libwww (Library World Wide Web) は、Unix系およびWindows向けの高度にモジュール化されたクライアントサイドウェブAPIであり、そのAPIのリファレンス実装の名前でもある。 ウェブブラウザ/エディタ、インターネットボット、バッチツールなど各種アプリケーションに利用可能。完全なHTTP/1.1の、パイプライニング、、Digest認証、deflateなど、libwwwにはプラグイン可能なモジュールがある。 libwwwには、プロトコルに関する実験の叩き台としての役割と、車輪の再発明を防ぐ役割がある。 libcurlはlibwwwの後継とみなされている。

Property Value
dbo:abstract
  • libwww (Library World Wide Web) は、Unix系およびWindows向けの高度にモジュール化されたクライアントサイドウェブAPIであり、そのAPIのリファレンス実装の名前でもある。 ウェブブラウザ/エディタ、インターネットボット、バッチツールなど各種アプリケーションに利用可能。完全なHTTP/1.1の、パイプライニング、、Digest認証、deflateなど、libwwwにはプラグイン可能なモジュールがある。 libwwwには、プロトコルに関する実験の叩き台としての役割と、車輪の再発明を防ぐ役割がある。 libcurlはlibwwwの後継とみなされている。 (ja)
  • libwww (Library World Wide Web) は、Unix系およびWindows向けの高度にモジュール化されたクライアントサイドウェブAPIであり、そのAPIのリファレンス実装の名前でもある。 ウェブブラウザ/エディタ、インターネットボット、バッチツールなど各種アプリケーションに利用可能。完全なHTTP/1.1の、パイプライニング、、Digest認証、deflateなど、libwwwにはプラグイン可能なモジュールがある。 libwwwには、プロトコルに関する実験の叩き台としての役割と、車輪の再発明を防ぐ役割がある。 libcurlはlibwwwの後継とみなされている。 (ja)
dbo:creator
dbo:latestReleaseVersion
  • 5.4.1
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2591329 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16617 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79350415 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 不活発 (ja)
  • 不活発 (ja)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
  • W3C Software Notice and License (ja)
  • W3C Software Notice and License (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:初版
  • --01-01
prop-ja:名称
  • libwww (ja)
  • libwww (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • 5.400000 (xsd:double)
prop-ja:種別
  • インターネットアプリケーション用API (ja)
  • インターネットアプリケーション用API (ja)
prop-ja:開発者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • libwww (Library World Wide Web) は、Unix系およびWindows向けの高度にモジュール化されたクライアントサイドウェブAPIであり、そのAPIのリファレンス実装の名前でもある。 ウェブブラウザ/エディタ、インターネットボット、バッチツールなど各種アプリケーションに利用可能。完全なHTTP/1.1の、パイプライニング、、Digest認証、deflateなど、libwwwにはプラグイン可能なモジュールがある。 libwwwには、プロトコルに関する実験の叩き台としての役割と、車輪の再発明を防ぐ役割がある。 libcurlはlibwwwの後継とみなされている。 (ja)
  • libwww (Library World Wide Web) は、Unix系およびWindows向けの高度にモジュール化されたクライアントサイドウェブAPIであり、そのAPIのリファレンス実装の名前でもある。 ウェブブラウザ/エディタ、インターネットボット、バッチツールなど各種アプリケーションに利用可能。完全なHTTP/1.1の、パイプライニング、、Digest認証、deflateなど、libwwwにはプラグイン可能なモジュールがある。 libwwwには、プロトコルに関する実験の叩き台としての役割と、車輪の再発明を防ぐ役割がある。 libcurlはlibwwwの後継とみなされている。 (ja)
rdfs:label
  • Libwww (ja)
  • Libwww (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • libwww (ja)
  • libwww (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of