OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。

Property Value
dbo:abstract
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1555869 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2856 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3105 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74569954 (xsd:integer)
  • 86688723 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
  • OOPSLA (Object-Oriented Programming, Systems, Languages & Applications) とは、ACMが毎年開催している国際会議である。オブジェクト指向プログラミングのシステム、言語、アプリケーションを主題としている。 第1回のOOPSLAは1986年、ポートランドで開催された。主催したのはACMの (Special Interest Group for Programming Languages) であった。OOPSLAの開催地とテーマは毎年変わる。通常、論文発表を中心として、比較的実用的な実験報告、パネル、ワークショップ、チュートリアルなどがある。 OOPSLAは今日のオブジェクト指向プログラミングの隆盛に寄与してきた。また、デザインパターン、リファクタリング、アスペクト指向プログラミング、モデル駆動工学、アジャイルソフトウェア開発、ドメイン固有言語といった関連分野の発展にも寄与した。 ヨーロッパではOOPSLAに対応する国際会議として がある。 OOPSLAの単独開催は2009年度が最後になっており、2010年以降はACM主催の綜合コンピュータプログラミング国際会議「SPLASH」に組み込まれて、包括開催されるようになっている。 (ja)
rdfs:label
  • OOPSLA (ja)
  • OOPSLA (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of