MX Linuxは、中量級のLinuxOSで、Debian安定版がベースになっている。また、MXコミュニティによって作られ、パッケージングされた追加のソフトウェアと共に、antiXのコンポーネントを用いている。MXは、antiXと以前のMEPISコミュニティの間の協力的事業として開発されており、それぞれのディストリビューションからベストなツールと特色を用いることを狙っている。コミュニティは、プロジェクトのゴールについて”洗練されて効果的なデスクトップ環境を簡単な設定と高い安定性、強固なパフォーマンスに結びつける"ことだと述べている。MX Linuxは、XfceやKDE Plasmaを用いており、他の環境も後から加えることができると共に、"スピンオフ"ISOイメージとしても入手できる。

Property Value
dbo:abstract
  • MX Linuxは、中量級のLinuxOSで、Debian安定版がベースになっている。また、MXコミュニティによって作られ、パッケージングされた追加のソフトウェアと共に、antiXのコンポーネントを用いている。MXは、antiXと以前のMEPISコミュニティの間の協力的事業として開発されており、それぞれのディストリビューションからベストなツールと特色を用いることを狙っている。コミュニティは、プロジェクトのゴールについて”洗練されて効果的なデスクトップ環境を簡単な設定と高い安定性、強固なパフォーマンスに結びつける"ことだと述べている。MX Linuxは、XfceやKDE Plasmaを用いており、他の環境も後から加えることができると共に、"スピンオフ"ISOイメージとしても入手できる。 (ja)
  • MX Linuxは、中量級のLinuxOSで、Debian安定版がベースになっている。また、MXコミュニティによって作られ、パッケージングされた追加のソフトウェアと共に、antiXのコンポーネントを用いている。MXは、antiXと以前のMEPISコミュニティの間の協力的事業として開発されており、それぞれのディストリビューションからベストなツールと特色を用いることを狙っている。コミュニティは、プロジェクトのゴールについて”洗練されて効果的なデスクトップ環境を簡単な設定と高い安定性、強固なパフォーマンスに結びつける"ことだと述べている。MX Linuxは、XfceやKDE Plasmaを用いており、他の環境も後から加えることができると共に、"スピンオフ"ISOイメージとしても入手できる。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4037636 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8714 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86428637 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • MX-21 "Wildflower" (ja)
  • MX-21 "Wildflower" (ja)
prop-ja:developer
  • MX Dev Team (ja)
  • MX Dev Team (ja)
prop-ja:family
prop-ja:kernelType
prop-ja:language
  • 多言語 (ja)
  • 多言語 (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • MX-21 (ja)
  • MX-21 (ja)
prop-ja:license
  • Linux Foundation Sublicense No. 20140605-0483 (ja)
  • Linux Foundation Sublicense No. 20140605-0483 (ja)
prop-ja:logo
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • MX Linux (ja)
  • MX Linux (ja)
prop-ja:packageManager
  • APT MXパッケージインストーラー他 (ja)
  • APT MXパッケージインストーラー他 (ja)
prop-ja:released
  • 2014-03-24 (xsd:date)
prop-ja:screenshot
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:ui
prop-ja:updatemodel
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • MX Linuxは、中量級のLinuxOSで、Debian安定版がベースになっている。また、MXコミュニティによって作られ、パッケージングされた追加のソフトウェアと共に、antiXのコンポーネントを用いている。MXは、antiXと以前のMEPISコミュニティの間の協力的事業として開発されており、それぞれのディストリビューションからベストなツールと特色を用いることを狙っている。コミュニティは、プロジェクトのゴールについて”洗練されて効果的なデスクトップ環境を簡単な設定と高い安定性、強固なパフォーマンスに結びつける"ことだと述べている。MX Linuxは、XfceやKDE Plasmaを用いており、他の環境も後から加えることができると共に、"スピンオフ"ISOイメージとしても入手できる。 (ja)
  • MX Linuxは、中量級のLinuxOSで、Debian安定版がベースになっている。また、MXコミュニティによって作られ、パッケージングされた追加のソフトウェアと共に、antiXのコンポーネントを用いている。MXは、antiXと以前のMEPISコミュニティの間の協力的事業として開発されており、それぞれのディストリビューションからベストなツールと特色を用いることを狙っている。コミュニティは、プロジェクトのゴールについて”洗練されて効果的なデスクトップ環境を簡単な設定と高い安定性、強固なパフォーマンスに結びつける"ことだと述べている。MX Linuxは、XfceやKDE Plasmaを用いており、他の環境も後から加えることができると共に、"スピンオフ"ISOイメージとしても入手できる。 (ja)
rdfs:label
  • MX Linux (ja)
  • MX Linux (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of