Photo-Me International plc (フォトミー、LSE: PHTM)はイギリスのサリー州エプソムに拠点を置く自動サービス機の会社。1963年に公開有限会社となり、イギリス以外にもインドネシア、日本、フィリピン、ドイツ、フランスなどの国で業務を行っている。証明写真ブースの「Photo-Me」で有名だが、他にも幅広いサービスを行っている。 1962年よりロンドン証券取引所に上場している。2007年に証明写真機部門を売却する計画があったが、株主の反対により当時のCEOであったヴァーノン・サンキーと(Photo-Me傘下の仏KISグループ創業者)は辞任に追い込まれた。 2009年2月に業績予想の修正があり、2009年3月にCEOのThierry Barelが辞任した。 2009年5月、セルジュ・クラスニアンスキーが非常勤取締役として取締役会に再任された。その後、副会長兼共同最高経営責任者に任命され、2010年5月にはCEOに返り咲いた。 ロンドンのカナリー・ワーフ地区にあるPhoto-Meのブースはフランスの有名デザイナーであるフィリップ・スタルクと共同でデザインしたものである。 同社の会長であるJohn H. J. Lewisは、2019年の新年の叙勲で名誉委員会によって騎士の称号を得た。ルイスは2006年以来保守党に約39万ポンドを寄付したと批評家は述べた。

Property Value
dbo:abstract
  • Photo-Me International plc (フォトミー、LSE: PHTM)はイギリスのサリー州エプソムに拠点を置く自動サービス機の会社。1963年に公開有限会社となり、イギリス以外にもインドネシア、日本、フィリピン、ドイツ、フランスなどの国で業務を行っている。証明写真ブースの「Photo-Me」で有名だが、他にも幅広いサービスを行っている。 1962年よりロンドン証券取引所に上場している。2007年に証明写真機部門を売却する計画があったが、株主の反対により当時のCEOであったヴァーノン・サンキーと(Photo-Me傘下の仏KISグループ創業者)は辞任に追い込まれた。 2009年2月に業績予想の修正があり、2009年3月にCEOのThierry Barelが辞任した。 2009年5月、セルジュ・クラスニアンスキーが非常勤取締役として取締役会に再任された。その後、副会長兼共同最高経営責任者に任命され、2010年5月にはCEOに返り咲いた。 かつてはノーリツ鋼機や富士フイルムと並ぶフイルム写真現像処理機(ミニラボ)の世界大手であったが、デジカメの普及によって2000年代後半に経営危機に陥った。Photo-Meは2009年4月30日時点の税引前利益が160万ポンドなのに対して、2008年度は630万ポンドの赤字を出しており、クラスニアンスキーの再任後、KISとPhoto-Meグループで大規模なリストラが行われた。 2010年にはPhoto-Meグループ最大の不良債権であったミニラボ事業が売却され、税引前利益は1400万ポンドとなった。バランスシートを見る限りでは、前年がネットデット(純有利子負債)2350万ポンドだったのに対し、当年はネットキャッシュ810万ポンドとなり、全体的なキャッシュポジションは3160万ポンドと言う劇的な改善を見た。 ロンドンのカナリー・ワーフ地区にあるPhoto-Meのブースはフランスの有名デザイナーであるフィリップ・スタルクと共同でデザインしたものである。 同社は多角化の為にランドリー事業に参入し、「Revolution」部門を創設した。Revolutionは、24時間年中無休の屋外設置型のセルフサービスのコインランドリーである。この部門は、2015年末までに2000ユニットの設置が見込まれており、予想を超える成功を収めている。 2016年11月、Photo-Meがイギリスの大手スーパーマーケットであるアズダの写真部門を買収し、スーパー店内にある191か所の写真センターと172か所のセルフサービスキオスクを入手したことが発表された。 同社の会長であるJohn H. J. Lewisは、2019年の新年の叙勲で名誉委員会によって騎士の称号を得た。ルイスは2006年以来保守党に約39万ポンドを寄付したと批評家は述べた。 (ja)
  • Photo-Me International plc (フォトミー、LSE: PHTM)はイギリスのサリー州エプソムに拠点を置く自動サービス機の会社。1963年に公開有限会社となり、イギリス以外にもインドネシア、日本、フィリピン、ドイツ、フランスなどの国で業務を行っている。証明写真ブースの「Photo-Me」で有名だが、他にも幅広いサービスを行っている。 1962年よりロンドン証券取引所に上場している。2007年に証明写真機部門を売却する計画があったが、株主の反対により当時のCEOであったヴァーノン・サンキーと(Photo-Me傘下の仏KISグループ創業者)は辞任に追い込まれた。 2009年2月に業績予想の修正があり、2009年3月にCEOのThierry Barelが辞任した。 2009年5月、セルジュ・クラスニアンスキーが非常勤取締役として取締役会に再任された。その後、副会長兼共同最高経営責任者に任命され、2010年5月にはCEOに返り咲いた。 かつてはノーリツ鋼機や富士フイルムと並ぶフイルム写真現像処理機(ミニラボ)の世界大手であったが、デジカメの普及によって2000年代後半に経営危機に陥った。Photo-Meは2009年4月30日時点の税引前利益が160万ポンドなのに対して、2008年度は630万ポンドの赤字を出しており、クラスニアンスキーの再任後、KISとPhoto-Meグループで大規模なリストラが行われた。 2010年にはPhoto-Meグループ最大の不良債権であったミニラボ事業が売却され、税引前利益は1400万ポンドとなった。バランスシートを見る限りでは、前年がネットデット(純有利子負債)2350万ポンドだったのに対し、当年はネットキャッシュ810万ポンドとなり、全体的なキャッシュポジションは3160万ポンドと言う劇的な改善を見た。 