JRuby は、RubyインタプリタのJavaによる実装である。フリーソフトウェアであり、CPL/GPL/LGPL の3つのライセンスを採用している。JRuby はJavaと密に連携しており、インタプリタを任意のJavaアプリケーションに埋め込むことができ、JavaとRubyのコード間で双方向のアクセスを可能にしている。 JRuby の主な開発者は Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger である。2006年9月、サン・マイクロシステムズは Enedo と Nutter を雇用し、仕事として JRuby の開発をさせている。2007年6月、ThoughtWorks は Ola Bini を雇用し、Ruby と JRuby に関する仕事をさせている。2009年7月、JRubyの開発者らはサンを離れ、Engine YardでJRubyの開発を継続している。

Property Value
dbo:abstract
  • JRuby は、RubyインタプリタのJavaによる実装である。フリーソフトウェアであり、CPL/GPL/LGPL の3つのライセンスを採用している。JRuby はJavaと密に連携しており、インタプリタを任意のJavaアプリケーションに埋め込むことができ、JavaとRubyのコード間で双方向のアクセスを可能にしている。 JRuby の主な開発者は Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger である。2006年9月、サン・マイクロシステムズは Enedo と Nutter を雇用し、仕事として JRuby の開発をさせている。2007年6月、ThoughtWorks は Ola Bini を雇用し、Ruby と JRuby に関する仕事をさせている。2009年7月、JRubyの開発者らはサンを離れ、Engine YardでJRubyの開発を継続している。 (ja)
  • JRuby は、RubyインタプリタのJavaによる実装である。フリーソフトウェアであり、CPL/GPL/LGPL の3つのライセンスを採用している。JRuby はJavaと密に連携しており、インタプリタを任意のJavaアプリケーションに埋め込むことができ、JavaとRubyのコード間で双方向のアクセスを可能にしている。 JRuby の主な開発者は Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger である。2006年9月、サン・マイクロシステムズは Enedo と Nutter を雇用し、仕事として JRuby の開発をさせている。2007年6月、ThoughtWorks は Ola Bini を雇用し、Ruby と JRuby に関する仕事をさせている。2009年7月、JRubyの開発者らはサンを離れ、Engine YardでJRubyの開発を継続している。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 9.2.19.0
dbo:license
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1559453 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13267 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84190916 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • JRuby (ja)
  • JRuby (ja)
prop-ja:対応os
  • 各種 (ja)
  • 各種 (ja)
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 9.200000 (xsd:double)
prop-ja:種別
  • Rubyインタプリタ (ja)
  • Rubyインタプリタ (ja)
prop-ja:開発元
  • Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger (ja)
  • Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • JRuby は、RubyインタプリタのJavaによる実装である。フリーソフトウェアであり、CPL/GPL/LGPL の3つのライセンスを採用している。JRuby はJavaと密に連携しており、インタプリタを任意のJavaアプリケーションに埋め込むことができ、JavaとRubyのコード間で双方向のアクセスを可能にしている。 JRuby の主な開発者は Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger である。2006年9月、サン・マイクロシステムズは Enedo と Nutter を雇用し、仕事として JRuby の開発をさせている。2007年6月、ThoughtWorks は Ola Bini を雇用し、Ruby と JRuby に関する仕事をさせている。2009年7月、JRubyの開発者らはサンを離れ、Engine YardでJRubyの開発を継続している。 (ja)
  • JRuby は、RubyインタプリタのJavaによる実装である。フリーソフトウェアであり、CPL/GPL/LGPL の3つのライセンスを採用している。JRuby はJavaと密に連携しており、インタプリタを任意のJavaアプリケーションに埋め込むことができ、JavaとRubyのコード間で双方向のアクセスを可能にしている。 JRuby の主な開発者は Charles Nutter、Thomas Enebo、Ola Bini、Nick Sieger である。2006年9月、サン・マイクロシステムズは Enedo と Nutter を雇用し、仕事として JRuby の開発をさせている。2007年6月、ThoughtWorks は Ola Bini を雇用し、Ruby と JRuby に関する仕事をさせている。2009年7月、JRubyの開発者らはサンを離れ、Engine YardでJRubyの開発を継続している。 (ja)
rdfs:label
  • JRuby (ja)
  • JRuby (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • JRuby (ja)
  • JRuby (ja)
is dbo:programmingLanguage of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:programmingLanguage of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of