IEEE 802.6(あいとりぷるいーはちまるにこんまろく)は、T1あるいは、T3、SONET、E3といった既存のネットワークを利用してMAN(Metropolitan Area Network)を構成する際の、DQDB層プロトコルの標準化を目的としてIEEE 802委員会に設置されたワーキング・グループ。 「上り方向」と「下り方向」に別々の回線を設置し、それを複数のノードが共有してを行う。トポロジーは、あるいは、のいずれかである。

Property Value
dbo:abstract
  • IEEE 802.6(あいとりぷるいーはちまるにこんまろく)は、T1あるいは、T3、SONET、E3といった既存のネットワークを利用してMAN(Metropolitan Area Network)を構成する際の、DQDB層プロトコルの標準化を目的としてIEEE 802委員会に設置されたワーキング・グループ。 「上り方向」と「下り方向」に別々の回線を設置し、それを複数のノードが共有してを行う。トポロジーは、あるいは、のいずれかである。 (ja)
  • IEEE 802.6(あいとりぷるいーはちまるにこんまろく)は、T1あるいは、T3、SONET、E3といった既存のネットワークを利用してMAN(Metropolitan Area Network)を構成する際の、DQDB層プロトコルの標準化を目的としてIEEE 802委員会に設置されたワーキング・グループ。 「上り方向」と「下り方向」に別々の回線を設置し、それを複数のノードが共有してを行う。トポロジーは、あるいは、のいずれかである。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1067135 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 523 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82595303 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • IEEE 802.6(あいとりぷるいーはちまるにこんまろく)は、T1あるいは、T3、SONET、E3といった既存のネットワークを利用してMAN(Metropolitan Area Network)を構成する際の、DQDB層プロトコルの標準化を目的としてIEEE 802委員会に設置されたワーキング・グループ。 「上り方向」と「下り方向」に別々の回線を設置し、それを複数のノードが共有してを行う。トポロジーは、あるいは、のいずれかである。 (ja)
  • IEEE 802.6(あいとりぷるいーはちまるにこんまろく)は、T1あるいは、T3、SONET、E3といった既存のネットワークを利用してMAN(Metropolitan Area Network)を構成する際の、DQDB層プロトコルの標準化を目的としてIEEE 802委員会に設置されたワーキング・グループ。 「上り方向」と「下り方向」に別々の回線を設置し、それを複数のノードが共有してを行う。トポロジーは、あるいは、のいずれかである。 (ja)
rdfs:label
  • IEEE 802.6 (ja)
  • IEEE 802.6 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of