号化プリミティブがサポートされている。このツールは、到達可能性(reachability)、対応表明(correspondence assertions)、および観測等価性(observational equivalence)を評価することができる。これらの推論機能は、機密性や認証機能の分析を可能にするため、コンピュータセキュリティにおいて特に役立つ。プライバシー、追跡可能性、検証可能性などの新たな性質も解析することができる。プロトコル分析では、無限個のセッションと無限大のメッセージ空間が考慮される。このツールは攻撃の再構築が可能である。つまり、ある特性を持つことが証明できない場合には、その特性を破る実行を得ることができる。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.03
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4464835 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10488 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88182686 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:プログラミング言語
prop-en:ライセンス
  • Mainly, GNU GPL; Windows binaries, BSD licenses (ja)
  • Mainly, GNU GPL; Windows binaries, BSD licenses (ja)
prop-en:初版
  • 2002-06-01 (xsd:date)
prop-en:名称
  • ProVerif (ja)
  • ProVerif (ja)
prop-en:対応言語
  • English (ja)
  • English (ja)
prop-en:最新版
  • 2.030000 (xsd:double)
prop-en:開発元
  • Bruno Blanchet (ja)
  • Bruno Blanchet (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ProVerifは、暗号化プロトコルの安全性要件に関する自動推論を行うソフトウェアツールであり、ブルーノ ブランシェットによって開発された。 対称と非対称暗号、デジタル署名、ハッシュ関数、ビットコミットメント、知識の証明などの暗号化プリミティブがサポートされている。このツールは、到達可能性(reachability)、対応表明(correspondence assertions)、および観測等価性(observational equivalence)を評価することができる。これらの推論機能は、機密性や認証機能の分析を可能にするため、コンピュータセキュリティにおいて特に役立つ。プライバシー、追跡可能性、検証可能性などの新たな性質も解析することができる。プロトコル分析では、無限個のセッションと無限大のメッセージ空間が考慮される。このツールは攻撃の再構築が可能である。つまり、ある特性を持つことが証明できない場合には、その特性を破る実行を得ることができる。 (ja)
  • ProVerifは、暗号化プロトコルの安全性要件に関する自動推論を行うソフトウェアツールであり、ブルーノ ブランシェットによって開発された。 対称と非対称暗号、デジタル署名、ハッシュ関数、ビットコミットメント、知識の証明などの暗号化プリミティブがサポートされている。このツールは、到達可能性(reachability)、対応表明(correspondence assertions)、および観測等価性(observational equivalence)を評価することができる。これらの推論機能は、機密性や認証機能の分析を可能にするため、コンピュータセキュリティにおいて特に役立つ。プライバシー、追跡可能性、検証可能性などの新たな性質も解析することができる。プロトコル分析では、無限個のセッションと無限大のメッセージ空間が考慮される。このツールは攻撃の再構築が可能である。つまり、ある特性を持つことが証明できない場合には、その特性を破る実行を得ることができる。 (ja)
rdfs:label
  • ProVerif (ja)
  • ProVerif (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ProVerif (ja)
  • ProVerif (ja)
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of