IEEE 802.11beはIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)の後継規格として標準化中の無線LANの通信規格であり、Wi-Fi アライアンスにてWi-Fi 7として認定されると目されている。ベースとなる技術は802.11axであり、2.4 GHz帯、5 GHz帯 に加え、6 GHzでの利用を想定し、静止状態および歩行者の速度での利用環境下をターゲットとしている。ドラフト版が2021年3月、2024年初頭を目処に確定版の仕様をリリースする計画となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • IEEE 802.11beはIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)の後継規格として標準化中の無線LANの通信規格であり、Wi-Fi アライアンスにてWi-Fi 7として認定されると目されている。ベースとなる技術は802.11axであり、2.4 GHz帯、5 GHz帯 に加え、6 GHzでの利用を想定し、静止状態および歩行者の速度での利用環境下をターゲットとしている。ドラフト版が2021年3月、2024年初頭を目処に確定版の仕様をリリースする計画となっている。 (ja)
  • IEEE 802.11beはIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)の後継規格として標準化中の無線LANの通信規格であり、Wi-Fi アライアンスにてWi-Fi 7として認定されると目されている。ベースとなる技術は802.11axであり、2.4 GHz帯、5 GHz帯 に加え、6 GHzでの利用を想定し、静止状態および歩行者の速度での利用環境下をターゲットとしている。ドラフト版が2021年3月、2024年初頭を目処に確定版の仕様をリリースする計画となっている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4250690 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4769 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91970717 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • IEEE 802.11beはIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)の後継規格として標準化中の無線LANの通信規格であり、Wi-Fi アライアンスにてWi-Fi 7として認定されると目されている。ベースとなる技術は802.11axであり、2.4 GHz帯、5 GHz帯 に加え、6 GHzでの利用を想定し、静止状態および歩行者の速度での利用環境下をターゲットとしている。ドラフト版が2021年3月、2024年初頭を目処に確定版の仕様をリリースする計画となっている。 (ja)
  • IEEE 802.11beはIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)の後継規格として標準化中の無線LANの通信規格であり、Wi-Fi アライアンスにてWi-Fi 7として認定されると目されている。ベースとなる技術は802.11axであり、2.4 GHz帯、5 GHz帯 に加え、6 GHzでの利用を想定し、静止状態および歩行者の速度での利用環境下をターゲットとしている。ドラフト版が2021年3月、2024年初頭を目処に確定版の仕様をリリースする計画となっている。 (ja)
rdfs:label
  • IEEE 802.11be (ja)
  • IEEE 802.11be (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of