ロンドンのカナリー・ワーフ地区にあるPhoto-Meのブースはフランスの有名デザイナーであるフィリップ・スタルクと共同でデザインしたものである。 同社は多角化の為にランドリー事業に参入し、「Revolution」部門を創設した。Revolutionは、24時間年中無休の屋外設置型のセルフサービスのコインランドリーである。この部門は、2015年末までに2000ユニットの設置が見込まれており、予想を超える成功を収めている。 2016年11月、Photo-Meがイギリスの大手スーパーマーケットであるアズダの写真部門を買収し、スーパー店内にある191か所の写真センターと172か所のセルフサービスキオスクを入手したことが発表された。 同社の会長であるJohn H. J. Lewisは、2019年の新年の叙勲で名誉委員会によって騎士の称号を得た。ルイスは2006年以来保守党に約39万ポンドを寄付したと批評家は述べた。 (ja)
dbo:foundingYear
  • 1960-01-01 (xsd:gYear)
dbo:industry
dbo:keyPerson
dbo:location
dbo:thumbnail
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4353417 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5347 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88079000 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:areaServed
  • World wide (ja)
  • World wide (ja)
prop-ja:foundation
  • 1960.0
prop-ja:homepage
prop-ja:industry
  • 自動サービス機 (ja)
  • 自動サービス機 (ja)
prop-ja:keyPeople
  • Serge Crasnianski, (ja)
  • Serge Crasnianski, (ja)
prop-ja:location
  • サリー州エプソム、イギリス (ja)
  • サリー州エプソム、イギリス (ja)
prop-ja:name
  • Photo Me International (ja)
  • Photo Me International (ja)
prop-ja:tradedAs
  • LSE:PHTM (ja)
  • LSE:PHTM (ja)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Photo-Me International plc (フォトミー、LSE: PHTM)はイギリスのサリー州エプソムに拠点を置く自動サービス機の会社。1963年に公開有限会社となり、イギリス以外にもインドネシア、日本、フィリピン、ドイツ、フランスなどの国で業務を行っている。証明写真ブースの「Photo-Me」で有名だが、他にも幅広いサービスを行っている。 1962年よりロンドン証券取引所に上場している。2007年に証明写真機部門を売却する計画があったが、株主の反対により当時のCEOであったヴァーノン・サンキーと(Photo-Me傘下の仏KISグループ創業者)は辞任に追い込まれた。 2009年2月に業績予想の修正があり、2009年3月にCEOのThierry Barelが辞任した。 2009年5月、セルジュ・クラスニアンスキーが非常勤取締役として取締役会に再任された。その後、副会長兼共同最高経営責任者に任命され、2010年5月にはCEOに返り咲いた。 ロンドンのカナリー・ワーフ地区にあるPhoto-Meのブースはフランスの有名デザイナーであるフィリップ・スタルクと共同でデザインしたものである。 同社の会長であるJohn H. J. Lewisは、2019年の新年の叙勲で名誉委員会によって騎士の称号を得た。ルイスは2006年以来保守党に約39万ポンドを寄付したと批評家は述べた。 (ja)
  • Photo-Me International plc (フォトミー、LSE: PHTM)はイギリスのサリー州エプソムに拠点を置く自動サービス機の会社。1963年に公開有限会社となり、イギリス以外にもインドネシア、日本、フィリピン、ドイツ、フランスなどの国で業務を行っている。証明写真ブースの「Photo-Me」で有名だが、他にも幅広いサービスを行っている。 1962年よりロンドン証券取引所に上場している。2007年に証明写真機部門を売却する計画があったが、株主の反対により当時のCEOであったヴァーノン・サンキーと(Photo-Me傘下の仏KISグループ創業者)は辞任に追い込まれた。 2009年2月に業績予想の修正があり、2009年3月にCEOのThierry Barelが辞任した。 2009年5月、セルジュ・クラスニアンスキーが非常勤取締役として取締役会に再任された。その後、副会長兼共同最高経営責任者に任命され、2010年5月にはCEOに返り咲いた。 ロンドンのカナリー・ワーフ地区にあるPhoto-Meのブースはフランスの有名デザイナーであるフィリップ・スタルクと共同でデザインしたものである。 同社の会長であるJohn H. J. Lewisは、2019年の新年の叙勲で名誉委員会によって騎士の称号を得た。ルイスは2006年以来保守党に約39万ポンドを寄付したと批評家は述べた。 (ja)
rdfs:label
  • Photo-Me (ja)
  • Photo-Me (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Photo Me International (ja)
  • Photo Me International (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of