NeoCoreXMSは、米国社が開発したXMLデータベースである。 独自のDPP (Digital Pattern Processing) 技術を用いてXMLドキュメントの格納・検索を行う。富士通のInterstage Shunsaku Data Manager、東芝ソリューションのTX1などとともに第二世代XMLデータベースとも呼ばれる。 XMLDB「NeoCoreXMS」は、構造が一定ではないXMLデータの格納に最適な“やわらかい”データベース・エンジンである。国内出荷ライセンス数は550ライセンスを超え、国内46%のNo.1シェア(富士キメラ総研調べ)のXMLDB/XMLデータベースである。

Property Value
dbo:abstract
  • NeoCoreXMSは、米国社が開発したXMLデータベースである。 独自のDPP (Digital Pattern Processing) 技術を用いてXMLドキュメントの格納・検索を行う。富士通のInterstage Shunsaku Data Manager、東芝ソリューションのTX1などとともに第二世代XMLデータベースとも呼ばれる。 XMLDB「NeoCoreXMS」は、構造が一定ではないXMLデータの格納に最適な“やわらかい”データベース・エンジンである。国内出荷ライセンス数は550ライセンスを超え、国内46%のNo.1シェア(富士キメラ総研調べ)のXMLDB/XMLデータベースである。 (ja)
  • NeoCoreXMSは、米国社が開発したXMLデータベースである。 独自のDPP (Digital Pattern Processing) 技術を用いてXMLドキュメントの格納・検索を行う。富士通のInterstage Shunsaku Data Manager、東芝ソリューションのTX1などとともに第二世代XMLデータベースとも呼ばれる。 XMLDB「NeoCoreXMS」は、構造が一定ではないXMLデータの格納に最適な“やわらかい”データベース・エンジンである。国内出荷ライセンス数は550ライセンスを超え、国内46%のNo.1シェア(富士キメラ総研調べ)のXMLDB/XMLデータベースである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 384800 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1518 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80997054 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • NeoCoreXMSは、米国社が開発したXMLデータベースである。 独自のDPP (Digital Pattern Processing) 技術を用いてXMLドキュメントの格納・検索を行う。富士通のInterstage Shunsaku Data Manager、東芝ソリューションのTX1などとともに第二世代XMLデータベースとも呼ばれる。 XMLDB「NeoCoreXMS」は、構造が一定ではないXMLデータの格納に最適な“やわらかい”データベース・エンジンである。国内出荷ライセンス数は550ライセンスを超え、国内46%のNo.1シェア(富士キメラ総研調べ)のXMLDB/XMLデータベースである。 (ja)
  • NeoCoreXMSは、米国社が開発したXMLデータベースである。 独自のDPP (Digital Pattern Processing) 技術を用いてXMLドキュメントの格納・検索を行う。富士通のInterstage Shunsaku Data Manager、東芝ソリューションのTX1などとともに第二世代XMLデータベースとも呼ばれる。 XMLDB「NeoCoreXMS」は、構造が一定ではないXMLデータの格納に最適な“やわらかい”データベース・エンジンである。国内出荷ライセンス数は550ライセンスを超え、国内46%のNo.1シェア(富士キメラ総研調べ)のXMLDB/XMLデータベースである。 (ja)
rdfs:label
  • NeoCore (ja)
  • NeoCore (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of