Freescale i.MX(アイドット・エムエックス)は、ARMアーキテクチャに基づいており、低消費電力に焦点を当てたマルチメディアアプリケーション向けのフリースケール・セミコンダクタ独自のマイクロプロセッサファミリである。(フリースケール・セミコンダクタは2015年12月にNXPセミコンダクターズに買収されたため、現在はi.MXはNXPの製品となっている) i.MXアプリケーション·プロセッサは、CPU・VPU・GPUなどと、一つのダイに多くの処理ユニットを統合する SoC である。 i.MX は、自動車、産業用および民生市場向けに開発されている。それらのほとんどは10〜15年の長期安定供給を保証している。Ford Sync、Amazon Kindle、Sony Reader、Kobo、Logitech Harmony リモートコントローラ、Squeezebox ラジオ、東芝 Gigabeat MP4プレーヤー、ベネッセコーポレーションチャレンジタブレットなど多くのデバイスが i.MX プロセッサを使用している。 i.MX は、以前は "DragonBall MX" ファミリー、DragonBall マイクロコントローラの第五世代と呼ばれていた。i.MX は、もともとは "innovative Multimedia eXtension" を意味していた。

Property Value
dbo:abstract
  • Freescale i.MX(アイドット・エムエックス)は、ARMアーキテクチャに基づいており、低消費電力に焦点を当てたマルチメディアアプリケーション向けのフリースケール・セミコンダクタ独自のマイクロプロセッサファミリである。(フリースケール・セミコンダクタは2015年12月にNXPセミコンダクターズに買収されたため、現在はi.MXはNXPの製品となっている) i.MXアプリケーション·プロセッサは、CPU・VPU・GPUなどと、一つのダイに多くの処理ユニットを統合する SoC である。 i.MX は、自動車、産業用および民生市場向けに開発されている。それらのほとんどは10〜15年の長期安定供給を保証している。Ford Sync、Amazon Kindle、Sony Reader、Kobo、Logitech Harmony リモートコントローラ、Squeezebox ラジオ、東芝 Gigabeat MP4プレーヤー、ベネッセコーポレーションチャレンジタブレットなど多くのデバイスが i.MX プロセッサを使用している。 i.MX は、以前は "DragonBall MX" ファミリー、DragonBall マイクロコントローラの第五世代と呼ばれていた。i.MX は、もともとは "innovative Multimedia eXtension" を意味していた。 i.MX ソリューションは、ハードウェア(プロセッサおよび開発ボード)とプロセッサに最適化されたソフトウェアで構成されている。 (ja)
  • Freescale i.MX(アイドット・エムエックス)は、ARMアーキテクチャに基づいており、低消費電力に焦点を当てたマルチメディアアプリケーション向けのフリースケール・セミコンダクタ独自のマイクロプロセッサファミリである。(フリースケール・セミコンダクタは2015年12月にNXPセミコンダクターズに買収されたため、現在はi.MXはNXPの製品となっている) i.MXアプリケーション·プロセッサは、CPU・VPU・GPUなどと、一つのダイに多くの処理ユニットを統合する SoC である。 i.MX は、自動車、産業用および民生市場向けに開発されている。それらのほとんどは10〜15年の長期安定供給を保証している。Ford Sync、Amazon Kindle、Sony Reader、Kobo、Logitech Harmony リモートコントローラ、Squeezebox ラジオ、東芝 Gigabeat MP4プレーヤー、ベネッセコーポレーションチャレンジタブレットなど多くのデバイスが i.MX プロセッサを使用している。 i.MX は、以前は "DragonBall MX" ファミリー、DragonBall マイクロコントローラの第五世代と呼ばれていた。i.MX は、もともとは "innovative Multimedia eXtension" を意味していた。 i.MX ソリューションは、ハードウェア(プロセッサおよび開発ボード)とプロセッサに最適化されたソフトウェアで構成されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2680757 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5232 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79393690 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Freescale i.MX(アイドット・エムエックス)は、ARMアーキテクチャに基づいており、低消費電力に焦点を当てたマルチメディアアプリケーション向けのフリースケール・セミコンダクタ独自のマイクロプロセッサファミリである。(フリースケール・セミコンダクタは2015年12月にNXPセミコンダクターズに買収されたため、現在はi.MXはNXPの製品となっている) i.MXアプリケーション·プロセッサは、CPU・VPU・GPUなどと、一つのダイに多くの処理ユニットを統合する SoC である。 i.MX は、自動車、産業用および民生市場向けに開発されている。それらのほとんどは10〜15年の長期安定供給を保証している。Ford Sync、Amazon Kindle、Sony Reader、Kobo、Logitech Harmony リモートコントローラ、Squeezebox ラジオ、東芝 Gigabeat MP4プレーヤー、ベネッセコーポレーションチャレンジタブレットなど多くのデバイスが i.MX プロセッサを使用している。 i.MX は、以前は "DragonBall MX" ファミリー、DragonBall マイクロコントローラの第五世代と呼ばれていた。i.MX は、もともとは "innovative Multimedia eXtension" を意味していた。 (ja)
  • Freescale i.MX(アイドット・エムエックス)は、ARMアーキテクチャに基づいており、低消費電力に焦点を当てたマルチメディアアプリケーション向けのフリースケール・セミコンダクタ独自のマイクロプロセッサファミリである。(フリースケール・セミコンダクタは2015年12月にNXPセミコンダクターズに買収されたため、現在はi.MXはNXPの製品となっている) i.MXアプリケーション·プロセッサは、CPU・VPU・GPUなどと、一つのダイに多くの処理ユニットを統合する SoC である。 i.MX は、自動車、産業用および民生市場向けに開発されている。それらのほとんどは10〜15年の長期安定供給を保証している。Ford Sync、Amazon Kindle、Sony Reader、Kobo、Logitech Harmony リモートコントローラ、Squeezebox ラジオ、東芝 Gigabeat MP4プレーヤー、ベネッセコーポレーションチャレンジタブレットなど多くのデバイスが i.MX プロセッサを使用している。 i.MX は、以前は "DragonBall MX" ファミリー、DragonBall マイクロコントローラの第五世代と呼ばれていた。i.MX は、もともとは "innovative Multimedia eXtension" を意味していた。 (ja)
rdfs:label
  • I.MX (ja)
  • I.MX (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of