Helvetica (ヘルベチカ) は、1957年にスイス人書体デザイナーの (Max Miedinger) とエドゥアルト・ホフマン (Eduard Hoffmann) が発表したサンセリフの欧文書体。簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠な書体として知られる。 今日ではフォントとして誰でも手軽に利用でき、Macintoshでは オペレーティングシステム (OS) に付属する標準フォントの一つとなり、iOS(8以前)ではシステムフォントである。 「Helvetica」の名称は、ラテン語で「スイス」を意味するHelvetia(ヘルウェティア / ヘルヴェティア)の形容詞形であるHelvetica(ヘルウェティカ / ヘルヴェティカ)に由来する。つまり、Helveticaとは「スイスの」を意味する語である。 日本では原弘の希望で1964年の東京オリンピックを機に導入され、亀倉雄策の大会ポスターが初の利用事例ともいわれる。

Property Value
dbo:abstract
  • Helvetica (ヘルベチカ) は、1957年にスイス人書体デザイナーの (Max Miedinger) とエドゥアルト・ホフマン (Eduard Hoffmann) が発表したサンセリフの欧文書体。簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠な書体として知られる。 今日ではフォントとして誰でも手軽に利用でき、Macintoshでは オペレーティングシステム (OS) に付属する標準フォントの一つとなり、iOS(8以前)ではシステムフォントである。 「Helvetica」の名称は、ラテン語で「スイス」を意味するHelvetia(ヘルウェティア / ヘルヴェティア)の形容詞形であるHelvetica(ヘルウェティカ / ヘルヴェティカ)に由来する。つまり、Helveticaとは「スイスの」を意味する語である。 日本では原弘の希望で1964年の東京オリンピックを機に導入され、亀倉雄策の大会ポスターが初の利用事例ともいわれる。 誕生して60年が過ぎたHelveticaは、現代においても、文化・国家の壁を越え、多くのシーンで用いられている。日本においても、常に日常生活に身近なところでHelveticaを目にすることができる。コーポレート・タイプ(企業の制定書体)としてよく用いられ、アメリカン航空やBMW、ドイツ鉄道、ルフトハンザドイツ航空、インテル、三菱電機、川崎重工業、名古屋鉄道、NTTデータ、パナソニック、岩谷産業など枚挙にいとまがない。 (ja)
  • Helvetica (ヘルベチカ) は、1957年にスイス人書体デザイナーの (Max Miedinger) とエドゥアルト・ホフマン (Eduard Hoffmann) が発表したサンセリフの欧文書体。簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠な書体として知られる。 今日ではフォントとして誰でも手軽に利用でき、Macintoshでは オペレーティングシステム (OS) に付属する標準フォントの一つとなり、iOS(8以前)ではシステムフォントである。 「Helvetica」の名称は、ラテン語で「スイス」を意味するHelvetia(ヘルウェティア / ヘルヴェティア)の形容詞形であるHelvetica(ヘルウェティカ / ヘルヴェティカ)に由来する。つまり、Helveticaとは「スイスの」を意味する語である。 日本では原弘の希望で1964年の東京オリンピックを機に導入され、亀倉雄策の大会ポスターが初の利用事例ともいわれる。 誕生して60年が過ぎたHelveticaは、現代においても、文化・国家の壁を越え、多くのシーンで用いられている。日本においても、常に日常生活に身近なところでHelveticaを目にすることができる。コーポレート・タイプ(企業の制定書体)としてよく用いられ、アメリカン航空やBMW、ドイツ鉄道、ルフトハンザドイツ航空、インテル、三菱電機、川崎重工業、名古屋鉄道、NTTデータ、パナソニック、岩谷産業など枚挙にいとまがない。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 72977 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4686 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86934590 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:classifications
prop-ja:creator
  • エドゥアルト・ホフマン (ja)
  • マクス・ミーディンガー (ja)
  • エドゥアルト・ホフマン (ja)
  • マクス・ミーディンガー (ja)
prop-ja:foundries
prop-ja:foundry
  • ステンペル (ja)
  • ハース鋳造所 (ja)
  • ステンペル (ja)
  • ハース鋳造所 (ja)
prop-ja:name
  • Helvetica (ja)
  • ヘルベチカ (ja)
  • Helvetica (ja)
  • ヘルベチカ (ja)
prop-ja:releasedate
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:sample
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:style
prop-ja:variations
  • Swiss 721 BT (ja)
  • Swiss 721 BT (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Helvetica (ヘルベチカ) は、1957年にスイス人書体デザイナーの (Max Miedinger) とエドゥアルト・ホフマン (Eduard Hoffmann) が発表したサンセリフの欧文書体。簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠な書体として知られる。 今日ではフォントとして誰でも手軽に利用でき、Macintoshでは オペレーティングシステム (OS) に付属する標準フォントの一つとなり、iOS(8以前)ではシステムフォントである。 「Helvetica」の名称は、ラテン語で「スイス」を意味するHelvetia(ヘルウェティア / ヘルヴェティア)の形容詞形であるHelvetica(ヘルウェティカ / ヘルヴェティカ)に由来する。つまり、Helveticaとは「スイスの」を意味する語である。 日本では原弘の希望で1964年の東京オリンピックを機に導入され、亀倉雄策の大会ポスターが初の利用事例ともいわれる。 (ja)
  • Helvetica (ヘルベチカ) は、1957年にスイス人書体デザイナーの (Max Miedinger) とエドゥアルト・ホフマン (Eduard Hoffmann) が発表したサンセリフの欧文書体。簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠な書体として知られる。 今日ではフォントとして誰でも手軽に利用でき、Macintoshでは オペレーティングシステム (OS) に付属する標準フォントの一つとなり、iOS(8以前)ではシステムフォントである。 「Helvetica」の名称は、ラテン語で「スイス」を意味するHelvetia(ヘルウェティア / ヘルヴェティア)の形容詞形であるHelvetica(ヘルウェティカ / ヘルヴェティカ)に由来する。つまり、Helveticaとは「スイスの」を意味する語である。 日本では原弘の希望で1964年の東京オリンピックを機に導入され、亀倉雄策の大会ポスターが初の利用事例ともいわれる。 (ja)
rdfs:label
  • Helvetica (ja)
  • Helvetica (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:basedOn of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of