Leela Zero(リーラ・ゼロ)は2017年10月25日にリリースされたフリーソフトウェアのコンピュータ囲碁。チェスエンジン「Sjeng」や囲碁ソフト「Leela」を開発したベルギーのプログラマーにより開発された。 Leela Zeroの思考アルゴリズムは、DeepMindのAlphaGo Zeroに関する2017年の論文に基づいて作られている。オリジナルの(Zeroではない)Leelaが多くの定石などの人間による知識やヒューリスティクスがプログラムに書き込まれているのとは異なり、Leela Zeroは囲碁の基本的なルールのみがプログラムされている。Leela Zeroは過去に対局した結果に基づいて学習を行われたニューラルネットワークを持つことで強化された。 Leela Zeroは、自身のWebサイトで調整される分散型の取り組みによって強化されている。コミュニティのメンバーは、クライアントプログラムを実行して計算資源を提供している。クライアントは、自己対戦の対局を行い、結果を新しいニューラルの強化に使用されてる。通常、500以上のクライアントがサーバーに接続してリソースを提供してる。コミュニティは、高品質のプログラムコードの開発にも貢献している。

Property Value
dbo:abstract
  • Leela Zero(リーラ・ゼロ)は2017年10月25日にリリースされたフリーソフトウェアのコンピュータ囲碁。チェスエンジン「Sjeng」や囲碁ソフト「Leela」を開発したベルギーのプログラマーにより開発された。 Leela Zeroの思考アルゴリズムは、DeepMindのAlphaGo Zeroに関する2017年の論文に基づいて作られている。オリジナルの(Zeroではない)Leelaが多くの定石などの人間による知識やヒューリスティクスがプログラムに書き込まれているのとは異なり、Leela Zeroは囲碁の基本的なルールのみがプログラムされている。Leela Zeroは過去に対局した結果に基づいて学習を行われたニューラルネットワークを持つことで強化された。 Leela Zeroは、自身のWebサイトで調整される分散型の取り組みによって強化されている。コミュニティのメンバーは、クライアントプログラムを実行して計算資源を提供している。クライアントは、自己対戦の対局を行い、結果を新しいニューラルの強化に使用されてる。通常、500以上のクライアントがサーバーに接続してリソースを提供してる。コミュニティは、高品質のプログラムコードの開発にも貢献している。 Leela Zeroは、2018年4月28日に中国福建省福州で開催された「貝瑞基因杯2018世界人工知能囲棋大戦」(贝瑞基因杯2018世界人工智能围棋大赛)で3位になる。2018年末の雑誌「ザ・ニューヨーカー」は、LeelaとLeela Zeroを「世界で最も成功しているオープンソースの囲碁エンジン」と評した。 2018年初頭、別のチームが同じコードベースから「Leela Chess Zero」を分岐させ、チェスのゲームに適用されるAlphaZero論文の方法も検証された。 AlphaZeroではGoogleのTPU(テンソル・プロセッシング・ユニット)が使用されているが、Leela Chess ZeroではクラウドによるインフラストラクチャとOpenCLライブラリを介してGPUを使用する手法に置き換えられた。それでも、AlphaZeroが論文でチェスの試合のために必要な数十時間のトレーニングを補うためには、Leela Chess Zeroでは1年のクラウドによるトレーニングが必要になると予想されている。 (ja)
  • Leela Zero(リーラ・ゼロ)は2017年10月25日にリリースされたフリーソフトウェアのコンピュータ囲碁。チェスエンジン「Sjeng」や囲碁ソフト「Leela」を開発したベルギーのプログラマーにより開発された。 Leela Zeroの思考アルゴリズムは、DeepMindのAlphaGo Zeroに関する2017年の論文に基づいて作られている。オリジナルの(Zeroではない)Leelaが多くの定石などの人間による知識やヒューリスティクスがプログラムに書き込まれているのとは異なり、Leela Zeroは囲碁の基本的なルールのみがプログラムされている。Leela Zeroは過去に対局した結果に基づいて学習を行われたニューラルネットワークを持つことで強化された。 Leela Zeroは、自身のWebサイトで調整される分散型の取り組みによって強化されている。コミュニティのメンバーは、クライアントプログラムを実行して計算資源を提供している。クライアントは、自己対戦の対局を行い、結果を新しいニューラルの強化に使用されてる。通常、500以上のクライアントがサーバーに接続してリソースを提供してる。コミュニティは、高品質のプログラムコードの開発にも貢献している。 Leela Zeroは、2018年4月28日に中国福建省福州で開催された「貝瑞基因杯2018世界人工知能囲棋大戦」(贝瑞基因杯2018世界人工智能围棋大赛)で3位になる。2018年末の雑誌「ザ・ニューヨーカー」は、LeelaとLeela Zeroを「世界で最も成功しているオープンソースの囲碁エンジン」と評した。 2018年初頭、別のチームが同じコードベースから「Leela Chess Zero」を分岐させ、チェスのゲームに適用されるAlphaZero論文の方法も検証された。 AlphaZeroではGoogleのTPU(テンソル・プロセッシング・ユニット)が使用されているが、Leela Chess ZeroではクラウドによるインフラストラクチャとOpenCLライブラリを介してGPUを使用する手法に置き換えられた。それでも、AlphaZeroが論文でチェスの試合のために必要な数十時間のトレーニングを補うためには、Leela Chess Zeroでは1年のクラウドによるトレーニングが必要になると予想されている。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 0.17
