OpenSPARC(オープンスパーク)は、2005年12月に開始されたオープンソースハードウェアのプロジェクトである。プロジェクトへの最初の貢献は、サン・マイクロシステムズによって行われた。サンは完全な64ビット・32スレッドのマイクロプロセッサであるUltraSPARC T1プロセッサの、レジスタ転送レベル(RTL)のVerilogコードを寄付した。2006年3月21日に、サンはUltraSPARC T1のIPコアのソースコードをGPLで公開した。完全なOpenSPARC T1システムは8つのコアで構成され、各コアは4つのスレッドを同時に実行でき、合計32のスレッドになる。各コアは順番に命令を実行し、そのロジックは6つのパイプラインステージに分割される。 2007年12月11日に、サンはUltraSPARC T2プロセッサのRTLについてもOpenSPARCプロジェクトを通して利用できるようにした。GNU General Public License v2の下でもリリースされた。OpenSPARC T2は、8コア、64スレッドの16パイプラインである。

Property Value
dbo:abstract
  • OpenSPARC(オープンスパーク)は、2005年12月に開始されたオープンソースハードウェアのプロジェクトである。プロジェクトへの最初の貢献は、サン・マイクロシステムズによって行われた。サンは完全な64ビット・32スレッドのマイクロプロセッサであるUltraSPARC T1プロセッサの、レジスタ転送レベル(RTL)のVerilogコードを寄付した。2006年3月21日に、サンはUltraSPARC T1のIPコアのソースコードをGPLで公開した。完全なOpenSPARC T1システムは8つのコアで構成され、各コアは4つのスレッドを同時に実行でき、合計32のスレッドになる。各コアは順番に命令を実行し、そのロジックは6つのパイプラインステージに分割される。 2007年12月11日に、サンはUltraSPARC T2プロセッサのRTLについてもOpenSPARCプロジェクトを通して利用できるようにした。GNU General Public License v2の下でもリリースされた。OpenSPARC T2は、8コア、64スレッドの16パイプラインである。 (ja)
  • OpenSPARC(オープンスパーク)は、2005年12月に開始されたオープンソースハードウェアのプロジェクトである。プロジェクトへの最初の貢献は、サン・マイクロシステムズによって行われた。サンは完全な64ビット・32スレッドのマイクロプロセッサであるUltraSPARC T1プロセッサの、レジスタ転送レベル(RTL)のVerilogコードを寄付した。2006年3月21日に、サンはUltraSPARC T1のIPコアのソースコードをGPLで公開した。完全なOpenSPARC T1システムは8つのコアで構成され、各コアは4つのスレッドを同時に実行でき、合計32のスレッドになる。各コアは順番に命令を実行し、そのロジックは6つのパイプラインステージに分割される。 2007年12月11日に、サンはUltraSPARC T2プロセッサのRTLについてもOpenSPARCプロジェクトを通して利用できるようにした。GNU General Public License v2の下でもリリースされた。OpenSPARC T2は、8コア、64スレッドの16パイプラインである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1527129 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1939 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85653112 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • OpenSPARC(オープンスパーク)は、2005年12月に開始されたオープンソースハードウェアのプロジェクトである。プロジェクトへの最初の貢献は、サン・マイクロシステムズによって行われた。サンは完全な64ビット・32スレッドのマイクロプロセッサであるUltraSPARC T1プロセッサの、レジスタ転送レベル(RTL)のVerilogコードを寄付した。2006年3月21日に、サンはUltraSPARC T1のIPコアのソースコードをGPLで公開した。完全なOpenSPARC T1システムは8つのコアで構成され、各コアは4つのスレッドを同時に実行でき、合計32のスレッドになる。各コアは順番に命令を実行し、そのロジックは6つのパイプラインステージに分割される。 2007年12月11日に、サンはUltraSPARC T2プロセッサのRTLについてもOpenSPARCプロジェクトを通して利用できるようにした。GNU General Public License v2の下でもリリースされた。OpenSPARC T2は、8コア、64スレッドの16パイプラインである。 (ja)
  • OpenSPARC(オープンスパーク)は、2005年12月に開始されたオープンソースハードウェアのプロジェクトである。プロジェクトへの最初の貢献は、サン・マイクロシステムズによって行われた。サンは完全な64ビット・32スレッドのマイクロプロセッサであるUltraSPARC T1プロセッサの、レジスタ転送レベル(RTL)のVerilogコードを寄付した。2006年3月21日に、サンはUltraSPARC T1のIPコアのソースコードをGPLで公開した。完全なOpenSPARC T1システムは8つのコアで構成され、各コアは4つのスレッドを同時に実行でき、合計32のスレッドになる。各コアは順番に命令を実行し、そのロジックは6つのパイプラインステージに分割される。 2007年12月11日に、サンはUltraSPARC T2プロセッサのRTLについてもOpenSPARCプロジェクトを通して利用できるようにした。GNU General Public License v2の下でもリリースされた。OpenSPARC T2は、8コア、64スレッドの16パイプラインである。 (ja)
rdfs:label
  • OpenSPARC (ja)
  • OpenSPARC (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of