Portable Executable(PE)は、主に32ビットおよび64ビット版のMicrosoft Windows上で使用される実行ファイル (EXE)、オブジェクトファイル、DLL、SYS (デバイスドライバ)、FON フォントファイル等のファイルフォーマットである。PEフォーマットは実行コードを管理するためにWindows OSローダが必要とする情報をカプセル化するデータ構造である。エクステンシブル・ファームウェア・インターフェイス (EFI) の仕様ではPEをEFI環境における標準の実行形式としている。このためUEFIアプリケーションや.NETアプリケーションのバイナリフォーマットとしても使用されている。マイクロソフト製OSとのマルチブート環境の構築を容易にする目的で、x86、x86-64、ARMアーキテクチャにおけるLinuxカーネル実行ファイル(EFI Boot Stub)やブートローダなど、非Windows系OSのシステムファイルの一部でも用いられている。 PEと似たフォーマットとしてELFファイル(LinuxやUnixで利用)や Mach-O (macOSやiOSで利用)がある。

Property Value
dbo:abstract
  • Portable Executable(PE)は、主に32ビットおよび64ビット版のMicrosoft Windows上で使用される実行ファイル (EXE)、オブジェクトファイル、DLL、SYS (デバイスドライバ)、FON フォントファイル等のファイルフォーマットである。PEフォーマットは実行コードを管理するためにWindows OSローダが必要とする情報をカプセル化するデータ構造である。エクステンシブル・ファームウェア・インターフェイス (EFI) の仕様ではPEをEFI環境における標準の実行形式としている。このためUEFIアプリケーションや.NETアプリケーションのバイナリフォーマットとしても使用されている。マイクロソフト製OSとのマルチブート環境の構築を容易にする目的で、x86、x86-64、ARMアーキテクチャにおけるLinuxカーネル実行ファイル(EFI Boot Stub)やブートローダなど、非Windows系OSのシステムファイルの一部でも用いられている。 Windows NTオペレーティングシステムでは、PEはIA-32、IA-64、x86、x86-64 (AMD64/Intel 64)、ARMおよびARM64命令セットアーキテクチャ (ISA) がサポートされている。Windows 2000以前のWindows NTではMIPS、 AlphaおよびPowerPC命令セットアーキテクチャがサポートされていた。PEはWindows CEでも利用されていたため、MIPSのいくつかの種類、ARM (Thumbを含む)、SuperH命令セットアーキテクチャでもサポートが継続されている。 さまざまなCPUアーキテクチャに対応するため、内部に判別用のフラグを持っている。実行時にDLLを動的にリンクし、コンポーネントレベルでのバグフィックス、互換性の維持が行われるようになっている。また、リソース領域にアイコン等を格納でき、GUI上で表示された場合アイコンがグラフィカルに表示され、ソフトウェアが容易に判別できるようにできる。 PEと似たフォーマットとしてELFファイル(LinuxやUnixで利用)や Mach-O (macOSやiOSで利用)がある。 (ja)
  • Portable Executable(PE)は、主に32ビットおよび64ビット版のMicrosoft Windows上で使用される実行ファイル (EXE)、オブジェクトファイル、DLL、SYS (デバイスドライバ)、FON フォントファイル等のファイルフォーマットである。PEフォーマットは実行コードを管理するためにWindows OSローダが必要とする情報をカプセル化するデータ構造である。エクステンシブル・ファームウェア・インターフェイス (EFI) の仕様ではPEをEFI環境における標準の実行形式としている。このためUEFIアプリケーションや.NETアプリケーションのバイナリフォーマットとしても使用されている。マイクロソフト製OSとのマルチブート環境の構築を容易にする目的で、x86、x86-64、ARMアーキテクチャにおけるLinuxカーネル実行ファイル(EFI Boot Stub)やブートローダなど、非Windows系OSのシステムファイルの一部でも用いられている。 Windows NTオペレーティングシステムでは、PEはIA-32、IA-64、x86、x86-64 (AMD64/Intel 64)、ARMおよびARM64命令セットアーキテクチャ (ISA) がサポートされている。Windows 2000以前のWindows NTではMIPS、 AlphaおよびPowerPC命令セットアーキテクチャがサポートされていた。PEはWindows CEでも利用されていたため、MIPSのいくつかの種類、ARM (Thumbを含む)、SuperH命令セットアーキテクチャでもサポートが継続されている。 さまざまなCPUアーキテクチャに対応するため、内部に判別用のフラグを持っている。実行時にDLLを動的にリンクし、コンポーネントレベルでのバグフィックス、互換性の維持が行われるようになっている。