Interactive Connectivity Establishment (ICE) ドラフトは、IETFのMMUSICワーキンググループによって開発され、様々な技術を用いてNATトラバーサルのための仕組みを提供する。特にそれはSIPベースのVoIPクライアントがリモートユーザーとネットワークの間に存在するかもしれない様々なファイアウォールを通過できるよう用いられる。それは、XMPPのジングル拡張にも用いられる。

Property Value
dbo:abstract
  • Interactive Connectivity Establishment (ICE) ドラフトは、IETFのMMUSICワーキンググループによって開発され、様々な技術を用いてNATトラバーサルのための仕組みを提供する。特にそれはSIPベースのVoIPクライアントがリモートユーザーとネットワークの間に存在するかもしれない様々なファイアウォールを通過できるよう用いられる。それは、XMPPのジングル拡張にも用いられる。 (ja)
  • Interactive Connectivity Establishment (ICE) ドラフトは、IETFのMMUSICワーキンググループによって開発され、様々な技術を用いてNATトラバーサルのための仕組みを提供する。特にそれはSIPベースのVoIPクライアントがリモートユーザーとネットワークの間に存在するかもしれない様々なファイアウォールを通過できるよう用いられる。それは、XMPPのジングル拡張にも用いられる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1705648 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1541 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91705740 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Interactive Connectivity Establishment (ICE) ドラフトは、IETFのMMUSICワーキンググループによって開発され、様々な技術を用いてNATトラバーサルのための仕組みを提供する。特にそれはSIPベースのVoIPクライアントがリモートユーザーとネットワークの間に存在するかもしれない様々なファイアウォールを通過できるよう用いられる。それは、XMPPのジングル拡張にも用いられる。 (ja)
  • Interactive Connectivity Establishment (ICE) ドラフトは、IETFのMMUSICワーキンググループによって開発され、様々な技術を用いてNATトラバーサルのための仕組みを提供する。特にそれはSIPベースのVoIPクライアントがリモートユーザーとネットワークの間に存在するかもしれない様々なファイアウォールを通過できるよう用いられる。それは、XMPPのジングル拡張にも用いられる。 (ja)
rdfs:label
  • Interactive Connectivity Establishment (ja)
  • Interactive Connectivity Establishment (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of