JSFuckはJavaScriptのサブセットである難解プログラミング言語で、コードは[,], (、)、!と+の6文字で構成される。ネーミングセンスはBrainfuckを参考にしていて、難解プログラミング言語の中ではアルファベットが一文字も使われない。コンパイラやインタプリタを必要とするBrainfuckとは異なり、WebブラウザやJavaScriptエンジンで動作させることができる。JSFuckはJavaScriptが動的型付けのため、完全にJavaScriptの関数を上記の6文字で置き換えることができる。2009年7月にハセガワヨウスケがJavaScriptを[]!+,\"$.:;_{}~=の18文字に変換するWebアプリケーションを作った。 JSFuckは悪質なコードをウェブサイトにクロスサイトスクリプティング (XSS)等によって埋め込むことにも使われたことがある。他の潜在的な使用方法としては、難読化がある。 よく使われるライブラリであるjQueryも、6文字で完全に置き換えられたことがある。

Property Value
dbo:abstract
  • JSFuckはJavaScriptのサブセットである難解プログラミング言語で、コードは[,], (、)、!と+の6文字で構成される。ネーミングセンスはBrainfuckを参考にしていて、難解プログラミング言語の中ではアルファベットが一文字も使われない。コンパイラやインタプリタを必要とするBrainfuckとは異なり、WebブラウザやJavaScriptエンジンで動作させることができる。JSFuckはJavaScriptが動的型付けのため、完全にJavaScriptの関数を上記の6文字で置き換えることができる。2009年7月にハセガワヨウスケがJavaScriptを[]!+,\"$.:;_{}~=の18文字に変換するWebアプリケーションを作った。 2010年1月には、 sla.ckers.orgというWebアプリケーションセキュリティサイトの「Obfuscation」フォーラムで非公式の競争が開催され、文字数を(当時そうだろうと考えられていた)必要最小限の8文字([]!+,/)に抑える方法が考案された。 その後、どうにか , と / を使わないようにできないか模索され、同年3月にはJS-NoAlnumと呼ばれる(現在の)6文字で表現されるエンコーダーができた。同年の終わりハセガワはJSF*ckと呼ばれる6文字で表現されるエンコーダーを完成させた。2012年には、Martin Kleppe が"jsfuck"と名前をつけたプロジェクトをGitHub上で公開した。そしてJSFuck.comというサイトでエンコーダーの実装を公開している。 JSFuckは悪質なコードをウェブサイトにクロスサイトスクリプティング (XSS)等によって埋め込むことにも使われたことがある。他の潜在的な使用方法としては、難読化がある。 よく使われるライブラリであるjQueryも、6文字で完全に置き換えられたことがある。 (ja)
  • JSFuckはJavaScriptのサブセットである難解プログラミング言語で、コードは[,], (、)、!と+の6文字で構成される。ネーミングセンスはBrainfuckを参考にしていて、難解プログラミング言語の中ではアルファベットが一文字も使われない。コンパイラやインタプリタを必要とするBrainfuckとは異なり、WebブラウザやJavaScriptエンジンで動作させることができる。JSFuckはJavaScriptが動的型付けのため、完全にJavaScriptの関数を上記の6文字で置き換えることができる。2009年7月にハセガワヨウスケがJavaScriptを[]!+,\"$.:;_{}~=の18文字に変換するWebアプリケーションを作った。 2010年1月には、 sla.ckers.orgというWebアプリケーションセキュリティサイトの「Obfuscation」フォーラムで非公式の競争が開催され、文字数を(当時そうだろうと考えられていた)必要最小限の8文字([]!+,/)に抑える方法が考案された。 その後、どうにか , と / を使わないようにできないか模索され、同年3月にはJS-NoAlnumと呼ばれる(現在の)6文字で表現されるエンコーダーができた。同年の終わりハセガワはJSF*ckと呼ばれる6文字で表現されるエンコーダーを完成させた。2012年には、Martin Kleppe が"jsfuck"と名前をつけたプロジェクトをGitHub上で公開した。そしてJSFuck.comというサイトでエンコーダーの実装を公開している。 JSFuckは悪質なコードをウェブサイトにクロスサイトスクリプティング (XSS)等によって埋め込むことにも使われたことがある。他の潜在的な使用方法としては、難読化がある。 よく使われるライブラリであるjQueryも、6文字で完全に置き換えられたことがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3826871 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18431 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81708327 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • JSFuckはJavaScriptのサブセットである難解プログラミング言語で、コードは[,], (、)、!と+の6文字で構成される。ネーミングセンスはBrainfuckを参考にしていて、難解プログラミング言語の中ではアルファベットが一文字も使われない。コンパイラやインタプリタを必要とするBrainfuckとは異なり、WebブラウザやJavaScriptエンジンで動作させることができる。JSFuckはJavaScriptが動的型付けのため、完全にJavaScriptの関数を上記の6文字で置き換えることができる。2009年7月にハセガワヨウスケがJavaScriptを[]!+,\"$.:;_{}~=の18文字に変換するWebアプリケーションを作った。 JSFuckは悪質なコードをウェブサイトにクロスサイトスクリプティング (XSS)等によって埋め込むことにも使われたことがある。他の潜在的な使用方法としては、難読化がある。 よく使われるライブラリであるjQueryも、6文字で完全に置き換えられたことがある。 (ja)
  • JSFuckはJavaScriptのサブセットである難解プログラミング言語で、コードは[,], (、)、!と+の6文字で構成される。ネーミングセンスはBrainfuckを参考にしていて、難解プログラミング言語の中ではアルファベットが一文字も使われない。コンパイラやインタプリタを必要とするBrainfuckとは異なり、WebブラウザやJavaScriptエンジンで動作させることができる。JSFuckはJavaScriptが動的型付けのため、完全にJavaScriptの関数を上記の6文字で置き換えることができる。2009年7月にハセガワヨウスケがJavaScriptを[]!+,\"$.:;_{}~=の18文字に変換するWebアプリケーションを作った。 JSFuckは悪質なコードをウェブサイトにクロスサイトスクリプティング (XSS)等によって埋め込むことにも使われたことがある。他の潜在的な使用方法としては、難読化がある。 よく使われるライブラリであるjQueryも、6文字で完全に置き換えられたことがある。 (ja)
rdfs:label
  • JSFuck (ja)
  • JSFuck (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of