Intel Quark(インテル・クォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86 の SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じで、MMX や SSE などの SIMD 命令セットに対応しない。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。 Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された。 最終受注期限予定は2019年7月19日、最終出荷期限予定は2022年7月17日。

Property Value
dbo:abstract
  • Intel Quark(インテル・クォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86 の SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じで、MMX や SSE などの SIMD 命令セットに対応しない。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。 Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された。 最終受注期限予定は2019年7月19日、最終出荷期限予定は2022年7月17日。 (ja)
  • Intel Quark(インテル・クォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86 の SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じで、MMX や SSE などの SIMD 命令セットに対応しない。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。 Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された。 最終受注期限予定は2019年7月19日、最終出荷期限予定は2022年7月17日。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2911572 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7709 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 92021459 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コア数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • Quark (ja)
  • Quark (ja)
prop-ja:命令セット
prop-ja:最低周波数
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:最低周波数単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:最大プロセスルール
  • 32.0 (dbd:nanometre)
prop-ja:最高周波数
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:最高周波数単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:生産者
  • インテル (ja)
  • インテル (ja)
prop-ja:生産開始
  • 2013 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • Intel Quark(インテル・クォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86 の SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じで、MMX や SSE などの SIMD 命令セットに対応しない。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。 Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された。 最終受注期限予定は2019年7月19日、最終出荷期限予定は2022年7月17日。 (ja)
  • Intel Quark(インテル・クォーク)とは、インテルが開発した32ビット x86 の SoC。サイズが小さく、低消費電力なのが特徴で、ウェアラブルコンピュータなどをターゲットとしている。消費電力は Intel Atom よりも少ない。CPUの命令セットはPentium (P54C/i586) と同じで、MMX や SSE などの SIMD 命令セットに対応しない。組み込みOSのみ対応する。2013年にインテル・デベロッパー・フォーラムで発表された。 Quark X1000 は開発用マイクロコントローラー基板である Intel Galileo に搭載された。 最終受注期限予定は2019年7月19日、最終出荷期限予定は2022年7月17日。 (ja)
rdfs:label
  • Intel Quark (ja)
  • Intel Quark (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of