Information Rights Management(インフォメーション・ライツ・マネジメント、IRM)は、デジタル著作権管理(DRM)の一種であり、機密情報を不正アクセスから保護する技術である。 E-DRMまたはエンタープライズデジタル著作権管理などと呼ばれることもある。デジタル著作権管理(DRM)技術は通常、B2Cで音楽やビデオなどのリッチメディアを保護する際に使われるが、IRMは主に企業内、企業間で使われる。 IRMは、情報(主に文書形式)を「リモート制御」できるようにするための技術である。 これは、情報を作成、表示、編集、配布できる権限を情報毎に個別に設定できることを意味する。IRMシステムは、財務データ、知的財産、経営幹部とのコミュニケーションなどの情報を保護するためにも使用される。 IRMは今のところ、主にファイルと電子メールを中心に適用される。

Property Value
dbo:abstract
  • Information Rights Management(インフォメーション・ライツ・マネジメント、IRM)は、デジタル著作権管理(DRM)の一種であり、機密情報を不正アクセスから保護する技術である。 E-DRMまたはエンタープライズデジタル著作権管理などと呼ばれることもある。デジタル著作権管理(DRM)技術は通常、B2Cで音楽やビデオなどのリッチメディアを保護する際に使われるが、IRMは主に企業内、企業間で使われる。 IRMは、情報(主に文書形式)を「リモート制御」できるようにするための技術である。 これは、情報を作成、表示、編集、配布できる権限を情報毎に個別に設定できることを意味する。IRMシステムは、財務データ、知的財産、経営幹部とのコミュニケーションなどの情報を保護するためにも使用される。 IRMは今のところ、主にファイルと電子メールを中心に適用される。 (ja)
  • Information Rights Management(インフォメーション・ライツ・マネジメント、IRM)は、デジタル著作権管理(DRM)の一種であり、機密情報を不正アクセスから保護する技術である。 E-DRMまたはエンタープライズデジタル著作権管理などと呼ばれることもある。デジタル著作権管理(DRM)技術は通常、B2Cで音楽やビデオなどのリッチメディアを保護する際に使われるが、IRMは主に企業内、企業間で使われる。 IRMは、情報(主に文書形式)を「リモート制御」できるようにするための技術である。 これは、情報を作成、表示、編集、配布できる権限を情報毎に個別に設定できることを意味する。IRMシステムは、財務データ、知的財産、経営幹部とのコミュニケーションなどの情報を保護するためにも使用される。 IRMは今のところ、主にファイルと電子メールを中心に適用される。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4340723 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4536 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82705543 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Information Rights Management(インフォメーション・ライツ・マネジメント、IRM)は、デジタル著作権管理(DRM)の一種であり、機密情報を不正アクセスから保護する技術である。 E-DRMまたはエンタープライズデジタル著作権管理などと呼ばれることもある。デジタル著作権管理(DRM)技術は通常、B2Cで音楽やビデオなどのリッチメディアを保護する際に使われるが、IRMは主に企業内、企業間で使われる。 IRMは、情報(主に文書形式)を「リモート制御」できるようにするための技術である。 これは、情報を作成、表示、編集、配布できる権限を情報毎に個別に設定できることを意味する。IRMシステムは、財務データ、知的財産、経営幹部とのコミュニケーションなどの情報を保護するためにも使用される。 IRMは今のところ、主にファイルと電子メールを中心に適用される。 (ja)
  • Information Rights Management(インフォメーション・ライツ・マネジメント、IRM)は、デジタル著作権管理(DRM)の一種であり、機密情報を不正アクセスから保護する技術である。 E-DRMまたはエンタープライズデジタル著作権管理などと呼ばれることもある。デジタル著作権管理(DRM)技術は通常、B2Cで音楽やビデオなどのリッチメディアを保護する際に使われるが、IRMは主に企業内、企業間で使われる。 IRMは、情報(主に文書形式)を「リモート制御」できるようにするための技術である。 これは、情報を作成、表示、編集、配布できる権限を情報毎に個別に設定できることを意味する。IRMシステムは、財務データ、知的財産、経営幹部とのコミュニケーションなどの情報を保護するためにも使用される。 IRMは今のところ、主にファイルと電子メールを中心に適用される。 (ja)
rdfs:label
  • Information Rights Management (ja)
  • Information Rights Management (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of