plumaは、gedit 2をフォークして作られたテキストエディタである。Linuxディストリビューションで使用されるMATEのデフォルトのテキストエディタである。plumaは、基本的な機能のほか、追加のプラグインで機能を拡張することができる。 plumaは、複数のファイルを一度に編集することができる(タブまたはMDIをサポート)グラフィカルなアプリケーションである。また、国際化されており、Unicode UTF-8を用いている。plumaは一般的なテキストエディタとしては標準的な機能をサポートしており、簡潔さと使いやすさを強調している。plumaの核となる機能は、ソースコードのシンタックスハイライティング、オートインデント、プレビュー機能付きの印刷のサポートなどである。 plumaは、MATEプロジェクトの思想に従って、クリーンでシンプルなGUIにデザインされており、MATEのデフォルトのテキストエディタとなっている。また、plumaはフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアであり、GNU GPLバージョン 2以降に従う。

Property Value
dbo:abstract
  • plumaは、gedit 2をフォークして作られたテキストエディタである。Linuxディストリビューションで使用されるMATEのデフォルトのテキストエディタである。plumaは、基本的な機能のほか、追加のプラグインで機能を拡張することができる。 plumaは、複数のファイルを一度に編集することができる(タブまたはMDIをサポート)グラフィカルなアプリケーションである。また、国際化されており、Unicode UTF-8を用いている。plumaは一般的なテキストエディタとしては標準的な機能をサポートしており、簡潔さと使いやすさを強調している。plumaの核となる機能は、ソースコードのシンタックスハイライティング、オートインデント、プレビュー機能付きの印刷のサポートなどである。 plumaは、MATEプロジェクトの思想に従って、クリーンでシンプルなGUIにデザインされており、MATEのデフォルトのテキストエディタとなっている。また、plumaはフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアであり、GNU GPLバージョン 2以降に従う。 (ja)
  • plumaは、gedit 2をフォークして作られたテキストエディタである。Linuxディストリビューションで使用されるMATEのデフォルトのテキストエディタである。plumaは、基本的な機能のほか、追加のプラグインで機能を拡張することができる。 plumaは、複数のファイルを一度に編集することができる(タブまたはMDIをサポート)グラフィカルなアプリケーションである。また、国際化されており、Unicode UTF-8を用いている。plumaは一般的なテキストエディタとしては標準的な機能をサポートしており、簡潔さと使いやすさを強調している。plumaの核となる機能は、ソースコードのシンタックスハイライティング、オートインデント、プレビュー機能付きの印刷のサポートなどである。 plumaは、MATEプロジェクトの思想に従って、クリーンでシンプルなGUIにデザインされており、MATEのデフォルトのテキストエディタとなっている。また、plumaはフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアであり、GNU GPLバージョン 2以降に従う。 (ja)
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4038471 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2733 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88186526 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:スクリーンショット
  • ファイル:Pluma 12.0.4-ja.png (ja)
  • ファイル:Pluma 12.0.4-ja.png (ja)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • pluma (ja)
  • pluma (ja)
prop-ja:開発元
  • Steve Zesch, Stefano Karapetsas, Perberos (ja)
  • Steve Zesch, Stefano Karapetsas, Perberos (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • plumaは、gedit 2をフォークして作られたテキストエディタである。Linuxディストリビューションで使用されるMATEのデフォルトのテキストエディタである。plumaは、基本的な機能のほか、追加のプラグインで機能を拡張することができる。 plumaは、複数のファイルを一度に編集することができる(タブまたはMDIをサポート)グラフィカルなアプリケーションである。また、国際化されており、Unicode UTF-8を用いている。plumaは一般的なテキストエディタとしては標準的な機能をサポートしており、簡潔さと使いやすさを強調している。plumaの核となる機能は、ソースコードのシンタックスハイライティング、オートインデント、プレビュー機能付きの印刷のサポートなどである。 plumaは、MATEプロジェクトの思想に従って、クリーンでシンプルなGUIにデザインされており、MATEのデフォルトのテキストエディタとなっている。また、plumaはフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアであり、GNU GPLバージョン 2以降に従う。 (ja)
  • plumaは、gedit 2をフォークして作られたテキストエディタである。Linuxディストリビューションで使用されるMATEのデフォルトのテキストエディタである。plumaは、基本的な機能のほか、追加のプラグインで機能を拡張することができる。 plumaは、複数のファイルを一度に編集することができる(タブまたはMDIをサポート)グラフィカルなアプリケーションである。また、国際化されており、Unicode UTF-8を用いている。plumaは一般的なテキストエディタとしては標準的な機能をサポートしており、簡潔さと使いやすさを強調している。plumaの核となる機能は、ソースコードのシンタックスハイライティング、オートインデント、プレビュー機能付きの印刷のサポートなどである。 plumaは、MATEプロジェクトの思想に従って、クリーンでシンプルなGUIにデザインされており、MATEのデフォルトのテキストエディタとなっている。また、plumaはフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアであり、GNU GPLバージョン 2以降に従う。 (ja)
rdfs:label
  • Pluma (ja)
  • Pluma (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • pluma (ja)
  • (ja)
  • pluma (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of