OpenACC (open acceleratorsの略) は、クレイ、CAPS、NVIDIA、そしてPGIによって開発された並列コンピューティングのための標準の一つである。この標準は、ヘテロジニアスなCPU/GPUシステムの並列プログラミングを単純化するために設計された。 位置付けとしては、CUDAやOpenCLをさらに抽象化したものであり、OpenMPと似た存在である。 OpenMPのようにプログラマーは、ディレクティブと追加関数を使って高速化されるべき箇所を識別するようにC言語、C++、そしてFORTRANのソースコードを書き換えれば良い。OpenMP 4.0 とより新しいバージョンのようにOpenACCはCPUとGPUの両方を対象にすることができ、それらの上で計算コードを起動することができる。 2012年の国際スーパーコンピューティング会議(ISC’12)において、OpenACCは、NVIDIA、AMD そして Intel のアクセラレーター上で動作することを証明したが、性能データは公表されなかった。 仕様バージョン2.5は、2015年10月にリリースされた。バージョン2.6は、2017年11月にリリースされた 。バージョン2.7は、2018年11月にリリースされた。

Property Value
dbo:abstract
  • OpenACC (open acceleratorsの略) は、クレイ、CAPS、NVIDIA、そしてPGIによって開発された並列コンピューティングのための標準の一つである。この標準は、ヘテロジニアスなCPU/GPUシステムの並列プログラミングを単純化するために設計された。 位置付けとしては、CUDAやOpenCLをさらに抽象化したものであり、OpenMPと似た存在である。 OpenMPのようにプログラマーは、ディレクティブと追加関数を使って高速化されるべき箇所を識別するようにC言語、C++、そしてFORTRANのソースコードを書き換えれば良い。OpenMP 4.0 とより新しいバージョンのようにOpenACCはCPUとGPUの両方を対象にすることができ、それらの上で計算コードを起動することができる。 OpenACCの会員は、OpenMPの将来のリリースで動作する予定のアクセラレーター(GPUやコプロセッサなど)に対応したり、OpenMPを拡張する共通仕様を作成したり、OpenMPの仕様に合わせるためにOpenMP標準化グループの会員として働いてきた。これらの活動は、ある技術報告書としてまとめられている。この報告書のコメントと議論は、年次スーパーコンピューティング会議(2012年11月、ソルトレイクシティ)に時期を合わせるだけでなく、NVIDIA以外のアクセラレーターがOpenMPに参加しているハードウェアベンダーの意見をサポートするという表明にも時期を合わせている。 2012年の国際スーパーコンピューティング会議(ISC’12)において、OpenACCは、NVIDIA、AMD そして Intel のアクセラレーター上で動作することを証明したが、性能データは公表されなかった。 2012年11月12日、SC12(2012年のスーパーコンピューティング会議)において、OpenACCバージョン2.0の草案が発表された 。新しく提案された機能は、データ移動における新しい制御(非構造化データの取り扱いの改善と不連続メモリ対応の改善のような)、明示的な関数呼び出し、そして分割コンパイル(高速化コードライブラリの作成と再利用を可能にする)という機能を含んでいる。OpenACC 2.0は2013年1月に公式にリリースされた。 仕様バージョン2.5は、2015年10月にリリースされた。バージョン2.6は、2017年11月にリリースされた 。バージョン2.7は、2018年11月にリリースされた。 2019年4月3日にジョン・レベック(クレイの中核研究拠点クレイスーパーコンピューティングセンターの所長)は、「クレイはCCE/9.0におけるOpenACCのサポートを終了する」と発表した 。 (ja)
  • OpenACC (open acceleratorsの略) は、クレイ、CAPS、NVIDIA、そしてPGIによって開発された並列コンピューティングのための標準の一つである。この標準は、ヘテロジニアスなCPU/GPUシステムの並列プログラミングを単純化するために設計された。 位置付けとしては、CUDAやOpenCLをさらに抽象化したものであり、OpenMPと似た存在である。 OpenMPのようにプログラマーは、ディレクティブと追加関数を使って高速化されるべき箇所を識別するようにC言語、C++、そしてFORTRANのソースコードを書き換えれば良い。OpenMP 4.0 とより新しいバージョンのようにOpenACCはCPUとGPUの両方を対象にすることができ、それらの上で計算コードを起動することができる。 OpenACCの会員は、OpenMPの将来のリリースで動作する予定のアクセラレーター(GPUやコプロセッサなど)に対応したり、OpenMPを拡張する共通仕様を作成したり、OpenMPの仕様に合わせるためにOpenMP標準化グループの会員として働いてきた。これらの活動は、ある技術報告書としてまとめられている。この報告書のコメントと議論は、年次スーパーコンピューティング会議(2012年11月、ソルトレイクシティ)に時期を合わせるだけでなく、NVIDIA以外のアクセラレーターがOpenMPに参加しているハードウェアベンダーの意見をサポートするという表明にも時期を合わせている。 2012年の国際スーパーコンピューティング会議(ISC’12)において、OpenACCは、NVIDIA、AMD そして Intel のアクセラレーター上で動作することを証明したが、性能データは公表されなかった。 