PL/M(Programming Language for Microcomputersの頭文字)はゲイリー・キルドールが1972年に設計・開発した高水準プログラミング言語で、インテルで働くののために開発された。 PL/I、ALGOL、を参考にしており、マクロ処理機能があった。キルドールはワシントン大学在学中にB5500を使用しており、のような高水準言語を用いたシステムプログラミングに高い可能性があることを知った。 Pascal、C、BASICなどのような現代の言語とは異なり、PL/Mには標準入出力機能がなかった。マイクロプロセッサのような非常に限定された環境下でのプログラミングをターゲットにしており、メモリ、I/O、割り込みなどに対して非常に効率よく直接的にアクセスできるよう設計された。PL/Mはマイクロプロセッサを用いたコンピュータで動作する最初の言語で、CP/Mの初期バージョンはアセンブラではなくこの言語を用いて実装された。1970年代から1980年代にかけ、インテルやザイログZ80の組み込みシステムでPL/Mが使用された。例えばCISC AS/400のサービスプロセッサのファームウェアはPL/Mで記述された。 インテルは90年代以降PL/Mをサポートしていないが、PL/M-to-Cトランスレーターなどの社外ツールが存在している(下記を参照)。

Property Value
dbo:abstract
  • PL/M(Programming Language for Microcomputersの頭文字)はゲイリー・キルドールが1972年に設計・開発した高水準プログラミング言語で、インテルで働くののために開発された。 PL/I、ALGOL、を参考にしており、マクロ処理機能があった。キルドールはワシントン大学在学中にB5500を使用しており、のような高水準言語を用いたシステムプログラミングに高い可能性があることを知った。 Pascal、C、BASICなどのような現代の言語とは異なり、PL/Mには標準入出力機能がなかった。マイクロプロセッサのような非常に限定された環境下でのプログラミングをターゲットにしており、メモリ、I/O、割り込みなどに対して非常に効率よく直接的にアクセスできるよう設計された。PL/Mはマイクロプロセッサを用いたコンピュータで動作する最初の言語で、CP/Mの初期バージョンはアセンブラではなくこの言語を用いて実装された。1970年代から1980年代にかけ、インテルやザイログZ80の組み込みシステムでPL/Mが使用された。例えばCISC AS/400のサービスプロセッサのファームウェアはPL/Mで記述された。 オリジナルのPL/MコンパイラはIntel 8008に対応していた。アップデート版は8080に対応し、新しいIntel 8085でも動作した他、8080の上位互換であるZilog Z80でも動作した。その後Intel 8048やIntel 8051に対応し、8086 (8088)や80186 (80188)などの8086系列に対応して、80286や32ビットの80386にも対応した。またPL/Mコンパイラはや8096/等の系列のプロセッサにも対応した。 PL/MコンパイラはIntel などのOSでもCPUが同じであれば動作する「ネイティブ」設計である一方で、CP/MやマイクロソフトのMS-DOSやDECのVAX/VMSなどで動作するPLMXというクロスコンパイラもあった。 インテルは90年代以降PL/Mをサポートしていないが、PL/M-to-Cトランスレーターなどの社外ツールが存在している(下記を参照)。 (ja)
  • PL/M(Programming Language for Microcomputersの頭文字)はゲイリー・キルドールが1972年に設計・開発した高水準プログラミング言語で、インテルで働くののために開発された。 PL/I、ALGOL、を参考にしており、マクロ処理機能があった。キルドールはワシントン大学在学中にB5500を使用しており、のような高水準言語を用いたシステムプログラミングに高い可能性があることを知った。 Pascal、C、BASICなどのような現代の言語とは異なり、PL/Mには標準入出力機能がなかった。マイクロプロセッサのような非常に限定された環境下でのプログラミングをターゲットにしており、メモリ、I/O、割り込みなどに対して非常に効率よく直接的にアクセスできるよう設計された。PL/Mはマイクロプロセッサを用いたコンピュータで動作する最初の言語で、CP/Mの初期バージョンはアセンブラではなくこの言語を用いて実装された。1970年代から1980年代にかけ、インテルやザイログZ80の組み込みシステムでPL/Mが使用された。例えばCISC AS/400のサービスプロセッサのファームウェアはPL/Mで記述された。 オリジナルのPL/MコンパイラはIntel 8008に対応していた。