『L.H.O.O.Q.』(フランス語発音: [el aʃ o o ky]、エラショオキュ)とは、マルセル・デュシャンが1919年に発表した芸術作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』を複製した安価な絵葉書に、デュシャン自らが鉛筆で口ひげやあごひげを描き加え、題名を付したものである。 これ以前にも日常品を加工することで芸術品に仕立て上げるか、(『泉』のように)単に名前を変えた上で画廊に飾ったことでも知られ、本作もこうしたレディ・メイド路線の延長線上に位置付けられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『L.H.O.O.Q.』(フランス語発音: [el aʃ o o ky]、エラショオキュ)とは、マルセル・デュシャンが1919年に発表した芸術作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』を複製した安価な絵葉書に、デュシャン自らが鉛筆で口ひげやあごひげを描き加え、題名を付したものである。 これ以前にも日常品を加工することで芸術品に仕立て上げるか、(『泉』のように)単に名前を変えた上で画廊に飾ったことでも知られ、本作もこうしたレディ・メイド路線の延長線上に位置付けられている。 (ja)
  • 『L.H.O.O.Q.』(フランス語発音: [el aʃ o o ky]、エラショオキュ)とは、マルセル・デュシャンが1919年に発表した芸術作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』を複製した安価な絵葉書に、デュシャン自らが鉛筆で口ひげやあごひげを描き加え、題名を付したものである。 これ以前にも日常品を加工することで芸術品に仕立て上げるか、(『泉』のように)単に名前を変えた上で画廊に飾ったことでも知られ、本作もこうしたレディ・メイド路線の延長線上に位置付けられている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2965806 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2676 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79017720 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 『L.H.O.O.Q.』(フランス語発音: [el aʃ o o ky]、エラショオキュ)とは、マルセル・デュシャンが1919年に発表した芸術作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』を複製した安価な絵葉書に、デュシャン自らが鉛筆で口ひげやあごひげを描き加え、題名を付したものである。 これ以前にも日常品を加工することで芸術品に仕立て上げるか、(『泉』のように)単に名前を変えた上で画廊に飾ったことでも知られ、本作もこうしたレディ・メイド路線の延長線上に位置付けられている。 (ja)
  • 『L.H.O.O.Q.』(フランス語発音: [el aʃ o o ky]、エラショオキュ)とは、マルセル・デュシャンが1919年に発表した芸術作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』を複製した安価な絵葉書に、デュシャン自らが鉛筆で口ひげやあごひげを描き加え、題名を付したものである。 これ以前にも日常品を加工することで芸術品に仕立て上げるか、(『泉』のように)単に名前を変えた上で画廊に飾ったことでも知られ、本作もこうしたレディ・メイド路線の延長線上に位置付けられている。 (ja)
rdfs:label
  • L.H.O.O.Q. (ja)
  • L.H.O.O.Q. (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of