HP-32S は1988年にヒューレット・パッカードによって販売されたプログラミング可能なRPN関数電卓であった。あるモデルはアメリカ合衆国のヒューレット・パッカードによって1987年に組み立てられた(シリアル番号 2838A13810)。そして、1991年に生産終了となった。HP-32S は HP-15C プログラマブルRPN関数電卓の伝統を受け継いでいた。しかし、HP-15C のいくつかの機能は切り捨てられた(行列計算)。そして、いくつかの機能は縮小された(複素数計算)。いくつかの制限のため、HP-32S は HP-34C を拡張したと言うのがより正確である。HP-32S は複素数、統計、確率などをサポートしていた。

Property Value
dbo:abstract
  • HP-32S は1988年にヒューレット・パッカードによって販売されたプログラミング可能なRPN関数電卓であった。あるモデルはアメリカ合衆国のヒューレット・パッカードによって1987年に組み立てられた(シリアル番号 2838A13810)。そして、1991年に生産終了となった。HP-32S は HP-15C プログラマブルRPN関数電卓の伝統を受け継いでいた。しかし、HP-15C のいくつかの機能は切り捨てられた(行列計算)。そして、いくつかの機能は縮小された(複素数計算)。いくつかの制限のため、HP-32S は HP-34C を拡張したと言うのがより正確である。HP-32S は複素数、統計、確率などをサポートしていた。 (ja)
  • HP-32S は1988年にヒューレット・パッカードによって販売されたプログラミング可能なRPN関数電卓であった。あるモデルはアメリカ合衆国のヒューレット・パッカードによって1987年に組み立てられた(シリアル番号 2838A13810)。そして、1991年に生産終了となった。HP-32S は HP-15C プログラマブルRPN関数電卓の伝統を受け継いでいた。しかし、HP-15C のいくつかの機能は切り捨てられた(行列計算)。そして、いくつかの機能は縮小された(複素数計算)。いくつかの制限のため、HP-32S は HP-34C を拡張したと言うのがより正確である。HP-32S は複素数、統計、確率などをサポートしていた。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3868920 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2772 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87674373 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • HP-32S RPN関数電卓 (ja)
  • HP-32SII RPN関数電卓 (ja)
  • HP-32S RPN関数電卓 (ja)
  • HP-32SII RPN関数電卓 (ja)
prop-ja:discontinued
  • 1991 (xsd:integer)
  • 2002 (xsd:integer)
prop-ja:displaySize
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:displayType
prop-ja:entry
prop-ja:introduced
  • 1988 (xsd:integer)
  • 1991 (xsd:integer)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:name
  • HP-32S (ja)
  • HP-32SII (ja)
  • HP-32S (ja)
  • HP-32SII (ja)
prop-ja:progLang
  • RPNキーストローク言語 (ja)
  • RPNキーストローク言語 (ja)
prop-ja:successor
  • 33.0
prop-ja:supply
  • LR44 x 3 (ja)
  • LR44 x 3 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • HP-32S は1988年にヒューレット・パッカードによって販売されたプログラミング可能なRPN関数電卓であった。あるモデルはアメリカ合衆国のヒューレット・パッカードによって1987年に組み立てられた(シリアル番号 2838A13810)。そして、1991年に生産終了となった。HP-32S は HP-15C プログラマブルRPN関数電卓の伝統を受け継いでいた。しかし、HP-15C のいくつかの機能は切り捨てられた(行列計算)。そして、いくつかの機能は縮小された(複素数計算)。いくつかの制限のため、HP-32S は HP-34C を拡張したと言うのがより正確である。HP-32S は複素数、統計、確率などをサポートしていた。 (ja)
  • HP-32S は1988年にヒューレット・パッカードによって販売されたプログラミング可能なRPN関数電卓であった。あるモデルはアメリカ合衆国のヒューレット・パッカードによって1987年に組み立てられた(シリアル番号 2838A13810)。そして、1991年に生産終了となった。HP-32S は HP-15C プログラマブルRPN関数電卓の伝統を受け継いでいた。しかし、HP-15C のいくつかの機能は切り捨てられた(行列計算)。そして、いくつかの機能は縮小された(複素数計算)。いくつかの制限のため、HP-32S は HP-34C を拡張したと言うのがより正確である。HP-32S は複素数、統計、確率などをサポートしていた。 (ja)
rdfs:label
  • HP-32S (ja)
  • HP-32S (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:predecessor of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of