Journal Article Tag Suite (JATS(ジャッツ))は、科学分野におけるXMLアプリケーションの一つで、アメリカ国立医学図書館(National Library of Medicine: NLM)が開発しPMC (アーカイブ)によって普及したXML (Extensible Markup Language) 規格、NLM DTDを継承したものである。 Z39.96 2012-08-22 (NISO JATS 1.0) による公式規格となっている。NLM DTDは科学分野でのオープンアクセス雑誌の集積や流通の際のデファクトスタンダードとなっていた。 NISOによる規格化にともない、NLMではじまった規格はより広い影響力を持つようになり、他のレポジトリ(たとえばScIELOなど)も採用するようになった。日本では、科学技術振興機構の電子ジャーナル・プラットフォームJ-STAGEがJATS 1.1 を採用している。

Property Value
dbo:abstract
  • Journal Article Tag Suite (JATS(ジャッツ))は、科学分野におけるXMLアプリケーションの一つで、アメリカ国立医学図書館(National Library of Medicine: NLM)が開発しPMC (アーカイブ)によって普及したXML (Extensible Markup Language) 規格、NLM DTDを継承したものである。 Z39.96 2012-08-22 (NISO JATS 1.0) による公式規格となっている。NLM DTDは科学分野でのオープンアクセス雑誌の集積や流通の際のデファクトスタンダードとなっていた。 NISOによる規格化にともない、NLMではじまった規格はより広い影響力を持つようになり、他のレポジトリ(たとえばScIELOなど)も採用するようになった。日本では、科学技術振興機構の電子ジャーナル・プラットフォームJ-STAGEがJATS 1.1 を採用している。 (ja)
  • Journal Article Tag Suite (JATS(ジャッツ))は、科学分野におけるXMLアプリケーションの一つで、アメリカ国立医学図書館(National Library of Medicine: NLM)が開発しPMC (アーカイブ)によって普及したXML (Extensible Markup Language) 規格、NLM DTDを継承したものである。 Z39.96 2012-08-22 (NISO JATS 1.0) による公式規格となっている。NLM DTDは科学分野でのオープンアクセス雑誌の集積や流通の際のデファクトスタンダードとなっていた。 NISOによる規格化にともない、NLMではじまった規格はより広い影響力を持つようになり、他のレポジトリ(たとえばScIELOなど)も採用するようになった。日本では、科学技術振興機構の電子ジャーナル・プラットフォームJ-STAGEがJATS 1.1 を採用している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3018718 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6300 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76273195 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Journal Article Tag Suite (JATS(ジャッツ))は、科学分野におけるXMLアプリケーションの一つで、アメリカ国立医学図書館(National Library of Medicine: NLM)が開発しPMC (アーカイブ)によって普及したXML (Extensible Markup Language) 規格、NLM DTDを継承したものである。 Z39.96 2012-08-22 (NISO JATS 1.0) による公式規格となっている。NLM DTDは科学分野でのオープンアクセス雑誌の集積や流通の際のデファクトスタンダードとなっていた。 NISOによる規格化にともない、NLMではじまった規格はより広い影響力を持つようになり、他のレポジトリ(たとえばScIELOなど)も採用するようになった。日本では、科学技術振興機構の電子ジャーナル・プラットフォームJ-STAGEがJATS 1.1 を採用している。 (ja)
  • Journal Article Tag Suite (JATS(ジャッツ))は、科学分野におけるXMLアプリケーションの一つで、アメリカ国立医学図書館(National Library of Medicine: NLM)が開発しPMC (アーカイブ)によって普及したXML (Extensible Markup Language) 規格、NLM DTDを継承したものである。 Z39.96 2012-08-22 (NISO JATS 1.0) による公式規格となっている。NLM DTDは科学分野でのオープンアクセス雑誌の集積や流通の際のデファクトスタンダードとなっていた。 NISOによる規格化にともない、NLMではじまった規格はより広い影響力を持つようになり、他のレポジトリ(たとえばScIELOなど)も採用するようになった。日本では、科学技術振興機構の電子ジャーナル・プラットフォームJ-STAGEがJATS 1.1 を採用している。 (ja)
rdfs:label
  • Journal Article Tag Suite (ja)
  • Journal Article Tag Suite (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of