アップデート版は8080に対応し、新しいIntel 8085でも動作した他、8080の上位互換であるZilog Z80でも動作した。その後Intel 8048やIntel 8051に対応し、8086 (8088)や80186 (80188)などの8086系列に対応して、80286や32ビットの80386にも対応した。またPL/Mコンパイラはや8096/等の系列のプロセッサにも対応した。 PL/MコンパイラはIntel などのOSでもCPUが同じであれば動作する「ネイティブ」設計である一方で、CP/MやマイクロソフトのMS-DOSやDECのVAX/VMSなどで動作するPLMXというクロスコンパイラもあった。 インテルは90年代以降PL/Mをサポートしていないが、PL/M-to-Cトランスレーターなどの社外ツールが存在している(下記を参照)。 (ja)
dbo:developer
dbo:influencedBy
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4052246 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5727 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78331890 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
prop-ja:influencedBy
  • ALGOL, PL/I, (ja)
  • ALGOL, PL/I, (ja)
prop-ja:name
  • PL/M (ja)
  • PL/M (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • PL/M(Programming Language for Microcomputersの頭文字)はゲイリー・キルドールが1972年に設計・開発した高水準プログラミング言語で、インテルで働くののために開発された。 PL/I、ALGOL、を参考にしており、マクロ処理機能があった。キルドールはワシントン大学在学中にB5500を使用しており、のような高水準言語を用いたシステムプログラミングに高い可能性があることを知った。 Pascal、C、BASICなどのような現代の言語とは異なり、PL/Mには標準入出力機能がなかった。マイクロプロセッサのような非常に限定された環境下でのプログラミングをターゲットにしており、メモリ、I/O、割り込みなどに対して非常に効率よく直接的にアクセスできるよう設計された。PL/Mはマイクロプロセッサを用いたコンピュータで動作する最初の言語で、CP/Mの初期バージョンはアセンブラではなくこの言語を用いて実装された。1970年代から1980年代にかけ、インテルやザイログZ80の組み込みシステムでPL/Mが使用された。例えばCISC AS/400のサービスプロセッサのファームウェアはPL/Mで記述された。 インテルは90年代以降PL/Mをサポートしていないが、PL/M-to-Cトランスレーターなどの社外ツールが存在している(下記を参照)。 (ja)
  • PL/M(Programming Language for Microcomputersの頭文字)はゲイリー・キルドールが1972年に設計・開発した高水準プログラミング言語で、インテルで働くののために開発された。 PL/I、ALGOL、を参考にしており、マクロ処理機能があった。キルドールはワシントン大学在学中にB5500を使用しており、のような高水準言語を用いたシステムプログラミングに高い可能性があることを知った。 Pascal、C、BASICなどのような現代の言語とは異なり、PL/Mには標準入出力機能がなかった。マイクロプロセッサのような非常に限定された環境下でのプログラミングをターゲットにしており、メモリ、I/O、割り込みなどに対して非常に効率よく直接的にアクセスできるよう設計された。PL/Mはマイクロプロセッサを用いたコンピュータで動作する最初の言語で、CP/Mの初期バージョンはアセンブラではなくこの言語を用いて実装された。1970年代から1980年代にかけ、インテルやザイログZ80の組み込みシステムでPL/Mが使用された。例えばCISC AS/400のサービスプロセッサのファームウェアはPL/Mで記述された。 インテルは90年代以降PL/Mをサポートしていないが、PL/M-to-Cトランスレーターなどの社外ツールが存在している(下記を参照)。 (ja)
rdfs:label
  • PL/M (ja)
  • PL/M (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • PL/M (ja)
  • (ja)
  • PL/M (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of