HitBit(ヒットビット)は、ソニーが1980年代に使用していたパソコンおよびその周辺機器・対応ソフトのブランド名。同社MSXやSMC-777シリーズに使われた。それ以前の、には用いられていない。また姉妹機としてワープロ専用機の「HiTBiT Word」も存在していた。 由来は「ヒット」するように + コンピュータの記憶単位である「ビット」、および「人々」。テレビCMや雑誌広告でのキャッチコピーは「ひとびとの、ヒットビット」。イメージキャラクターに松田聖子を起用した。

Property Value
dbo:abstract
  • HitBit(ヒットビット)は、ソニーが1980年代に使用していたパソコンおよびその周辺機器・対応ソフトのブランド名。同社MSXやSMC-777シリーズに使われた。それ以前の、には用いられていない。また姉妹機としてワープロ専用機の「HiTBiT Word」も存在していた。 由来は「ヒット」するように + コンピュータの記憶単位である「ビット」、および「人々」。テレビCMや雑誌広告でのキャッチコピーは「ひとびとの、ヒットビット」。イメージキャラクターに松田聖子を起用した。 (ja)
  • HitBit(ヒットビット)は、ソニーが1980年代に使用していたパソコンおよびその周辺機器・対応ソフトのブランド名。同社MSXやSMC-777シリーズに使われた。それ以前の、には用いられていない。また姉妹機としてワープロ専用機の「HiTBiT Word」も存在していた。 由来は「ヒット」するように + コンピュータの記憶単位である「ビット」、および「人々」。テレビCMや雑誌広告でのキャッチコピーは「ひとびとの、ヒットビット」。イメージキャラクターに松田聖子を起用した。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 204703 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1432 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75926134 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • HitBit(ヒットビット)は、ソニーが1980年代に使用していたパソコンおよびその周辺機器・対応ソフトのブランド名。同社MSXやSMC-777シリーズに使われた。それ以前の、には用いられていない。また姉妹機としてワープロ専用機の「HiTBiT Word」も存在していた。 由来は「ヒット」するように + コンピュータの記憶単位である「ビット」、および「人々」。テレビCMや雑誌広告でのキャッチコピーは「ひとびとの、ヒットビット」。イメージキャラクターに松田聖子を起用した。 (ja)
  • HitBit(ヒットビット)は、ソニーが1980年代に使用していたパソコンおよびその周辺機器・対応ソフトのブランド名。同社MSXやSMC-777シリーズに使われた。それ以前の、には用いられていない。また姉妹機としてワープロ専用機の「HiTBiT Word」も存在していた。 由来は「ヒット」するように + コンピュータの記憶単位である「ビット」、および「人々」。テレビCMや雑誌広告でのキャッチコピーは「ひとびとの、ヒットビット」。イメージキャラクターに松田聖子を起用した。 (ja)
rdfs:label
  • HiTBiT (ja)
  • HiTBiT (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of