MCF-7は1970年に69歳のコーカソイドの女性から分離された乳がん細胞株である。MCF-7はMichigan Cancer Foundation-7の頭字語であり、1973年にHerbert Souleと同僚によってこの細胞が樹立されたデトロイトにある研究所を意味している。ミシガンがん財団は現在はとして知られている。 MCF-7以前は、がん研究者は数カ月より長く生き続けることができる乳腺細胞株を手に入れることができなかった。 Frances Mallonという名の患者は大多数のがん研究者には知られておらず、1970年に死亡した。彼女の細胞は乳がんに関する現在の知見の多くの源である。サンプリングされた当時、彼女は(シスターCatherine Francesの名で)ミシガン州にあるの女子修道会の修道女であった。 MCF-7とその他2つの乳がん細胞株(T-47DおよびMDA-MB-231)は乳がん細胞株について言及した研究を報告した全ての要約部の3分の2以上を占めている(Medlineに基づく調査)。

Property Value
dbo:abstract
  • MCF-7は1970年に69歳のコーカソイドの女性から分離された乳がん細胞株である。MCF-7はMichigan Cancer Foundation-7の頭字語であり、1973年にHerbert Souleと同僚によってこの細胞が樹立されたデトロイトにある研究所を意味している。ミシガンがん財団は現在はとして知られている。 MCF-7以前は、がん研究者は数カ月より長く生き続けることができる乳腺細胞株を手に入れることができなかった。 Frances Mallonという名の患者は大多数のがん研究者には知られておらず、1970年に死亡した。彼女の細胞は乳がんに関する現在の知見の多くの源である。サンプリングされた当時、彼女は(シスターCatherine Francesの名で)ミシガン州にあるの女子修道会の修道女であった。 MCF-7とその他2つの乳がん細胞株(T-47DおよびMDA-MB-231)は乳がん細胞株について言及した研究を報告した全ての要約部の3分の2以上を占めている(Medlineに基づく調査)。 (ja)
  • MCF-7は1970年に69歳のコーカソイドの女性から分離された乳がん細胞株である。MCF-7はMichigan Cancer Foundation-7の頭字語であり、1973年にHerbert Souleと同僚によってこの細胞が樹立されたデトロイトにある研究所を意味している。ミシガンがん財団は現在はとして知られている。 MCF-7以前は、がん研究者は数カ月より長く生き続けることができる乳腺細胞株を手に入れることができなかった。 Frances Mallonという名の患者は大多数のがん研究者には知られておらず、1970年に死亡した。彼女の細胞は乳がんに関する現在の知見の多くの源である。サンプリングされた当時、彼女は(シスターCatherine Francesの名で)ミシガン州にあるの女子修道会の修道女であった。 MCF-7とその他2つの乳がん細胞株(T-47DおよびMDA-MB-231)は乳がん細胞株について言及した研究を報告した全ての要約部の3分の2以上を占めている(Medlineに基づく調査)。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3438208 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4257 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91651415 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • MCF-7は1970年に69歳のコーカソイドの女性から分離された乳がん細胞株である。MCF-7はMichigan Cancer Foundation-7の頭字語であり、1973年にHerbert Souleと同僚によってこの細胞が樹立されたデトロイトにある研究所を意味している。ミシガンがん財団は現在はとして知られている。 MCF-7以前は、がん研究者は数カ月より長く生き続けることができる乳腺細胞株を手に入れることができなかった。 Frances Mallonという名の患者は大多数のがん研究者には知られておらず、1970年に死亡した。彼女の細胞は乳がんに関する現在の知見の多くの源である。サンプリングされた当時、彼女は(シスターCatherine Francesの名で)ミシガン州にあるの女子修道会の修道女であった。 MCF-7とその他2つの乳がん細胞株(T-47DおよびMDA-MB-231)は乳がん細胞株について言及した研究を報告した全ての要約部の3分の2以上を占めている(Medlineに基づく調査)。 (ja)
  • MCF-7は1970年に69歳のコーカソイドの女性から分離された乳がん細胞株である。MCF-7はMichigan Cancer Foundation-7の頭字語であり、1973年にHerbert Souleと同僚によってこの細胞が樹立されたデトロイトにある研究所を意味している。ミシガンがん財団は現在はとして知られている。 MCF-7以前は、がん研究者は数カ月より長く生き続けることができる乳腺細胞株を手に入れることができなかった。 Frances Mallonという名の患者は大多数のがん研究者には知られておらず、1970年に死亡した。彼女の細胞は乳がんに関する現在の知見の多くの源である。サンプリングされた当時、彼女は(シスターCatherine Francesの名で)ミシガン州にあるの女子修道会の修道女であった。 MCF-7とその他2つの乳がん細胞株(T-47DおよびMDA-MB-231)は乳がん細胞株について言及した研究を報告した全ての要約部の3分の2以上を占めている(Medlineに基づく調査)。 (ja)
rdfs:label
  • MCF-7 (ja)
  • MCF-7 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of