lighttpd (ライティ)は高速性の重視される環境に最適化された、安全・高速で標準に準拠し、柔軟であることを指向して設計されたWebサーバである。 C10K問題の概念実証としてJan Kneschke によって書かれた。名称の由来は「light」と「httpd」とのかばん語である。 メモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が目的となっているため、負荷が問題な場合や、静的コンテンツを動的コンテンツと区別して送信する場合などに適しているとされる。

Property Value
dbo:abstract
  • lighttpd (ライティ)は高速性の重視される環境に最適化された、安全・高速で標準に準拠し、柔軟であることを指向して設計されたWebサーバである。 C10K問題の概念実証としてJan Kneschke によって書かれた。名称の由来は「light」と「httpd」とのかばん語である。 メモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が目的となっているため、負荷が問題な場合や、静的コンテンツを動的コンテンツと区別して送信する場合などに適しているとされる。 (ja)
  • lighttpd (ライティ)は高速性の重視される環境に最適化された、安全・高速で標準に準拠し、柔軟であることを指向して設計されたWebサーバである。 C10K問題の概念実証としてJan Kneschke によって書かれた。名称の由来は「light」と「httpd」とのかばん語である。 メモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が目的となっているため、負荷が問題な場合や、静的コンテンツを動的コンテンツと区別して送信する場合などに適しているとされる。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 1.4.56
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 666382 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7103 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81363372 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:プログラミング言語
  • C (ja)
  • C (ja)
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • lighttpd (ja)
  • lighttpd (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 1.400000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • Jan Kneschke (ja)
  • Jan Kneschke (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • lighttpd (ライティ)は高速性の重視される環境に最適化された、安全・高速で標準に準拠し、柔軟であることを指向して設計されたWebサーバである。 C10K問題の概念実証としてJan Kneschke によって書かれた。名称の由来は「light」と「httpd」とのかばん語である。 メモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が目的となっているため、負荷が問題な場合や、静的コンテンツを動的コンテンツと区別して送信する場合などに適しているとされる。 (ja)
  • lighttpd (ライティ)は高速性の重視される環境に最適化された、安全・高速で標準に準拠し、柔軟であることを指向して設計されたWebサーバである。 C10K問題の概念実証としてJan Kneschke によって書かれた。名称の由来は「light」と「httpd」とのかばん語である。 メモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が目的となっているため、負荷が問題な場合や、静的コンテンツを動的コンテンツと区別して送信する場合などに適しているとされる。 (ja)
rdfs:label
  • Lighttpd (ja)
  • Lighttpd (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • lighttpd (ja)
  • lighttpd (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of