MeCabはオープンソースの形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。 開発開始当初はChaSenを基にし、ChaSenTNGという名前で開発されていたが、現在はChaSenとは独立にスクラッチから開発されている。ChaSenに比べて解析精度は同程度で、解析速度は平均3-4倍速い。 品詞情報を利用した解析・推定を行うことができる。MeCabで利用できる辞書はいくつかあるが、ChaSenと同様にで構築されたIPADICが一般的に用いられている。 MeCabはGoogleが公開した大規模日本語n-gramデータの作成にも使用された。 Mac OS X v10.5及びv10.6のSpotlightやiPhone OS 2.1以降とOS X Yosemite以降の日本語入力にも利用されている。

Property Value
dbo:abstract
  • MeCabはオープンソースの形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。 開発開始当初はChaSenを基にし、ChaSenTNGという名前で開発されていたが、現在はChaSenとは独立にスクラッチから開発されている。ChaSenに比べて解析精度は同程度で、解析速度は平均3-4倍速い。 品詞情報を利用した解析・推定を行うことができる。MeCabで利用できる辞書はいくつかあるが、ChaSenと同様にで構築されたIPADICが一般的に用いられている。 MeCabはGoogleが公開した大規模日本語n-gramデータの作成にも使用された。 Mac OS X v10.5及びv10.6のSpotlightやiPhone OS 2.1以降とOS X Yosemite以降の日本語入力にも利用されている。 (ja)
  • MeCabはオープンソースの形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。 開発開始当初はChaSenを基にし、ChaSenTNGという名前で開発されていたが、現在はChaSenとは独立にスクラッチから開発されている。ChaSenに比べて解析精度は同程度で、解析速度は平均3-4倍速い。 品詞情報を利用した解析・推定を行うことができる。MeCabで利用できる辞書はいくつかあるが、ChaSenと同様にで構築されたIPADICが一般的に用いられている。 MeCabはGoogleが公開した大規模日本語n-gramデータの作成にも使用された。 Mac OS X v10.5及びv10.6のSpotlightやiPhone OS 2.1以降とOS X Yosemite以降の日本語入力にも利用されている。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 0.996
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 13211 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2157 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2164 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81459561 (xsd:integer)
  • 86455920 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • MeCab (ja)
  • MeCab (ja)
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 0.996000 (xsd:double)
prop-ja:最新版発表日
  • --02-18
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • 工藤拓 (ja)
  • 工藤拓 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • MeCabはオープンソースの形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。 開発開始当初はChaSenを基にし、ChaSenTNGという名前で開発されていたが、現在はChaSenとは独立にスクラッチから開発されている。ChaSenに比べて解析精度は同程度で、解析速度は平均3-4倍速い。 品詞情報を利用した解析・推定を行うことができる。MeCabで利用できる辞書はいくつかあるが、ChaSenと同様にで構築されたIPADICが一般的に用いられている。 MeCabはGoogleが公開した大規模日本語n-gramデータの作成にも使用された。 Mac OS X v10.5及びv10.6のSpotlightやiPhone OS 2.1以降とOS X Yosemite以降の日本語入力にも利用されている。 (ja)
  • MeCabはオープンソースの形態素解析エンジンで、奈良先端科学技術大学院大学出身、現GoogleソフトウェアエンジニアでGoogle 日本語入力開発者の一人である工藤拓によって開発されている。名称は開発者の好物「和布蕪(めかぶ)」から取られた。 開発開始当初はChaSenを基にし、ChaSenTNGという名前で開発されていたが、現在はChaSenとは独立にスクラッチから開発されている。ChaSenに比べて解析精度は同程度で、解析速度は平均3-4倍速い。 品詞情報を利用した解析・推定を行うことができる。MeCabで利用できる辞書はいくつかあるが、ChaSenと同様にで構築されたIPADICが一般的に用いられている。 MeCabはGoogleが公開した大規模日本語n-gramデータの作成にも使用された。 Mac OS X v10.5及びv10.6のSpotlightやiPhone OS 2.1以降とOS X Yosemite以降の日本語入力にも利用されている。 (ja)
rdfs:label
  • MeCab (ja)
  • MeCab (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • MeCab (ja)
  • MeCab (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ミドルウェア of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of