IBM 701電子データ処理マシン (IBM 701 Electronic Data Processing Machine)は、1952年4月29日に一般に発表されたIBM初の商用科学技術計算機で、科学技術計算用につくられたプログラム内蔵方式の大型コンピュータである。開発中は国防計算機 (Defense Calculator)として知られていた。これはナサニエル・ロチェスターによって設計され、プリンストン大学のIASマシンに基づいている。 その後継機はIBM 704であり、そのコンピュータの姉妹機は、ビジネス用のIBM 702と低コストの汎用IBM 650である。 IBMは現在、IBM 701を最初のメインフレームと呼んでいる。

Property Value
dbo:abstract
  • IBM 701電子データ処理マシン (IBM 701 Electronic Data Processing Machine)は、1952年4月29日に一般に発表されたIBM初の商用科学技術計算機で、科学技術計算用につくられたプログラム内蔵方式の大型コンピュータである。開発中は国防計算機 (Defense Calculator)として知られていた。これはナサニエル・ロチェスターによって設計され、プリンストン大学のIASマシンに基づいている。 その後継機はIBM 704であり、そのコンピュータの姉妹機は、ビジネス用のIBM 702と低コストの汎用IBM 650である。 IBMは現在、IBM 701を最初のメインフレームと呼んでいる。 (ja)
  • IBM 701電子データ処理マシン (IBM 701 Electronic Data Processing Machine)は、1952年4月29日に一般に発表されたIBM初の商用科学技術計算機で、科学技術計算用につくられたプログラム内蔵方式の大型コンピュータである。開発中は国防計算機 (Defense Calculator)として知られていた。これはナサニエル・ロチェスターによって設計され、プリンストン大学のIASマシンに基づいている。 その後継機はIBM 704であり、そのコンピュータの姉妹機は、ビジネス用のIBM 702と低コストの汎用IBM 650である。 IBMは現在、IBM 701を最初のメインフレームと呼んでいる。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 13575 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10235 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86208465 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:aka
  • 国防計算機 (ja)
  • 国防計算機 (ja)
prop-ja:baseprice
  • レンタル料月額12,000ドル/40時間シフトで月額15,000ドル (ja)
  • レンタル料月額12,000ドル/40時間シフトで月額15,000ドル (ja)
prop-ja:caption
  • IBM 701のオペレーター・コンソール (ja)
  • IBM 701のオペレーター・コンソール (ja)
prop-ja:date
  • 2020-09-19 (xsd:date)
prop-ja:developer
prop-ja:manufacturer
prop-ja:memory
  • 各36ビットの2048ワードの合計メモリ (ja)
  • 各36ビットの2048ワードの合計メモリ (ja)
prop-ja:name
  • IBM 701 電子データ処理マシン (ja)
  • IBM 701 電子データ処理マシン (ja)
prop-ja:ramtype
  • 各1024ビットの容量を持つ72本のウィリアムズ管 (ja)
  • 各1024ビットの容量を持つ72本のウィリアムズ管 (ja)
prop-ja:reason
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:successor
prop-ja:unitsShipped
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • IBM 701電子データ処理マシン (IBM 701 Electronic Data Processing Machine)は、1952年4月29日に一般に発表されたIBM初の商用科学技術計算機で、科学技術計算用につくられたプログラム内蔵方式の大型コンピュータである。開発中は国防計算機 (Defense Calculator)として知られていた。これはナサニエル・ロチェスターによって設計され、プリンストン大学のIASマシンに基づいている。 その後継機はIBM 704であり、そのコンピュータの姉妹機は、ビジネス用のIBM 702と低コストの汎用IBM 650である。 IBMは現在、IBM 701を最初のメインフレームと呼んでいる。 (ja)
  • IBM 701電子データ処理マシン (IBM 701 Electronic Data Processing Machine)は、1952年4月29日に一般に発表されたIBM初の商用科学技術計算機で、科学技術計算用につくられたプログラム内蔵方式の大型コンピュータである。開発中は国防計算機 (Defense Calculator)として知られていた。これはナサニエル・ロチェスターによって設計され、プリンストン大学のIASマシンに基づいている。 その後継機はIBM 704であり、そのコンピュータの姉妹機は、ビジネス用のIBM 702と低コストの汎用IBM 650である。 IBMは現在、IBM 701を最初のメインフレームと呼んでいる。 (ja)
rdfs:label
  • IBM 701 (ja)
  • IBM 701 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of