NYYA-1は、海上自衛隊が最初に導入した戦術情報処理装置。アメリカ合衆国のリング・テムコ・ボート(LTV)社がアメリカ沿岸警備隊向けのTACNAVシステム(Tactical Navigation System)として開発したもので、昭和45年度の「たかつき」(38DDA)の第1回特別修理の際に搭載された。

Property Value
dbo:abstract
  • NYYA-1は、海上自衛隊が最初に導入した戦術情報処理装置。アメリカ合衆国のリング・テムコ・ボート(LTV)社がアメリカ沿岸警備隊向けのTACNAVシステム(Tactical Navigation System)として開発したもので、昭和45年度の「たかつき」(38DDA)の第1回特別修理の際に搭載された。 (ja)
  • NYYA-1は、海上自衛隊が最初に導入した戦術情報処理装置。アメリカ合衆国のリング・テムコ・ボート(LTV)社がアメリカ沿岸警備隊向けのTACNAVシステム(Tactical Navigation System)として開発したもので、昭和45年度の「たかつき」(38DDA)の第1回特別修理の際に搭載された。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4267424 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2518 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2525 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80876162 (xsd:integer)
  • 84159817 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • NYYA-1は、海上自衛隊が最初に導入した戦術情報処理装置。アメリカ合衆国のリング・テムコ・ボート(LTV)社がアメリカ沿岸警備隊向けのTACNAVシステム(Tactical Navigation System)として開発したもので、昭和45年度の「たかつき」(38DDA)の第1回特別修理の際に搭載された。 (ja)
  • NYYA-1は、海上自衛隊が最初に導入した戦術情報処理装置。アメリカ合衆国のリング・テムコ・ボート(LTV)社がアメリカ沿岸警備隊向けのTACNAVシステム(Tactical Navigation System)として開発したもので、昭和45年度の「たかつき」(38DDA)の第1回特別修理の際に搭載された。 (ja)
rdfs:label
  • NYYA-1 (ja)
  • NYYA-1 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:c4i of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of