Groff は GNU プロジェクトによる、roff の代替となる実装である。ジェームズ・クラークが C++ を主言語として独自に実装した。多数のエクステンションを含め、ditroff を手本にしている。最初のバージョンである 0.3.1 は1990年6月にリリースされた。最初の安定版は 1.04 で、1991年11月にアナウンスされた。AT&T の troff/nroff パッケージはプロプライエタリ・ソフトウェアな上、UNIX ブランドのシステムにおいても必ずしも利用可能ではなかった。Groff はこれらを置き換えるための、容易に入手できるフリーソフトウェアとして開発された。1999年、Werner Lemberg と Ted Harding が Groff のメンテナンスを引き継いだ。 Groff は 、、、 といったプリプロセッサやポストプロセッサ用の多数のヘルパープログラムを含んでいる。また、troff のマクロパッケージを置き換えたり拡張したりするマクロパッケージもある。 Groff は新機能の開発を進めており、Linux や 4.4BSD の派生 OS 等のフリーでオープンソースな UNIX 系 OS において重要な位置を占めている。特に UNIX 系 OS のドキュメントの標準的な形式である manページの作成に troff マクロが使われているためである。

Property Value
dbo:abstract
  • Groff は GNU プロジェクトによる、roff の代替となる実装である。ジェームズ・クラークが C++ を主言語として独自に実装した。多数のエクステンションを含め、ditroff を手本にしている。最初のバージョンである 0.3.1 は1990年6月にリリースされた。最初の安定版は 1.04 で、1991年11月にアナウンスされた。AT&T の troff/nroff パッケージはプロプライエタリ・ソフトウェアな上、UNIX ブランドのシステムにおいても必ずしも利用可能ではなかった。Groff はこれらを置き換えるための、容易に入手できるフリーソフトウェアとして開発された。1999年、Werner Lemberg と Ted Harding が Groff のメンテナンスを引き継いだ。 Groff は 、、、 といったプリプロセッサやポストプロセッサ用の多数のヘルパープログラムを含んでいる。また、troff のマクロパッケージを置き換えたり拡張したりするマクロパッケージもある。 Groff は新機能の開発を進めており、Linux や 4.4BSD の派生 OS 等のフリーでオープンソースな UNIX 系 OS において重要な位置を占めている。特に UNIX 系 OS のドキュメントの標準的な形式である manページの作成に troff マクロが使われているためである。 OpenBSD はバージョン 4.9 以降、groff ではなく を使用している。 (ja)
  • Groff は GNU プロジェクトによる、roff の代替となる実装である。ジェームズ・クラークが C++ を主言語として独自に実装した。多数のエクステンションを含め、ditroff を手本にしている。最初のバージョンである 0.3.1 は1990年6月にリリースされた。最初の安定版は 1.04 で、1991年11月にアナウンスされた。AT&T の troff/nroff パッケージはプロプライエタリ・ソフトウェアな上、UNIX ブランドのシステムにおいても必ずしも利用可能ではなかった。Groff はこれらを置き換えるための、容易に入手できるフリーソフトウェアとして開発された。1999年、Werner Lemberg と Ted Harding が Groff のメンテナンスを引き継いだ。 Groff は 、、、 といったプリプロセッサやポストプロセッサ用の多数のヘルパープログラムを含んでいる。また、troff のマクロパッケージを置き換えたり拡張したりするマクロパッケージもある。 Groff は新機能の開発を進めており、Linux や 4.4BSD の派生 OS 等のフリーでオープンソースな UNIX 系 OS において重要な位置を占めている。特に UNIX 系 OS のドキュメントの標準的な形式である manページの作成に troff マクロが使われているためである。 OpenBSD はバージョン 4.9 以降、groff ではなく を使用している。 (ja)
dbo:creator
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2908183 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1837 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81058603 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Groff (ja)
  • Groff (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:種別
prop-ja:開発者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Groff は GNU プロジェクトによる、roff の代替となる実装である。ジェームズ・クラークが C++ を主言語として独自に実装した。多数のエクステンションを含め、ditroff を手本にしている。最初のバージョンである 0.3.1 は1990年6月にリリースされた。最初の安定版は 1.04 で、1991年11月にアナウンスされた。AT&T の troff/nroff パッケージはプロプライエタリ・ソフトウェアな上、UNIX ブランドのシステムにおいても必ずしも利用可能ではなかった。Groff はこれらを置き換えるための、容易に入手できるフリーソフトウェアとして開発された。1999年、Werner Lemberg と Ted Harding が Groff のメンテナンスを引き継いだ。 Groff は 、、、 といったプリプロセッサやポストプロセッサ用の多数のヘルパープログラムを含んでいる。また、troff のマクロパッケージを置き換えたり拡張したりするマクロパッケージもある。 Groff は新機能の開発を進めており、Linux や 4.4BSD の派生 OS 等のフリーでオープンソースな UNIX 系 OS において重要な位置を占めている。特に UNIX 系 OS のドキュメントの標準的な形式である manページの作成に troff マクロが使われているためである。 (ja)
  • Groff は GNU プロジェクトによる、roff の代替となる実装である。ジェームズ・クラークが C++ を主言語として独自に実装した。多数のエクステンションを含め、ditroff を手本にしている。最初のバージョンである 0.3.1 は1990年6月にリリースされた。最初の安定版は 1.04 で、1991年11月にアナウンスされた。AT&T の troff/nroff パッケージはプロプライエタリ・ソフトウェアな上、UNIX ブランドのシステムにおいても必ずしも利用可能ではなかった。Groff はこれらを置き換えるための、容易に入手できるフリーソフトウェアとして開発された。1999年、Werner Lemberg と Ted Harding が Groff のメンテナンスを引き継いだ。 Groff は 、、、 といったプリプロセッサやポストプロセッサ用の多数のヘルパープログラムを含んでいる。また、troff のマクロパッケージを置き換えたり拡張したりするマクロパッケージもある。 Groff は新機能の開発を進めており、Linux や 4.4BSD の派生 OS 等のフリーでオープンソースな UNIX 系 OS において重要な位置を占めている。特に UNIX 系 OS のドキュメントの標準的な形式である manページの作成に troff マクロが使われているためである。 (ja)
rdfs:label
  • Groff (ja)
  • Groff (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Groff (ja)
  • Groff (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of