OS-9(オーエスナイン)は、(旧)によってモトローラの8ビットMPUである6809のために開発されたリアルタイムオペレーティングシステム(以下、RTOS)である。当時マイクロウェアはモトローラの依頼により共同でプログラミング言語を開発していた。この言語の開発・実行環境としてマイクロウェアが開発したのがOS-9である。 その後680x0に移植され、さらにx86、PowerPC、SH、ARMなど幅広いCPUに対応した。

Property Value
dbo:abstract
  • OS-9(オーエスナイン)は、(旧)によってモトローラの8ビットMPUである6809のために開発されたリアルタイムオペレーティングシステム(以下、RTOS)である。当時マイクロウェアはモトローラの依頼により共同でプログラミング言語を開発していた。この言語の開発・実行環境としてマイクロウェアが開発したのがOS-9である。 その後680x0に移植され、さらにx86、PowerPC、SH、ARMなど幅広いCPUに対応した。 (ja)
  • OS-9(オーエスナイン)は、(旧)によってモトローラの8ビットMPUである6809のために開発されたリアルタイムオペレーティングシステム(以下、RTOS)である。当時マイクロウェアはモトローラの依頼により共同でプログラミング言語を開発していた。この言語の開発・実行環境としてマイクロウェアが開発したのがOS-9である。 その後680x0に移植され、さらにx86、PowerPC、SH、ARMなど幅広いCPUに対応した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2186 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18288 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80997686 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
prop-ja:family
prop-ja:kernelType
prop-ja:language
prop-ja:latestReleaseDate
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • OS-9 (ja)
  • OS-9 (ja)
prop-ja:progLanguage
prop-ja:released
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:supportedPlatforms
  • 680 (xsd:integer)
prop-ja:ui
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • OS-9(オーエスナイン)は、(旧)によってモトローラの8ビットMPUである6809のために開発されたリアルタイムオペレーティングシステム(以下、RTOS)である。当時マイクロウェアはモトローラの依頼により共同でプログラミング言語を開発していた。この言語の開発・実行環境としてマイクロウェアが開発したのがOS-9である。 その後680x0に移植され、さらにx86、PowerPC、SH、ARMなど幅広いCPUに対応した。 (ja)
  • OS-9(オーエスナイン)は、(旧)によってモトローラの8ビットMPUである6809のために開発されたリアルタイムオペレーティングシステム(以下、RTOS)である。当時マイクロウェアはモトローラの依頼により共同でプログラミング言語を開発していた。この言語の開発・実行環境としてマイクロウェアが開発したのがOS-9である。 その後680x0に移植され、さらにx86、PowerPC、SH、ARMなど幅広いCPUに対応した。 (ja)
rdfs:label
  • OS-9 (ja)
  • OS-9 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:os of
is foaf:primaryTopic of