また、リソース領域にアイコン等を格納でき、GUI上で表示された場合アイコンがグラフィカルに表示され、ソフトウェアが容易に判別できるようにできる。 PEと似たフォーマットとしてELFファイル(LinuxやUnixで利用)や Mach-O (macOSやiOSで利用)がある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 648245 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7836 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 7840 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80589057 (xsd:integer)
  • 86770999 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:extendedfrom
prop-ja:extension
  • .acm, .ax, .cpl, .dll, .drv, .efi, .exe, .fon, .mui, .ocx, .scr, .sys, .tsp (ja)
  • .acm, .ax, .cpl, .dll, .drv, .efi, .exe, .fon, .mui, .ocx, .scr, .sys, .tsp (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:magic
  • MZ 0x00 PE 0x00 0x00 (ja)
  • MZ 0x00 PE 0x00 0x00 (ja)
prop-ja:mime
  • application/vnd.microsoft.portable-executable (ja)
  • application/vnd.microsoft.portable-executable (ja)
prop-ja:name
  • Portable Executable (ja)
  • Portable Executable (ja)
prop-ja:owner
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Portable Executable(PE)は、主に32ビットおよび64ビット版のMicrosoft Windows上で使用される実行ファイル (EXE)、オブジェクトファイル、DLL、SYS (デバイスドライバ)、FON フォントファイル等のファイルフォーマットである。PEフォーマットは実行コードを管理するためにWindows OSローダが必要とする情報をカプセル化するデータ構造である。エクステンシブル・ファームウェア・インターフェイス (EFI) の仕様ではPEをEFI環境における標準の実行形式としている。このためUEFIアプリケーションや.NETアプリケーションのバイナリフォーマットとしても使用されている。マイクロソフト製OSとのマルチブート環境の構築を容易にする目的で、x86、x86-64、ARMアーキテクチャにおけるLinuxカーネル実行ファイル(EFI Boot Stub)やブートローダなど、非Windows系OSのシステムファイルの一部でも用いられている。 PEと似たフォーマットとしてELFファイル(LinuxやUnixで利用)や Mach-O (macOSやiOSで利用)がある。 (ja)
  • Portable Executable(PE)は、主に32ビットおよび64ビット版のMicrosoft Windows上で使用される実行ファイル (EXE)、オブジェクトファイル、DLL、SYS (デバイスドライバ)、FON フォントファイル等のファイルフォーマットである。PEフォーマットは実行コードを管理するためにWindows OSローダが必要とする情報をカプセル化するデータ構造である。エクステンシブル・ファームウェア・インターフェイス (EFI) の仕様ではPEをEFI環境における標準の実行形式としている。このためUEFIアプリケーションや.NETアプリケーションのバイナリフォーマットとしても使用されている。マイクロソフト製OSとのマルチブート環境の構築を容易にする目的で、x86、x86-64、ARMアーキテクチャにおけるLinuxカーネル実行ファイル(EFI Boot Stub)やブートローダなど、非Windows系OSのシステムファイルの一部でも用いられている。 PEと似たフォーマットとしてELFファイル(LinuxやUnixで利用)や Mach-O (macOSやiOSで利用)がある。 (ja)
rdfs:label
  • Portable Executable (ja)
  • Portable Executable (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:extendedTo of
is prop-ja:extendedto of
is prop-ja:magic of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of