Microsoft Office Communicator(マイクロソフト オフィス コミュニケーター)はマイクロソフトが、かつてMicrosoft Windows向けに提供していた企業向けのインスタントメッセージ/プレゼンス情報表示用のクライアントソフトウェアである。利用にはインスタントメッセージ機能を提供するサーバーMicrosoft Office Communications Serverが必要である。インスタントメッセージとプレゼンス情報の表示を行うサービスMicrosoft Office Communications Onlineのクライアントソフトウェアとしても利用される。2007年に発売されたMicrosoft RoundTableと組み合わせると、リモート会議の参加者に会議テーブルの周りに座っている全員のパノラマビデオを表示させることができた。 Microsoft Office Professional Plus、Microsoft Office Enterpriseといった、Officeスイートの企業向け上位製品にのみ同梱される。リリースサイクルが他のOffice製品とずれており、少し遅れてリリースされた。

Property Value
dbo:abstract
  • Microsoft Office Communicator(マイクロソフト オフィス コミュニケーター)はマイクロソフトが、かつてMicrosoft Windows向けに提供していた企業向けのインスタントメッセージ/プレゼンス情報表示用のクライアントソフトウェアである。利用にはインスタントメッセージ機能を提供するサーバーMicrosoft Office Communications Serverが必要である。インスタントメッセージとプレゼンス情報の表示を行うサービスMicrosoft Office Communications Onlineのクライアントソフトウェアとしても利用される。2007年に発売されたMicrosoft RoundTableと組み合わせると、リモート会議の参加者に会議テーブルの周りに座っている全員のパノラマビデオを表示させることができた。 Microsoft Office Professional Plus、Microsoft Office Enterpriseといった、Officeスイートの企業向け上位製品にのみ同梱される。リリースサイクルが他のOffice製品とずれており、少し遅れてリリースされた。 2011年1月に後継製品のMicrosoft Lync 2010がリリース、その後、2015年4月にMicrosoft Skype for Businessに、2017年3月にMicrosoft Teamsへと移行されている。 (ja)
  • Microsoft Office Communicator(マイクロソフト オフィス コミュニケーター)はマイクロソフトが、かつてMicrosoft Windows向けに提供していた企業向けのインスタントメッセージ/プレゼンス情報表示用のクライアントソフトウェアである。利用にはインスタントメッセージ機能を提供するサーバーMicrosoft Office Communications Serverが必要である。インスタントメッセージとプレゼンス情報の表示を行うサービスMicrosoft Office Communications Onlineのクライアントソフトウェアとしても利用される。2007年に発売されたMicrosoft RoundTableと組み合わせると、リモート会議の参加者に会議テーブルの周りに座っている全員のパノラマビデオを表示させることができた。 Microsoft Office Professional Plus、Microsoft Office Enterpriseといった、Officeスイートの企業向け上位製品にのみ同梱される。リリースサイクルが他のOffice製品とずれており、少し遅れてリリースされた。 2011年1月に後継製品のMicrosoft Lync 2010がリリース、その後、2015年4月にMicrosoft Skype for Businessに、2017年3月にMicrosoft Teamsへと移行されている。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2007 R2 (3.5.6907.56)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1965827 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7367 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91662235 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:replacedBy
  • Lync、Skype for Business (ja)
  • Lync、Skype for Business (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
  • Microsoft EULA プロプライエタリ (ja)
  • Microsoft EULA プロプライエタリ (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:初版
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • Microsoft Office Communicator (ja)
  • Microsoft Office Communicator (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Microsoft Office Communicator(マイクロソフト オフィス コミュニケーター)はマイクロソフトが、かつてMicrosoft Windows向けに提供していた企業向けのインスタントメッセージ/プレゼンス情報表示用のクライアントソフトウェアである。利用にはインスタントメッセージ機能を提供するサーバーMicrosoft Office Communications Serverが必要である。インスタントメッセージとプレゼンス情報の表示を行うサービスMicrosoft Office Communications Onlineのクライアントソフトウェアとしても利用される。2007年に発売されたMicrosoft RoundTableと組み合わせると、リモート会議の参加者に会議テーブルの周りに座っている全員のパノラマビデオを表示させることができた。 Microsoft Office Professional Plus、Microsoft Office Enterpriseといった、Officeスイートの企業向け上位製品にのみ同梱される。リリースサイクルが他のOffice製品とずれており、少し遅れてリリースされた。 (ja)
  • Microsoft Office Communicator(マイクロソフト オフィス コミュニケーター)はマイクロソフトが、かつてMicrosoft Windows向けに提供していた企業向けのインスタントメッセージ/プレゼンス情報表示用のクライアントソフトウェアである。利用にはインスタントメッセージ機能を提供するサーバーMicrosoft Office Communications Serverが必要である。インスタントメッセージとプレゼンス情報の表示を行うサービスMicrosoft Office Communications Onlineのクライアントソフトウェアとしても利用される。2007年に発売されたMicrosoft RoundTableと組み合わせると、リモート会議の参加者に会議テーブルの周りに座っている全員のパノラマビデオを表示させることができた。 Microsoft Office Professional Plus、Microsoft Office Enterpriseといった、Officeスイートの企業向け上位製品にのみ同梱される。リリースサイクルが他のOffice製品とずれており、少し遅れてリリースされた。 (ja)
rdfs:label
  • Microsoft Office Communicator (ja)
  • Microsoft Office Communicator (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Microsoft Office Communicator (ja)
  • Microsoft Office Communicator (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of