Lucida Sans Unicodeは、Bigelow & Holmesのデザインスタジオによって制作されたOpenTypeフォントである。Unicode 1.0で定義されたよく使われる文字をサポートするためにデザインされている。Lucidaフォントファミリのサンセリフのバリエーションであり、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字、また国際音声記号の文字もサポートされている。 ラテン文字以外の文字(ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字)を収録したBigelow & Holmesによる最初のUnicodeエンコードのフォントである。とによって1993年にデザインされ、最初にWindows NT 3.1で提供された。ただし標準ではWindows NT 3.1のリテール版のシステムにはインストールされていない。 このフォントは、Windows 98からWindows 10のすべてのバージョンのMicrosoft Windowsにプリイントールされて提供されている。Lucida Grandeというほぼ同一のフォントはHelvetica Neueに切り替わったOS X YosemiteまでAppleのMac OS Xの標準システムフォントであった。上記に加えてアラビア文字とタイ文字もサポートされている。

Property Value
dbo:abstract
  • Lucida Sans Unicodeは、Bigelow & Holmesのデザインスタジオによって制作されたOpenTypeフォントである。Unicode 1.0で定義されたよく使われる文字をサポートするためにデザインされている。Lucidaフォントファミリのサンセリフのバリエーションであり、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字、また国際音声記号の文字もサポートされている。 ラテン文字以外の文字(ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字)を収録したBigelow & Holmesによる最初のUnicodeエンコードのフォントである。とによって1993年にデザインされ、最初にWindows NT 3.1で提供された。ただし標準ではWindows NT 3.1のリテール版のシステムにはインストールされていない。 このフォントは、Windows 98からWindows 10のすべてのバージョンのMicrosoft Windowsにプリイントールされて提供されている。Lucida Grandeというほぼ同一のフォントはHelvetica Neueに切り替わったOS X YosemiteまでAppleのMac OS Xの標準システムフォントであった。上記に加えてアラビア文字とタイ文字もサポートされている。 他のUnicodeフォントとしては、や、それ以外にもさまざまなフリーフォントがある。 (ja)
  • Lucida Sans Unicodeは、Bigelow & Holmesのデザインスタジオによって制作されたOpenTypeフォントである。Unicode 1.0で定義されたよく使われる文字をサポートするためにデザインされている。Lucidaフォントファミリのサンセリフのバリエーションであり、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字、また国際音声記号の文字もサポートされている。 ラテン文字以外の文字(ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字)を収録したBigelow & Holmesによる最初のUnicodeエンコードのフォントである。とによって1993年にデザインされ、最初にWindows NT 3.1で提供された。ただし標準ではWindows NT 3.1のリテール版のシステムにはインストールされていない。 このフォントは、Windows 98からWindows 10のすべてのバージョンのMicrosoft Windowsにプリイントールされて提供されている。Lucida Grandeというほぼ同一のフォントはHelvetica Neueに切り替わったOS X YosemiteまでAppleのMac OS Xの標準システムフォントであった。上記に加えてアラビア文字とタイ文字もサポートされている。 他のUnicodeフォントとしては、や、それ以外にもさまざまなフリーフォントがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3834069 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3895 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3908 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79350619 (xsd:integer)
  • 85411569 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:classifications
prop-ja:creator
prop-ja:date
  • 2018-01-31 (xsd:date)
prop-ja:familyname
prop-ja:foundry
  • Bigelow & Holmes (ja)
  • Bigelow & Holmes (ja)
prop-ja:name
  • Lucida Sans Unicode (ja)
  • Lucida Sans Unicode (ja)
prop-ja:releasedate
  • 1993 (xsd:integer)
prop-ja:style
prop-ja:title
  • Lucida Font Store - Lucida Matrix (ja)
  • Lucida Font Store - Lucida Matrix (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Lucida Sans Unicodeは、Bigelow & Holmesのデザインスタジオによって制作されたOpenTypeフォントである。Unicode 1.0で定義されたよく使われる文字をサポートするためにデザインされている。Lucidaフォントファミリのサンセリフのバリエーションであり、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字、また国際音声記号の文字もサポートされている。 ラテン文字以外の文字(ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字)を収録したBigelow & Holmesによる最初のUnicodeエンコードのフォントである。とによって1993年にデザインされ、最初にWindows NT 3.1で提供された。ただし標準ではWindows NT 3.1のリテール版のシステムにはインストールされていない。 このフォントは、Windows 98からWindows 10のすべてのバージョンのMicrosoft Windowsにプリイントールされて提供されている。Lucida Grandeというほぼ同一のフォントはHelvetica Neueに切り替わったOS X YosemiteまでAppleのMac OS Xの標準システムフォントであった。上記に加えてアラビア文字とタイ文字もサポートされている。 (ja)
  • Lucida Sans Unicodeは、Bigelow & Holmesのデザインスタジオによって制作されたOpenTypeフォントである。Unicode 1.0で定義されたよく使われる文字をサポートするためにデザインされている。Lucidaフォントファミリのサンセリフのバリエーションであり、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字、また国際音声記号の文字もサポートされている。 ラテン文字以外の文字(ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字)を収録したBigelow & Holmesによる最初のUnicodeエンコードのフォントである。とによって1993年にデザインされ、最初にWindows NT 3.1で提供された。ただし標準ではWindows NT 3.1のリテール版のシステムにはインストールされていない。 このフォントは、Windows 98からWindows 10のすべてのバージョンのMicrosoft Windowsにプリイントールされて提供されている。Lucida Grandeというほぼ同一のフォントはHelvetica Neueに切り替わったOS X YosemiteまでAppleのMac OS Xの標準システムフォントであった。上記に加えてアラビア文字とタイ文字もサポートされている。 (ja)
rdfs:label
  • Lucida Sans Unicode (ja)
  • Lucida Sans Unicode (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of