HFS (Hierarchical File System) とは、Mac OSでかつて使われていたファイルシステムのひとつである。日本ではしばしば「Mac OS 標準フォーマット」ともいう。 HFSは二つのフォークを持つ。すなわち、主データ(データフォークと呼ばれる)の他にリソースフォークというメタ情報を持つことで知られている。また大文字と小文字の区別をしない。 HFSはファイルシステムの中では比較的新しい部類に入り、把握しやすいボリュームの扱いや、シンボリックリンク・ショートカットより先進的なエイリアス機構を備えるなど、設計上優れた部分も多い。 ブロックサイズ(管理単位)は、ボリュームサイズ32MiBまで512バイト、以降32MiB毎に512バイトずつ増加し(64MiBを超えたサイズでは、FATファイルシステムのようにいきなり倍になることはない)、225〜256MiBでHFS+と同じ4KiBになる。2GiB(System 7.1.x(他国語版を含む 以下同様)までの上限)で32KiB、4GiB(System 7.5 7.5.1での上限)で64KiB、2TiB(System 7.5.2以降での上限)では32MiBになる。 このファイルシステムで記録されたストレージの読み書きが可能なのはClassic Mac OSおよびMac OS X v10.5までのmacOSのみである。

Property Value
dbo:abstract
  • HFS (Hierarchical File System) とは、Mac OSでかつて使われていたファイルシステムのひとつである。日本ではしばしば「Mac OS 標準フォーマット」ともいう。 HFSは二つのフォークを持つ。すなわち、主データ(データフォークと呼ばれる)の他にリソースフォークというメタ情報を持つことで知られている。また大文字と小文字の区別をしない。 HFSはファイルシステムの中では比較的新しい部類に入り、把握しやすいボリュームの扱いや、シンボリックリンク・ショートカットより先進的なエイリアス機構を備えるなど、設計上優れた部分も多い。 ブロックサイズ(管理単位)は、ボリュームサイズ32MiBまで512バイト、以降32MiB毎に512バイトずつ増加し(64MiBを超えたサイズでは、FATファイルシステムのようにいきなり倍になることはない)、225〜256MiBでHFS+と同じ4KiBになる。2GiB(System 7.1.x(他国語版を含む 以下同様)までの上限)で32KiB、4GiB(System 7.5 7.5.1での上限)で64KiB、2TiB(System 7.5.2以降での上限)では32MiBになる。 このファイルシステムで記録されたストレージの読み書きが可能なのはClassic Mac OSおよびMac OS X v10.5までのmacOSのみである。 Mac OS X v10.6より読み出しのみのサポートとなった。 macOS Sierraにて、サポートが終了し、完全に利用が出来なくなった。 (ja)
  • HFS (Hierarchical File System) とは、Mac OSでかつて使われていたファイルシステムのひとつである。日本ではしばしば「Mac OS 標準フォーマット」ともいう。 HFSは二つのフォークを持つ。すなわち、主データ(データフォークと呼ばれる)の他にリソースフォークというメタ情報を持つことで知られている。また大文字と小文字の区別をしない。 HFSはファイルシステムの中では比較的新しい部類に入り、把握しやすいボリュームの扱いや、シンボリックリンク・ショートカットより先進的なエイリアス機構を備えるなど、設計上優れた部分も多い。 ブロックサイズ(管理単位)は、ボリュームサイズ32MiBまで512バイト、以降32MiB毎に512バイトずつ増加し(64MiBを超えたサイズでは、FATファイルシステムのようにいきなり倍になることはない)、225〜256MiBでHFS+と同じ4KiBになる。2GiB(System 7.1.x(他国語版を含む 以下同様)までの上限)で32KiB、4GiB(System 7.5 7.5.1での上限)で64KiB、2TiB(System 7.5.2以降での上限)では32MiBになる。 このファイルシステムで記録されたストレージの読み書きが可能なのはClassic Mac OSおよびMac OS X v10.5までのmacOSのみである。 Mac OS X v10.6より読み出しのみのサポートとなった。 macOS Sierraにて、サポートが終了し、完全に利用が出来なくなった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 71431 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 2956 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2993 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 68153818 (xsd:integer)
  • 83595623 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:attributes
  • Color , locked, custom icon, bundle, invisible, alias, system, stationery, inited, no INIT resources, shared, desktop (ja)
