JSONP (JSON with padding) とは、scriptタグを使用してクロスドメインな(異なるドメインに存在する)データを取得する仕組みのことである。HTMLのscriptタグ、JavaScript(関数)、JSONを組み合わせて実現される。 クロスドメインな通信を実現する方法としては、後に (CORS)も開発され、JSON-Pに代わる選択肢となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • JSONP (JSON with padding) とは、scriptタグを使用してクロスドメインな(異なるドメインに存在する)データを取得する仕組みのことである。HTMLのscriptタグ、JavaScript(関数)、JSONを組み合わせて実現される。 クロスドメインな通信を実現する方法としては、後に (CORS)も開発され、JSON-Pに代わる選択肢となっている。 (ja)
  • JSONP (JSON with padding) とは、scriptタグを使用してクロスドメインな(異なるドメインに存在する)データを取得する仕組みのことである。HTMLのscriptタグ、JavaScript(関数)、JSONを組み合わせて実現される。 クロスドメインな通信を実現する方法としては、後に (CORS)も開発され、JSON-Pに代わる選択肢となっている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2008427 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2658 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82846013 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:extendedFrom
prop-ja:extension
  • .jsonp (ja)
  • .jsonp (ja)
prop-ja:genre
  • Data interchange (ja)
  • Data interchange (ja)
prop-ja:icon
prop-ja:mime
  • application/json-p (ja)
  • application/json-p (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • JSONP (JSON with padding) とは、scriptタグを使用してクロスドメインな(異なるドメインに存在する)データを取得する仕組みのことである。HTMLのscriptタグ、JavaScript(関数)、JSONを組み合わせて実現される。 クロスドメインな通信を実現する方法としては、後に (CORS)も開発され、JSON-Pに代わる選択肢となっている。 (ja)
  • JSONP (JSON with padding) とは、scriptタグを使用してクロスドメインな(異なるドメインに存在する)データを取得する仕組みのことである。HTMLのscriptタグ、JavaScript(関数)、JSONを組み合わせて実現される。 クロスドメインな通信を実現する方法としては、後に (CORS)も開発され、JSON-Pに代わる選択肢となっている。 (ja)
rdfs:label
  • JSONP (ja)
  • JSONP (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of