NLOS-LS(Non-Line-of-Sight Launch System、非直接照準発射システム)とは、アメリカ合衆国のレイセオン社を中心に開発されていた新型ミサイル・システムである。 NLOS-LSはアメリカ陸軍の将来型戦闘システム(Future Combat Systems, FCS)計画とアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(Littoral Combat Ship, LCS)計画に採用するために、レイセオン社(Raytheon)とロッキード・マーティン社(Lockheed Martin)のジョイントベンチャー企業であるNETFIRES社(NetFires Limited Liability Company 、LLC)によって2008年から「Netfires 計画」と呼ばれる開発計画で開発が進められているミサイル発射パッケージである。 しかし、2010年4月にアメリカ陸軍より開発中止が発表された。計画中止後の2010年現在では、ロッキード・マーティン社が同システムを同時に採用する予定であったアメリカ海軍に対していくつかの代用案を提出しており、現在の研究を元にしての新システム開発が模索されている。

Property Value
dbo:abstract
  • NLOS-LS(Non-Line-of-Sight Launch System、非直接照準発射システム)とは、アメリカ合衆国のレイセオン社を中心に開発されていた新型ミサイル・システムである。 NLOS-LSはアメリカ陸軍の将来型戦闘システム(Future Combat Systems, FCS)計画とアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(Littoral Combat Ship, LCS)計画に採用するために、レイセオン社(Raytheon)とロッキード・マーティン社(Lockheed Martin)のジョイントベンチャー企業であるNETFIRES社(NetFires Limited Liability Company 、LLC)によって2008年から「Netfires 計画」と呼ばれる開発計画で開発が進められているミサイル発射パッケージである。 しかし、2010年4月にアメリカ陸軍より開発中止が発表された。計画中止後の2010年現在では、ロッキード・マーティン社が同システムを同時に採用する予定であったアメリカ海軍に対していくつかの代用案を提出しており、現在の研究を元にしての新システム開発が模索されている。 (ja)
  • NLOS-LS(Non-Line-of-Sight Launch System、非直接照準発射システム)とは、アメリカ合衆国のレイセオン社を中心に開発されていた新型ミサイル・システムである。 NLOS-LSはアメリカ陸軍の将来型戦闘システム(Future Combat Systems, FCS)計画とアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(Littoral Combat Ship, LCS)計画に採用するために、レイセオン社(Raytheon)とロッキード・マーティン社(Lockheed Martin)のジョイントベンチャー企業であるNETFIRES社(NetFires Limited Liability Company 、LLC)によって2008年から「Netfires 計画」と呼ばれる開発計画で開発が進められているミサイル発射パッケージである。 しかし、2010年4月にアメリカ陸軍より開発中止が発表された。計画中止後の2010年現在では、ロッキード・マーティン社が同システムを同時に採用する予定であったアメリカ海軍に対していくつかの代用案を提出しており、現在の研究を元にしての新システム開発が模索されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1437821 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6695 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 6698 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75926969 (xsd:integer)
  • 81673978 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • NLOS-LS(Non-Line-of-Sight Launch System、非直接照準発射システム)とは、アメリカ合衆国のレイセオン社を中心に開発されていた新型ミサイル・システムである。 NLOS-LSはアメリカ陸軍の将来型戦闘システム(Future Combat Systems, FCS)計画とアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(Littoral Combat Ship, LCS)計画に採用するために、レイセオン社(Raytheon)とロッキード・マーティン社(Lockheed Martin)のジョイントベンチャー企業であるNETFIRES社(NetFires Limited Liability Company 、LLC)によって2008年から「Netfires 計画」と呼ばれる開発計画で開発が進められているミサイル発射パッケージである。 しかし、2010年4月にアメリカ陸軍より開発中止が発表された。計画中止後の2010年現在では、ロッキード・マーティン社が同システムを同時に採用する予定であったアメリカ海軍に対していくつかの代用案を提出しており、現在の研究を元にしての新システム開発が模索されている。 (ja)
  • NLOS-LS(Non-Line-of-Sight Launch System、非直接照準発射システム)とは、アメリカ合衆国のレイセオン社を中心に開発されていた新型ミサイル・システムである。 NLOS-LSはアメリカ陸軍の将来型戦闘システム(Future Combat Systems, FCS)計画とアメリカ海軍の沿海域戦闘艦(Littoral Combat Ship, LCS)計画に採用するために、レイセオン社(Raytheon)とロッキード・マーティン社(Lockheed Martin)のジョイントベンチャー企業であるNETFIRES社(NetFires Limited Liability Company 、LLC)によって2008年から「Netfires 計画」と呼ばれる開発計画で開発が進められているミサイル発射パッケージである。 しかし、2010年4月にアメリカ陸軍より開発中止が発表された。計画中止後の2010年現在では、ロッキード・マーティン社が同システムを同時に採用する予定であったアメリカ海軍に対していくつかの代用案を提出しており、現在の研究を元にしての新システム開発が模索されている。 (ja)
rdfs:label
  • NLOS-LS (ja)
  • NLOS-LS (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of