IBM Master Inventor(アイビーエム・マスター・インベンター)は、価値の高い特許を多数出願および取得しており、新たな特許取得者を増やす活動にも大きな貢献を果しているIBMの社員に与えられる称号である。 IBMのサイトや外部のサイトで、IBM Master Inventor について語られている。 ソフトウェアのキャリアについて書かれた書籍にも IBM Master Inventor についての記載がある:

Property Value
dbo:abstract
  • IBM Master Inventor(アイビーエム・マスター・インベンター)は、価値の高い特許を多数出願および取得しており、新たな特許取得者を増やす活動にも大きな貢献を果しているIBMの社員に与えられる称号である。 IBMのサイトや外部のサイトで、IBM Master Inventor について語られている。 ソフトウェアのキャリアについて書かれた書籍にも IBM Master Inventor についての記載がある: (ja)
  • IBM Master Inventor(アイビーエム・マスター・インベンター)は、価値の高い特許を多数出願および取得しており、新たな特許取得者を増やす活動にも大きな貢献を果しているIBMの社員に与えられる称号である。 IBMのサイトや外部のサイトで、IBM Master Inventor について語られている。 ソフトウェアのキャリアについて書かれた書籍にも IBM Master Inventor についての記載がある: (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2889639 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1265 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 57311155 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • IBM Master Inventor(アイビーエム・マスター・インベンター)は、価値の高い特許を多数出願および取得しており、新たな特許取得者を増やす活動にも大きな貢献を果しているIBMの社員に与えられる称号である。 IBMのサイトや外部のサイトで、IBM Master Inventor について語られている。 ソフトウェアのキャリアについて書かれた書籍にも IBM Master Inventor についての記載がある: (ja)
  • IBM Master Inventor(アイビーエム・マスター・インベンター)は、価値の高い特許を多数出願および取得しており、新たな特許取得者を増やす活動にも大きな貢献を果しているIBMの社員に与えられる称号である。 IBMのサイトや外部のサイトで、IBM Master Inventor について語られている。 ソフトウェアのキャリアについて書かれた書籍にも IBM Master Inventor についての記載がある: (ja)
rdfs:label
  • IBM Master Inventor (ja)
  • IBM Master Inventor (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of