  • Color , locked, custom icon, bundle, invisible, alias, system, stationery, inited, no INIT resources, shared, desktop (ja)
prop-ja:badBlocksStruct
prop-ja:compression
prop-ja:dateRange
  • --01-01
prop-ja:dateResolution
  • 1.0
prop-ja:datesRecorded
  • 作成、修正、バックアップ (ja)
  • 作成、修正、バックアップ (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:directoryStruct
prop-ja:encryption
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:fileStruct
prop-ja:fileSystemPermissions
  • AppleShare (ja)
  • AppleShare (ja)
prop-ja:filenameCharacterSet
  • コロン「:」と非表示文字を除く、8ビット文字 (ja)
  • コロン「:」と非表示文字を除く、8ビット文字 (ja)
prop-ja:forksStreams
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:fullName
  • Hierarchical File System (ja)
  • Hierarchical File System (ja)
prop-ja:introductionDate
  • --09-17
prop-ja:introductionOs
prop-ja:maxFileSize
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:maxFilenameSize
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:maxFilesNo
  • 65535 (xsd:integer)
prop-ja:maxVolumeSize
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • HFS (ja)
  • HFS (ja)
prop-ja:os
prop-ja:partitionId
  • 0 (xsd:integer)
  • Apple_HFS (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • HFS (Hierarchical File System) とは、Mac OSでかつて使われていたファイルシステムのひとつである。日本ではしばしば「Mac OS 標準フォーマット」ともいう。 HFSは二つのフォークを持つ。すなわち、主データ(データフォークと呼ばれる)の他にリソースフォークというメタ情報を持つことで知られている。また大文字と小文字の区別をしない。 HFSはファイルシステムの中では比較的新しい部類に入り、把握しやすいボリュームの扱いや、シンボリックリンク・ショートカットより先進的なエイリアス機構を備えるなど、設計上優れた部分も多い。 ブロックサイズ(管理単位)は、ボリュームサイズ32MiBまで512バイト、以降32MiB毎に512バイトずつ増加し(64MiBを超えたサイズでは、FATファイルシステムのようにいきなり倍になることはない)、225〜256MiBでHFS+と同じ4KiBになる。2GiB(System 7.1.x(他国語版を含む 以下同様)までの上限)で32KiB、4GiB(System 7.5 7.5.1での上限)で64KiB、2TiB(System 7.5.2以降での上限)では32MiBになる。 このファイルシステムで記録されたストレージの読み書きが可能なのはClassic Mac OSおよびMac OS X v10.5までのmacOSのみである。 (ja)
  • HFS (Hierarchical File System) とは、Mac OSでかつて使われていたファイルシステムのひとつである。日本ではしばしば「Mac OS 標準フォーマット」ともいう。 HFSは二つのフォークを持つ。すなわち、主データ(データフォークと呼ばれる)の他にリソースフォークというメタ情報を持つことで知られている。また大文字と小文字の区別をしない。 HFSはファイルシステムの中では比較的新しい部類に入り、把握しやすいボリュームの扱いや、シンボリックリンク・ショートカットより先進的なエイリアス機構を備えるなど、設計上優れた部分も多い。 ブロックサイズ(管理単位)は、ボリュームサイズ32MiBまで512バイト、以降32MiB毎に512バイトずつ増加し(64MiBを超えたサイズでは、FATファイルシステムのようにいきなり倍になることはない)、225〜256MiBでHFS+と同じ4KiBになる。2GiB(System 7.1.x(他国語版を含む 以下同様)までの上限)で32KiB、4GiB(System 7.5 7.5.1での上限)で64KiB、2TiB(System 7.5.2以降での上限)では32MiBになる。 このファイルシステムで記録されたストレージの読み書きが可能なのはClassic Mac OSおよびMac OS X v10.5までのmacOSのみである。 (ja)
rdfs:label
  • Hierarchical File System (ja)
  • Hierarchical File System (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of