opkg (オープンパッケージ管理ツール)は、ipkgを基礎として開発された軽量のパッケージ管理システムである。これはCで記述されており、動作はAdvanced Package Tool (APT)やdpkgに似ている。これは組み込みLinuxデバイスでの使用を目的としており、OpenEmbeddedおよびOpenWrtプロジェクトで使用されている。 OpkgはもともとOpenmokoプロジェクトによってipkgからフォークされた。最近,opkgの開発は古いGoogleコードリポジトリからYocto Projectに移行し、そこで再び活発に開発されている。 Opkgパッケージは.opk拡張子を使用する。

Property Value
dbo:abstract
  • opkg (オープンパッケージ管理ツール)は、ipkgを基礎として開発された軽量のパッケージ管理システムである。これはCで記述されており、動作はAdvanced Package Tool (APT)やdpkgに似ている。これは組み込みLinuxデバイスでの使用を目的としており、OpenEmbeddedおよびOpenWrtプロジェクトで使用されている。 OpkgはもともとOpenmokoプロジェクトによってipkgからフォークされた。最近,opkgの開発は古いGoogleコードリポジトリからYocto Projectに移行し、そこで再び活発に開発されている。 Opkgパッケージは.opk拡張子を使用する。 (ja)
  • opkg (オープンパッケージ管理ツール)は、ipkgを基礎として開発された軽量のパッケージ管理システムである。これはCで記述されており、動作はAdvanced Package Tool (APT)やdpkgに似ている。これは組み込みLinuxデバイスでの使用を目的としており、OpenEmbeddedおよびOpenWrtプロジェクトで使用されている。 OpkgはもともとOpenmokoプロジェクトによってipkgからフォークされた。最近,opkgの開発は古いGoogleコードリポジトリからYocto Projectに移行し、そこで再び活発に開発されている。 Opkgパッケージは.opk拡張子を使用する。 (ja)
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4373477 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1484 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 83645673 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:名称
  • opkg (ja)
  • opkg (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新評価版
  • 0.400000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • Alejandro del Castillo, Paul Barker, Thomas Wood, Tick Chen, Graham Gower (ja)
  • Alejandro del Castillo, Paul Barker, Thomas Wood, Tick Chen, Graham Gower (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • opkg (オープンパッケージ管理ツール)は、ipkgを基礎として開発された軽量のパッケージ管理システムである。これはCで記述されており、動作はAdvanced Package Tool (APT)やdpkgに似ている。これは組み込みLinuxデバイスでの使用を目的としており、OpenEmbeddedおよびOpenWrtプロジェクトで使用されている。 OpkgはもともとOpenmokoプロジェクトによってipkgからフォークされた。最近,opkgの開発は古いGoogleコードリポジトリからYocto Projectに移行し、そこで再び活発に開発されている。 Opkgパッケージは.opk拡張子を使用する。 (ja)
  • opkg (オープンパッケージ管理ツール)は、ipkgを基礎として開発された軽量のパッケージ管理システムである。これはCで記述されており、動作はAdvanced Package Tool (APT)やdpkgに似ている。これは組み込みLinuxデバイスでの使用を目的としており、OpenEmbeddedおよびOpenWrtプロジェクトで使用されている。 OpkgはもともとOpenmokoプロジェクトによってipkgからフォークされた。最近,opkgの開発は古いGoogleコードリポジトリからYocto Projectに移行し、そこで再び活発に開発されている。 Opkgパッケージは.opk拡張子を使用する。 (ja)
rdfs:label
  • Opkg (ja)
  • Opkg (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • opkg (ja)
  • opkg (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:packageManager of
is prop-ja:updatemodel of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of