2012年11月12日、SC12(2012年のスーパーコンピューティング会議)において、OpenACCバージョン2.0の草案が発表された 。新しく提案された機能は、データ移動における新しい制御(非構造化データの取り扱いの改善と不連続メモリ対応の改善のような)、明示的な関数呼び出し、そして分割コンパイル(高速化コードライブラリの作成と再利用を可能にする)という機能を含んでいる。OpenACC 2.0は2013年1月に公式にリリースされた。 仕様バージョン2.5は、2015年10月にリリースされた。バージョン2.6は、2017年11月にリリースされた 。バージョン2.7は、2018年11月にリリースされた。 2019年4月3日にジョン・レベック(クレイの中核研究拠点クレイスーパーコンピューティングセンターの所長)は、「クレイはCCE/9.0におけるOpenACCのサポートを終了する」と発表した 。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.7
  • 3.1
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3950721 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13175 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 13560 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81312211 (xsd:integer)
  • 83831885 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseDate
  • November 2018 (ja)
  • November 2018 (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 2.700000 (xsd:double)
  • 3.100000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • OpenACC (ja)
  • OpenACC (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:platform
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • OpenACC (open acceleratorsの略) は、クレイ、CAPS、NVIDIA、そしてPGIによって開発された並列コンピューティングのための標準の一つである。この標準は、ヘテロジニアスなCPU/GPUシステムの並列プログラミングを単純化するために設計された。 位置付けとしては、CUDAやOpenCLをさらに抽象化したものであり、OpenMPと似た存在である。 OpenMPのようにプログラマーは、ディレクティブと追加関数を使って高速化されるべき箇所を識別するようにC言語、C++、そしてFORTRANのソースコードを書き換えれば良い。OpenMP 4.0 とより新しいバージョンのようにOpenACCはCPUとGPUの両方を対象にすることができ、それらの上で計算コードを起動することができる。 2012年の国際スーパーコンピューティング会議(ISC’12)において、OpenACCは、NVIDIA、AMD そして Intel のアクセラレーター上で動作することを証明したが、性能データは公表されなかった。 仕様バージョン2.5は、2015年10月にリリースされた。バージョン2.6は、2017年11月にリリースされた 。バージョン2.7は、2018年11月にリリースされた。 (ja)
  • OpenACC (open acceleratorsの略) は、クレイ、CAPS、NVIDIA、そしてPGIによって開発された並列コンピューティングのための標準の一つである。この標準は、ヘテロジニアスなCPU/GPUシステムの並列プログラミングを単純化するために設計された。 位置付けとしては、CUDAやOpenCLをさらに抽象化したものであり、OpenMPと似た存在である。 OpenMPのようにプログラマーは、ディレクティブと追加関数を使って高速化されるべき箇所を識別するようにC言語、C++、そしてFORTRANのソースコードを書き換えれば良い。OpenMP 4.0 とより新しいバージョンのようにOpenACCはCPUとGPUの両方を対象にすることができ、それらの上で計算コードを起動することができる。 2012年の国際スーパーコンピューティング会議(ISC’12)において、OpenACCは、NVIDIA、AMD そして Intel のアクセラレーター上で動作することを証明したが、性能データは公表されなかった。 仕様バージョン2.5は、2015年10月にリリースされた。バージョン2.6は、2017年11月にリリースされた 。バージョン2.7は、2018年11月にリリースされた。 (ja)
rdfs:label
  • OpenACC (ja)
  • OpenACC (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • OpenACC (ja)
  • OpenACC (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of