『HANA-BI』(はなび)は、北野武(ビートたけし)が監督、脚本、編集、主演を務めた1998年の日本のドラマ映画。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭では日本映画として『無法松の一生』以来39年ぶりに金獅子賞を受賞した。

Property Value
dbo:abstract
  • 『HANA-BI』(はなび)は、北野武(ビートたけし)が監督、脚本、編集、主演を務めた1998年の日本のドラマ映画。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭では日本映画として『無法松の一生』以来39年ぶりに金獅子賞を受賞した。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にてグランプリにあたる金獅子賞を受賞しており、日本映画のグランプリ受賞は『無法松の一生』以来39年ぶりであった。 キャッチコピーは「そのときに抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび)は、北野武(ビートたけし)が監督、脚本、編集、主演を務めた1998年の日本のドラマ映画。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭では日本映画として『無法松の一生』以来39年ぶりに金獅子賞を受賞した。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にてグランプリにあたる金獅子賞を受賞しており、日本映画のグランプリ受賞は『無法松の一生』以来39年ぶりであった。 キャッチコピーは「そのときに抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15720 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6865 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 6978 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80718178 (xsd:integer)
  • 86770481 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 103 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • HANA-BI (ja)
  • HANA-BI (ja)
prop-ja:公開
  • --01-24
  • --03-20
  • --09-03
  • --11-05
prop-ja:出演者
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
  • 北野武 (ja)
  • 北野武 (ja)
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 日本ヘラルド映画 (ja)
  • マイルストーン (ja)
  • 日本ヘラルド映画 (ja)
  • マイルストーン (ja)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『HANA-BI』(はなび)は、北野武(ビートたけし)が監督、脚本、編集、主演を務めた1998年の日本のドラマ映画。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭では日本映画として『無法松の一生』以来39年ぶりに金獅子賞を受賞した。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にてグランプリにあたる金獅子賞を受賞しており、日本映画のグランプリ受賞は『無法松の一生』以来39年ぶりであった。 キャッチコピーは「そのときに抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび)は、北野武(ビートたけし)が監督、脚本、編集、主演を務めた1998年の日本のドラマ映画。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭では日本映画として『無法松の一生』以来39年ぶりに金獅子賞を受賞した。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にてグランプリにあたる金獅子賞を受賞しており、日本映画のグランプリ受賞は『無法松の一生』以来39年ぶりであった。 キャッチコピーは「そのときに抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
rdfs:label
  • HANA-BI (ja)
  • HANA-BI (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • HANA-BI (ja)
  • HANA-BI (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of