ISO/IEC 80000は、国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) が共同で公表した、量および単位(quantities and units)に関する国際規格である。 ISO/IEC 80000では国際量体系(ISQ)が取り入れられている。ISO/IEC 80000は、科学や教育の分野の世界的に使用される文書において、物理量や計量単位を使用する際のスタイルガイドである。ほとんどの国で、学校の数学や科学の教科書で使われる表記法は、この規格のガイドラインに厳密に従っている。 ISO/IEC 80000規格ファミリーは、2009年11月に第1部の公表により完成した。ISO 31などの旧規格を取り込み、それを置き換えている。 日本工業規格 (JIS) では、主に JIS Z 8000 が相当するが、第2部の数学記号は、ISO 31を翻訳したJIS Z 8202と同様、JIS Z 8201「数学記号」を参照する形になっており、JIS Z 8000の第2部は欠番になっている。2014年3月に第1-8部、2015年12月に第9・10部、2016年12月に第11・12部が発行され、2017年4月現在、第13部以降は未発行である。

Property Value
dbo:abstract
  • ISO/IEC 80000は、国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) が共同で公表した、量および単位(quantities and units)に関する国際規格である。 ISO/IEC 80000では国際量体系(ISQ)が取り入れられている。ISO/IEC 80000は、科学や教育の分野の世界的に使用される文書において、物理量や計量単位を使用する際のスタイルガイドである。ほとんどの国で、学校の数学や科学の教科書で使われる表記法は、この規格のガイドラインに厳密に従っている。 ISO/IEC 80000規格ファミリーは、2009年11月に第1部の公表により完成した。ISO 31などの旧規格を取り込み、それを置き換えている。 日本工業規格 (JIS) では、主に JIS Z 8000 が相当するが、第2部の数学記号は、ISO 31を翻訳したJIS Z 8202と同様、JIS Z 8201「数学記号」を参照する形になっており、JIS Z 8000の第2部は欠番になっている。2014年3月に第1-8部、2015年12月に第9・10部、2016年12月に第11・12部が発行され、2017年4月現在、第13部以降は未発行である。 (ja)
  • ISO/IEC 80000は、国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) が共同で公表した、量および単位(quantities and units)に関する国際規格である。 ISO/IEC 80000では国際量体系(ISQ)が取り入れられている。ISO/IEC 80000は、科学や教育の分野の世界的に使用される文書において、物理量や計量単位を使用する際のスタイルガイドである。ほとんどの国で、学校の数学や科学の教科書で使われる表記法は、この規格のガイドラインに厳密に従っている。 ISO/IEC 80000規格ファミリーは、2009年11月に第1部の公表により完成した。ISO 31などの旧規格を取り込み、それを置き換えている。 日本工業規格 (JIS) では、主に JIS Z 8000 が相当するが、第2部の数学記号は、ISO 31を翻訳したJIS Z 8202と同様、JIS Z 8201「数学記号」を参照する形になっており、JIS Z 8000の第2部は欠番になっている。2014年3月に第1-8部、2015年12月に第9・10部、2016年12月に第11・12部が発行され、2017年4月現在、第13部以降は未発行である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3042813 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5575 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 5584 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 68756940 (xsd:integer)
  • 85636502 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ISO/IEC 80000は、国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) が共同で公表した、量および単位(quantities and units)に関する国際規格である。 ISO/IEC 80000では国際量体系(ISQ)が取り入れられている。ISO/IEC 80000は、科学や教育の分野の世界的に使用される文書において、物理量や計量単位を使用する際のスタイルガイドである。ほとんどの国で、学校の数学や科学の教科書で使われる表記法は、この規格のガイドラインに厳密に従っている。 ISO/IEC 80000規格ファミリーは、2009年11月に第1部の公表により完成した。ISO 31などの旧規格を取り込み、それを置き換えている。 日本工業規格 (JIS) では、主に JIS Z 8000 が相当するが、第2部の数学記号は、ISO 31を翻訳したJIS Z 8202と同様、JIS Z 8201「数学記号」を参照する形になっており、JIS Z 8000の第2部は欠番になっている。2014年3月に第1-8部、2015年12月に第9・10部、2016年12月に第11・12部が発行され、2017年4月現在、第13部以降は未発行である。 (ja)
  • ISO/IEC 80000は、国際標準化機構 (ISO) と国際電気標準会議 (IEC) が共同で公表した、量および単位(quantities and units)に関する国際規格である。 ISO/IEC 80000では国際量体系(ISQ)が取り入れられている。ISO/IEC 80000は、科学や教育の分野の世界的に使用される文書において、物理量や計量単位を使用する際のスタイルガイドである。ほとんどの国で、学校の数学や科学の教科書で使われる表記法は、この規格のガイドラインに厳密に従っている。 ISO/IEC 80000規格ファミリーは、2009年11月に第1部の公表により完成した。ISO 31などの旧規格を取り込み、それを置き換えている。 日本工業規格 (JIS) では、主に JIS Z 8000 が相当するが、第2部の数学記号は、ISO 31を翻訳したJIS Z 8202と同様、JIS Z 8201「数学記号」を参照する形になっており、JIS Z 8000の第2部は欠番になっている。2014年3月に第1-8部、2015年12月に第9・10部、2016年12月に第11・12部が発行され、2017年4月現在、第13部以降は未発行である。 (ja)
rdfs:label
  • ISO/IEC 80000 (ja)
  • ISO/IEC 80000 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of