PBKDF2 (Password-Based Key Derivation Function 2) は、鍵導出関数である。計算コストを変動させることが可能であり、暗号化する際に、総当たり攻撃に対する脆弱性を軽減することを目的として使用される。 PBKDF2は、導出鍵が160ビット以下に制限されるPBKDF1に続いて、PKCS #5 v2.0 (RSA)、RFC2898 (IETF) として規定された。2017年に公開されたRFC 8018 (PKCS #5 v2.1)は、パスワードのハッシュ化には、PBKDF2を利用することを推奨している。

Property Value
dbo:abstract
  • PBKDF2 (Password-Based Key Derivation Function 2) は、鍵導出関数である。計算コストを変動させることが可能であり、暗号化する際に、総当たり攻撃に対する脆弱性を軽減することを目的として使用される。 PBKDF2は、導出鍵が160ビット以下に制限されるPBKDF1に続いて、PKCS #5 v2.0 (RSA)、RFC2898 (IETF) として規定された。2017年に公開されたRFC 8018 (PKCS #5 v2.1)は、パスワードのハッシュ化には、PBKDF2を利用することを推奨している。 (ja)
  • PBKDF2 (Password-Based Key Derivation Function 2) は、鍵導出関数である。計算コストを変動させることが可能であり、暗号化する際に、総当たり攻撃に対する脆弱性を軽減することを目的として使用される。 PBKDF2は、導出鍵が160ビット以下に制限されるPBKDF1に続いて、PKCS #5 v2.0 (RSA)、RFC2898 (IETF) として規定された。2017年に公開されたRFC 8018 (PKCS #5 v2.1)は、パスワードのハッシュ化には、PBKDF2を利用することを推奨している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4108909 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6663 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 6673 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76865176 (xsd:integer)
  • 86461121 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • PBKDF2 (Password-Based Key Derivation Function 2) は、鍵導出関数である。計算コストを変動させることが可能であり、暗号化する際に、総当たり攻撃に対する脆弱性を軽減することを目的として使用される。 PBKDF2は、導出鍵が160ビット以下に制限されるPBKDF1に続いて、PKCS #5 v2.0 (RSA)、RFC2898 (IETF) として規定された。2017年に公開されたRFC 8018 (PKCS #5 v2.1)は、パスワードのハッシュ化には、PBKDF2を利用することを推奨している。 (ja)
  • PBKDF2 (Password-Based Key Derivation Function 2) は、鍵導出関数である。計算コストを変動させることが可能であり、暗号化する際に、総当たり攻撃に対する脆弱性を軽減することを目的として使用される。 PBKDF2は、導出鍵が160ビット以下に制限されるPBKDF1に続いて、PKCS #5 v2.0 (RSA)、RFC2898 (IETF) として規定された。2017年に公開されたRFC 8018 (PKCS #5 v2.1)は、パスワードのハッシュ化には、PBKDF2を利用することを推奨している。 (ja)
rdfs:label
  • PBKDF2 (ja)
  • PBKDF2 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of