HD 40307 cは、がか座の方角に約42光年離れた場所にあるHD 40307の周囲を公転する太陽系外惑星である。ヨーロッパ南天天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)を用いて、2008年6月にドップラー分光法で発見された。HD 40307の6つの惑星の中では3番目に大きく、2番目に軌道が小さい。恒星は金属量が比較的低く、原始星の金属量が形成する惑星の種類を決定するという仮説を支持するものとして注目される。

Property Value
dbo:abstract
  • HD 40307 cは、がか座の方角に約42光年離れた場所にあるHD 40307の周囲を公転する太陽系外惑星である。ヨーロッパ南天天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)を用いて、2008年6月にドップラー分光法で発見された。HD 40307の6つの惑星の中では3番目に大きく、2番目に軌道が小さい。恒星は金属量が比較的低く、原始星の金属量が形成する惑星の種類を決定するという仮説を支持するものとして注目される。 (ja)
  • HD 40307 cは、がか座の方角に約42光年離れた場所にあるHD 40307の周囲を公転する太陽系外惑星である。ヨーロッパ南天天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)を用いて、2008年6月にドップラー分光法で発見された。HD 40307の6つの惑星の中では3番目に大きく、2番目に軌道が小さい。恒星は金属量が比較的低く、原始星の金属量が形成する惑星の種類を決定するという仮説を支持するものとして注目される。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3727417 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6717 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80375532 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:group
  • (ja)
  • (ja)
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:主恒星
prop-en:元期
prop-en:公転周期
  • 9.618400 (xsd:double)
prop-en:分類
prop-en:別名称
  • HIP 27887 c, GJ 2046 c, SAO 249388 c, CD-60 1303 c, CPD-60 508 c, TYC 8892-01247-1 c, IRAS 05534-6001 c, 2MASS J05540421-6001245 c, WISE J055404.19-600124.9 c (ja)
  • HIP 27887 c, GJ 2046 c, SAO 249388 c, CD-60 1303 c, CPD-60 508 c, TYC 8892-01247-1 c, IRAS 05534-6001 c, 2MASS J05540421-6001245 c, WISE J055404.19-600124.9 c (ja)
prop-en:和名
  • HD 40307 c (ja)
  • HD 40307 c (ja)
prop-en:
  • 340 (xsd:integer)
prop-en:平均近点角
  • 303.700000 (xsd:double)
prop-en:星座
prop-en:準振幅
  • 2.45 (dbd:metrePerSecond)
prop-en:発見場所
  • ラ・シヤ天文台 (ja)
  • ラ・シヤ天文台 (ja)
prop-en:発見年
  • 2008 (xsd:integer)
  • 2009 (xsd:integer)
prop-en:発見方法
  • ドップラー分光法 (ja)
  • ドップラー分光法 (ja)
prop-en:発見者
  • M. Mayorら (ja)
  • M. Mayorら (ja)
prop-en:
  • 太陽系外惑星 (ja)
  • 太陽系外惑星 (ja)
prop-en:質量
  • > 6.6 M⊕ (ja)
  • > 6.6 M⊕ (ja)
prop-en:距離
  • 42.190000 (xsd:double)
  • (ja)
prop-en:軌道長半径
  • 0.079900 (xsd:double)
prop-en:近点引数
  • 234.900000 (xsd:double)
prop-en:離心率
  • 0.060000 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • HD 40307 cは、がか座の方角に約42光年離れた場所にあるHD 40307の周囲を公転する太陽系外惑星である。ヨーロッパ南天天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)を用いて、2008年6月にドップラー分光法で発見された。HD 40307の6つの惑星の中では3番目に大きく、2番目に軌道が小さい。恒星は金属量が比較的低く、原始星の金属量が形成する惑星の種類を決定するという仮説を支持するものとして注目される。 (ja)
  • HD 40307 cは、がか座の方角に約42光年離れた場所にあるHD 40307の周囲を公転する太陽系外惑星である。ヨーロッパ南天天文台の高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)を用いて、2008年6月にドップラー分光法で発見された。HD 40307の6つの惑星の中では3番目に大きく、2番目に軌道が小さい。恒星は金属量が比較的低く、原始星の金属量が形成する惑星の種類を決定するという仮説を支持するものとして注目される。 (ja)
rdfs:label
  • HD 40307 c (ja)
  • HD 40307 c (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-en:exoplanet of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of