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4001833 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18742 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78903329 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Jonathan Roy (ja)
  • Jonathan Roy (ja)
prop-ja:developer
  • Gian-Carlo Pascutto (ja)
  • Jonathan Roy (ja)
  • Gian-Carlo Pascutto (ja)
  • Jonathan Roy (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 0.170000 (xsd:double)
prop-ja:license
  • AGPL-v3 (ja)
  • GPL-3.0 (ja)
  • AGPL-v3 (ja)
  • GPL-3.0 (ja)
prop-ja:name
  • Leela Zero (ja)
  • Leela Zero Server (ja)
  • Leela Zero (ja)
  • Leela Zero Server (ja)
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:repo
prop-ja:title
  • Leela Zero Server (ja)
  • Leela Zero Server (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Leela Zero(リーラ・ゼロ)は2017年10月25日にリリースされたフリーソフトウェアのコンピュータ囲碁。チェスエンジン「Sjeng」や囲碁ソフト「Leela」を開発したベルギーのプログラマーにより開発された。 Leela Zeroの思考アルゴリズムは、DeepMindのAlphaGo Zeroに関する2017年の論文に基づいて作られている。オリジナルの(Zeroではない)Leelaが多くの定石などの人間による知識やヒューリスティクスがプログラムに書き込まれているのとは異なり、Leela Zeroは囲碁の基本的なルールのみがプログラムされている。Leela Zeroは過去に対局した結果に基づいて学習を行われたニューラルネットワークを持つことで強化された。 Leela Zeroは、自身のWebサイトで調整される分散型の取り組みによって強化されている。コミュニティのメンバーは、クライアントプログラムを実行して計算資源を提供している。クライアントは、自己対戦の対局を行い、結果を新しいニューラルの強化に使用されてる。通常、500以上のクライアントがサーバーに接続してリソースを提供してる。コミュニティは、高品質のプログラムコードの開発にも貢献している。 (ja)
  • Leela Zero(リーラ・ゼロ)は2017年10月25日にリリースされたフリーソフトウェアのコンピュータ囲碁。チェスエンジン「Sjeng」や囲碁ソフト「Leela」を開発したベルギーのプログラマーにより開発された。 Leela Zeroの思考アルゴリズムは、DeepMindのAlphaGo Zeroに関する2017年の論文に基づいて作られている。オリジナルの(Zeroではない)Leelaが多くの定石などの人間による知識やヒューリスティクスがプログラムに書き込まれているのとは異なり、Leela Zeroは囲碁の基本的なルールのみがプログラムされている。Leela Zeroは過去に対局した結果に基づいて学習を行われたニューラルネットワークを持つことで強化された。 Leela Zeroは、自身のWebサイトで調整される分散型の取り組みによって強化されている。コミュニティのメンバーは、クライアントプログラムを実行して計算資源を提供している。クライアントは、自己対戦の対局を行い、結果を新しいニューラルの強化に使用されてる。通常、500以上のクライアントがサーバーに接続してリソースを提供してる。コミュニティは、高品質のプログラムコードの開発にも貢献している。 (ja)
rdfs:label
  • Leela Zero (ja)
  • Leela Zero (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Leela Zero (ja)
  • Leela Zero Server (ja)
  • Leela Zero (ja)
  • Leela Zero Server (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of