hanpanda(ハンパンダ)は、アートディレクター・野田凪考案のキャラクター。 体の半分がジャイアントパンダ、もう半分は別の動物やキャラクターで構成されたキャラクター。野田凪自身のアートディレクションの一つとして考案された。採用した動物は20種類を超え、デザインの異なるキャラクターは100種を超える。 主なキャラクターに、「ウサパン」「ニャンパン」「ライパン」「ハリパン」「バッファローパン」「カンガルーパン」などがいる。キャラクターごとに性格や好きなこと嫌いなこと、将来の夢などが設定されている。野田はウサパンの友達だという設定になっている。 一部のキャラクターはぬいぐるみなどによって商品化され、10代から20代の女性を中心に人気のキャラクターへ成長した。また、不動産会社東京建物のマスコットキャラクター、キリンビバレッジから発売された「微発泡supli(サプリ)」の宣伝キャラクターに採用された(起用キャラクターはウサパン)。サンリオのハローキティと提携した「キティパン」も発表された。 2008年6月には野田のアートディレクションとして、ニャンパンの葬儀・告別式が開催された。 当初、野田自身はハンパンダを商業利用する目的はなく、商売とは離れた位置にあるキャラクターの一つとして考案したとのこと。

Property Value
dbo:abstract
  • hanpanda(ハンパンダ)は、アートディレクター・野田凪考案のキャラクター。 体の半分がジャイアントパンダ、もう半分は別の動物やキャラクターで構成されたキャラクター。野田凪自身のアートディレクションの一つとして考案された。採用した動物は20種類を超え、デザインの異なるキャラクターは100種を超える。 主なキャラクターに、「ウサパン」「ニャンパン」「ライパン」「ハリパン」「バッファローパン」「カンガルーパン」などがいる。キャラクターごとに性格や好きなこと嫌いなこと、将来の夢などが設定されている。野田はウサパンの友達だという設定になっている。 一部のキャラクターはぬいぐるみなどによって商品化され、10代から20代の女性を中心に人気のキャラクターへ成長した。また、不動産会社東京建物のマスコットキャラクター、キリンビバレッジから発売された「微発泡supli(サプリ)」の宣伝キャラクターに採用された(起用キャラクターはウサパン)。サンリオのハローキティと提携した「キティパン」も発表された。 2008年6月には野田のアートディレクションとして、ニャンパンの葬儀・告別式が開催された。 当初、野田自身はハンパンダを商業利用する目的はなく、商売とは離れた位置にあるキャラクターの一つとして考案したとのこと。 (ja)
  • hanpanda(ハンパンダ)は、アートディレクター・野田凪考案のキャラクター。 体の半分がジャイアントパンダ、もう半分は別の動物やキャラクターで構成されたキャラクター。野田凪自身のアートディレクションの一つとして考案された。採用した動物は20種類を超え、デザインの異なるキャラクターは100種を超える。 主なキャラクターに、「ウサパン」「ニャンパン」「ライパン」「ハリパン」「バッファローパン」「カンガルーパン」などがいる。キャラクターごとに性格や好きなこと嫌いなこと、将来の夢などが設定されている。野田はウサパンの友達だという設定になっている。 一部のキャラクターはぬいぐるみなどによって商品化され、10代から20代の女性を中心に人気のキャラクターへ成長した。また、不動産会社東京建物のマスコットキャラクター、キリンビバレッジから発売された「微発泡supli(サプリ)」の宣伝キャラクターに採用された(起用キャラクターはウサパン)。サンリオのハローキティと提携した「キティパン」も発表された。 2008年6月には野田のアートディレクションとして、ニャンパンの葬儀・告別式が開催された。 当初、野田自身はハンパンダを商業利用する目的はなく、商売とは離れた位置にあるキャラクターの一つとして考案したとのこと。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1562367 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 889 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78543166 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • hanpanda(ハンパンダ)は、アートディレクター・野田凪考案のキャラクター。 体の半分がジャイアントパンダ、もう半分は別の動物やキャラクターで構成されたキャラクター。野田凪自身のアートディレクションの一つとして考案された。採用した動物は20種類を超え、デザインの異なるキャラクターは100種を超える。 主なキャラクターに、「ウサパン」「ニャンパン」「ライパン」「ハリパン」「バッファローパン」「カンガルーパン」などがいる。キャラクターごとに性格や好きなこと嫌いなこと、将来の夢などが設定されている。野田はウサパンの友達だという設定になっている。 一部のキャラクターはぬいぐるみなどによって商品化され、10代から20代の女性を中心に人気のキャラクターへ成長した。また、不動産会社東京建物のマスコットキャラクター、キリンビバレッジから発売された「微発泡supli(サプリ)」の宣伝キャラクターに採用された(起用キャラクターはウサパン)。サンリオのハローキティと提携した「キティパン」も発表された。 2008年6月には野田のアートディレクションとして、ニャンパンの葬儀・告別式が開催された。 当初、野田自身はハンパンダを商業利用する目的はなく、商売とは離れた位置にあるキャラクターの一つとして考案したとのこと。 (ja)
  • hanpanda(ハンパンダ)は、アートディレクター・野田凪考案のキャラクター。 体の半分がジャイアントパンダ、もう半分は別の動物やキャラクターで構成されたキャラクター。野田凪自身のアートディレクションの一つとして考案された。採用した動物は20種類を超え、デザインの異なるキャラクターは100種を超える。 主なキャラクターに、「ウサパン」「ニャンパン」「ライパン」「ハリパン」「バッファローパン」「カンガルーパン」などがいる。キャラクターごとに性格や好きなこと嫌いなこと、将来の夢などが設定されている。野田はウサパンの友達だという設定になっている。 一部のキャラクターはぬいぐるみなどによって商品化され、10代から20代の女性を中心に人気のキャラクターへ成長した。また、不動産会社東京建物のマスコットキャラクター、キリンビバレッジから発売された「微発泡supli(サプリ)」の宣伝キャラクターに採用された(起用キャラクターはウサパン)。サンリオのハローキティと提携した「キティパン」も発表された。 2008年6月には野田のアートディレクションとして、ニャンパンの葬儀・告別式が開催された。 当初、野田自身はハンパンダを商業利用する目的はなく、商売とは離れた位置にあるキャラクターの一つとして考案したとのこと。 (ja)
rdfs:label
  • Hanpanda (ja)
  • Hanpanda (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of