MC68060(エムシー68060)は旧モトローラが開発した32ビットマイクロプロセッサ。68040の後継として、1994年にリリースされた。 68060は68000ファミリの中でも最高性能を誇る。68000ファミリの最後の汎用製品となった。その後はPowerPCに役割をゆずることになった。 その後、68000シリーズの基本コアの開発は機器組み込み向けに続けられている。それらは各種周辺機器インタフェースを内蔵していて、システムの複雑さと消費電力を軽減するように設計されている。異なるインタフェースを内蔵したいくつかの種類のチップがColdFire(コアを刷新したもの)やDragonBallの名前で販売されている。

Property Value
dbo:abstract
  • MC68060(エムシー68060)は旧モトローラが開発した32ビットマイクロプロセッサ。68040の後継として、1994年にリリースされた。 68060は68000ファミリの中でも最高性能を誇る。68000ファミリの最後の汎用製品となった。その後はPowerPCに役割をゆずることになった。 その後、68000シリーズの基本コアの開発は機器組み込み向けに続けられている。それらは各種周辺機器インタフェースを内蔵していて、システムの複雑さと消費電力を軽減するように設計されている。異なるインタフェースを内蔵したいくつかの種類のチップがColdFire(コアを刷新したもの)やDragonBallの名前で販売されている。 (ja)
  • MC68060(エムシー68060)は旧モトローラが開発した32ビットマイクロプロセッサ。68040の後継として、1994年にリリースされた。 68060は68000ファミリの中でも最高性能を誇る。68000ファミリの最後の汎用製品となった。その後はPowerPCに役割をゆずることになった。 その後、68000シリーズの基本コアの開発は機器組み込み向けに続けられている。それらは各種周辺機器インタフェースを内蔵していて、システムの複雑さと消費電力を軽減するように設計されている。異なるインタフェースを内蔵したいくつかの種類のチップがColdFire(コアを刷新したもの)やDragonBallの名前で販売されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 335693 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1441 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 83074709 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • MC68060(エムシー68060)は旧モトローラが開発した32ビットマイクロプロセッサ。68040の後継として、1994年にリリースされた。 68060は68000ファミリの中でも最高性能を誇る。68000ファミリの最後の汎用製品となった。その後はPowerPCに役割をゆずることになった。 その後、68000シリーズの基本コアの開発は機器組み込み向けに続けられている。それらは各種周辺機器インタフェースを内蔵していて、システムの複雑さと消費電力を軽減するように設計されている。異なるインタフェースを内蔵したいくつかの種類のチップがColdFire(コアを刷新したもの)やDragonBallの名前で販売されている。 (ja)
  • MC68060(エムシー68060)は旧モトローラが開発した32ビットマイクロプロセッサ。68040の後継として、1994年にリリースされた。 68060は68000ファミリの中でも最高性能を誇る。68000ファミリの最後の汎用製品となった。その後はPowerPCに役割をゆずることになった。 その後、68000シリーズの基本コアの開発は機器組み込み向けに続けられている。それらは各種周辺機器インタフェースを内蔵していて、システムの複雑さと消費電力を軽減するように設計されている。異なるインタフェースを内蔵したいくつかの種類のチップがColdFire(コアを刷新したもの)やDragonBallの名前で販売されている。 (ja)
rdfs:label
  • MC68060 (ja)
  • MC68060 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of