PC/104(またはPC104)とは、組み込みコンピュータの仕様である。「PC/104 コンソーシアム」が管理していて、フォームファクタとバスの両方が定義されている。PC/104は、極端な環境下でも確実なデータ収集が可能である特殊な組み込みコンピュータ環境に向いている。このフォームファクタは民生品として市販されているので、「特別仕様の頑丈なシステム」が必要となった場合でも、数ヶ月もかけて設計したり書類仕事をしたりしなくても済む。 現在 PC/AT互換機で主流であるPCIバスを採用した一般的なATXのフォームファクタとは違って、 PC/104のフォームファクタにはバックプレーンが無い代わりに、積み木のようにモジュールをスタックす(積み重ね)ることができる。バスをスタックしたものは、典型的なPCよりも当然丈夫である。各モジュールの隅にある取り付け穴とスタンドオフで、ボード同士が固定されるからである。 フォームファクタに適合したボードの標準的なサイズは90.17×95.89mm(3.55×3.775インチ)で、高さはコネクタの境界で概ね制限される。高さ領域の制限は、隣同士のモジュールが干渉しないことを保証するものである。多くのベンダーでは、これらの設計制約に従いモジュールのスタックを保証しているが、フォームファクタ要件を無視したモジュールも珍しくはない。

Property Value
dbo:abstract
  • PC/104(またはPC104)とは、組み込みコンピュータの仕様である。「PC/104 コンソーシアム」が管理していて、フォームファクタとバスの両方が定義されている。PC/104は、極端な環境下でも確実なデータ収集が可能である特殊な組み込みコンピュータ環境に向いている。このフォームファクタは民生品として市販されているので、「特別仕様の頑丈なシステム」が必要となった場合でも、数ヶ月もかけて設計したり書類仕事をしたりしなくても済む。 現在 PC/AT互換機で主流であるPCIバスを採用した一般的なATXのフォームファクタとは違って、 PC/104のフォームファクタにはバックプレーンが無い代わりに、積み木のようにモジュールをスタックす(積み重ね)ることができる。バスをスタックしたものは、典型的なPCよりも当然丈夫である。各モジュールの隅にある取り付け穴とスタンドオフで、ボード同士が固定されるからである。 フォームファクタに適合したボードの標準的なサイズは90.17×95.89mm(3.55×3.775インチ)で、高さはコネクタの境界で概ね制限される。高さ領域の制限は、隣同士のモジュールが干渉しないことを保証するものである。多くのベンダーでは、これらの設計制約に従いモジュールのスタックを保証しているが、フォームファクタ要件を無視したモジュールも珍しくはない。 典型的なシステム(スタックとも呼ばれる)は、マザーボード、A/D変換器、汎用入出力モジュールなどから構築されていて、その他用途に合わせてGPS受信機や、無線LANコントローラや、USBコントローラが含まれることもある。 (ja)
  • PC/104(またはPC104)とは、組み込みコンピュータの仕様である。「PC/104 コンソーシアム」が管理していて、フォームファクタとバスの両方が定義されている。PC/104は、極端な環境下でも確実なデータ収集が可能である特殊な組み込みコンピュータ環境に向いている。このフォームファクタは民生品として市販されているので、「特別仕様の頑丈なシステム」が必要となった場合でも、数ヶ月もかけて設計したり書類仕事をしたりしなくても済む。 現在 PC/AT互換機で主流であるPCIバスを採用した一般的なATXのフォームファクタとは違って、 PC/104のフォームファクタにはバックプレーンが無い代わりに、積み木のようにモジュールをスタックす(積み重ね)ることができる。バスをスタックしたものは、典型的なPCよりも当然丈夫である。各モジュールの隅にある取り付け穴とスタンドオフで、ボード同士が固定されるからである。 フォームファクタに適合したボードの標準的なサイズは90.17×95.89mm(3.55×3.775インチ)で、高さはコネクタの境界で概ね制限される。高さ領域の制限は、隣同士のモジュールが干渉しないことを保証するものである。多くのベンダーでは、これらの設計制約に従いモジュールのスタックを保証しているが、フォームファクタ要件を無視したモジュールも珍しくはない。 典型的なシステム(スタックとも呼ばれる)は、マザーボード、A/D変換器、汎用入出力モジュールなどから構築されていて、その他用途に合わせてGPS受信機や、無線LANコントローラや、USBコントローラが含まれることもある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 730228 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3404 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82071718 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • PC/104(またはPC104)とは、組み込みコンピュータの仕様である。「PC/104 コンソーシアム」が管理していて、フォームファクタとバスの両方が定義されている。PC/104は、極端な環境下でも確実なデータ収集が可能である特殊な組み込みコンピュータ環境に向いている。このフォームファクタは民生品として市販されているので、「特別仕様の頑丈なシステム」が必要となった場合でも、数ヶ月もかけて設計したり書類仕事をしたりしなくても済む。 現在 PC/AT互換機で主流であるPCIバスを採用した一般的なATXのフォームファクタとは違って、 PC/104のフォームファクタにはバックプレーンが無い代わりに、積み木のようにモジュールをスタックす(積み重ね)ることができる。バスをスタックしたものは、典型的なPCよりも当然丈夫である。各モジュールの隅にある取り付け穴とスタンドオフで、ボード同士が固定されるからである。 フォームファクタに適合したボードの標準的なサイズは90.17×95.89mm(3.55×3.775インチ)で、高さはコネクタの境界で概ね制限される。高さ領域の制限は、隣同士のモジュールが干渉しないことを保証するものである。多くのベンダーでは、これらの設計制約に従いモジュールのスタックを保証しているが、フォームファクタ要件を無視したモジュールも珍しくはない。 (ja)
  • PC/104(またはPC104)とは、組み込みコンピュータの仕様である。「PC/104 コンソーシアム」が管理していて、フォームファクタとバスの両方が定義されている。PC/104は、極端な環境下でも確実なデータ収集が可能である特殊な組み込みコンピュータ環境に向いている。このフォームファクタは民生品として市販されているので、「特別仕様の頑丈なシステム」が必要となった場合でも、数ヶ月もかけて設計したり書類仕事をしたりしなくても済む。 現在 PC/AT互換機で主流であるPCIバスを採用した一般的なATXのフォームファクタとは違って、 PC/104のフォームファクタにはバックプレーンが無い代わりに、積み木のようにモジュールをスタックす(積み重ね)ることができる。バスをスタックしたものは、典型的なPCよりも当然丈夫である。各モジュールの隅にある取り付け穴とスタンドオフで、ボード同士が固定されるからである。 フォームファクタに適合したボードの標準的なサイズは90.17×95.89mm(3.55×3.775インチ)で、高さはコネクタの境界で概ね制限される。高さ領域の制限は、隣同士のモジュールが干渉しないことを保証するものである。多くのベンダーでは、これらの設計制約に従いモジュールのスタックを保証しているが、フォームファクタ要件を無視したモジュールも珍しくはない。 (ja)
rdfs:label
  • PC/104 (ja)
  • PC/104 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of