Portland Project(ポートランドプロジェクト)とは、Linuxデスクトップアプリケーションのインタフェースを統合し、どのようなデスクトップ環境でもアプリケーション開発をしやすくするためのプロジェクトである。2005年、ポートランドでのOSDLの「Linux Desktop Architects' Meeting」において発表された。現在はGNOMEとKDEでのプログラミングインタフェースの統合を目指しているが、最終的な目的はウィンドウマネージャに関わらず、WindowsやmacOS上にさえもアプリケーション開発の共通の土台を提供するものである。2008年頃までにLinux Standard Baseに取り込まれることを目指している。 2006年6月26日に共通デスクトップ・インタフェースのベータ版、10月11日には1.0版をリリースした。これは、デスクトップの操作を行うツールxdg-utils、操作のためのAPIライブラリDesktop APIで構成されている。 Debian GNU/Linux、Fedora、OpenSUSEといったLinuxディストリビューションで使用可能なほか、Linux版のGoogle EarthとPicasaで採用されている。

Property Value
dbo:abstract
  • Portland Project(ポートランドプロジェクト)とは、Linuxデスクトップアプリケーションのインタフェースを統合し、どのようなデスクトップ環境でもアプリケーション開発をしやすくするためのプロジェクトである。2005年、ポートランドでのOSDLの「Linux Desktop Architects' Meeting」において発表された。現在はGNOMEとKDEでのプログラミングインタフェースの統合を目指しているが、最終的な目的はウィンドウマネージャに関わらず、WindowsやmacOS上にさえもアプリケーション開発の共通の土台を提供するものである。2008年頃までにLinux Standard Baseに取り込まれることを目指している。 2006年6月26日に共通デスクトップ・インタフェースのベータ版、10月11日には1.0版をリリースした。これは、デスクトップの操作を行うツールxdg-utils、操作のためのAPIライブラリDesktop APIで構成されている。 Debian GNU/Linux、Fedora、OpenSUSEといったLinuxディストリビューションで使用可能なほか、Linux版のGoogle EarthとPicasaで採用されている。 (ja)
  • Portland Project(ポートランドプロジェクト)とは、Linuxデスクトップアプリケーションのインタフェースを統合し、どのようなデスクトップ環境でもアプリケーション開発をしやすくするためのプロジェクトである。2005年、ポートランドでのOSDLの「Linux Desktop Architects' Meeting」において発表された。現在はGNOMEとKDEでのプログラミングインタフェースの統合を目指しているが、最終的な目的はウィンドウマネージャに関わらず、WindowsやmacOS上にさえもアプリケーション開発の共通の土台を提供するものである。2008年頃までにLinux Standard Baseに取り込まれることを目指している。 2006年6月26日に共通デスクトップ・インタフェースのベータ版、10月11日には1.0版をリリースした。これは、デスクトップの操作を行うツールxdg-utils、操作のためのAPIライブラリDesktop APIで構成されている。 Debian GNU/Linux、Fedora、OpenSUSEといったLinuxディストリビューションで使用可能なほか、Linux版のGoogle EarthとPicasaで採用されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 585875 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 910 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 62603768 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Portland Project(ポートランドプロジェクト)とは、Linuxデスクトップアプリケーションのインタフェースを統合し、どのようなデスクトップ環境でもアプリケーション開発をしやすくするためのプロジェクトである。2005年、ポートランドでのOSDLの「Linux Desktop Architects' Meeting」において発表された。現在はGNOMEとKDEでのプログラミングインタフェースの統合を目指しているが、最終的な目的はウィンドウマネージャに関わらず、WindowsやmacOS上にさえもアプリケーション開発の共通の土台を提供するものである。2008年頃までにLinux Standard Baseに取り込まれることを目指している。 2006年6月26日に共通デスクトップ・インタフェースのベータ版、10月11日には1.0版をリリースした。これは、デスクトップの操作を行うツールxdg-utils、操作のためのAPIライブラリDesktop APIで構成されている。 Debian GNU/Linux、Fedora、OpenSUSEといったLinuxディストリビューションで使用可能なほか、Linux版のGoogle EarthとPicasaで採用されている。 (ja)
  • Portland Project(ポートランドプロジェクト)とは、Linuxデスクトップアプリケーションのインタフェースを統合し、どのようなデスクトップ環境でもアプリケーション開発をしやすくするためのプロジェクトである。2005年、ポートランドでのOSDLの「Linux Desktop Architects' Meeting」において発表された。現在はGNOMEとKDEでのプログラミングインタフェースの統合を目指しているが、最終的な目的はウィンドウマネージャに関わらず、WindowsやmacOS上にさえもアプリケーション開発の共通の土台を提供するものである。2008年頃までにLinux Standard Baseに取り込まれることを目指している。 2006年6月26日に共通デスクトップ・インタフェースのベータ版、10月11日には1.0版をリリースした。これは、デスクトップの操作を行うツールxdg-utils、操作のためのAPIライブラリDesktop APIで構成されている。 Debian GNU/Linux、Fedora、OpenSUSEといったLinuxディストリビューションで使用可能なほか、Linux版のGoogle EarthとPicasaで採用されている。 (ja)
rdfs:label
  • Portland Project (ja)
  • Portland Project (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of