Google翻訳者ツールキット はGoogle翻訳で自動的に生成される翻訳を翻訳者が編集できるように設計されたWebサービスであった。Google翻訳者ツールキットを使う事で翻訳者は自分の仕事を系統立てたり、訳文、用語集および翻訳メモリの共有機能を使用することができた。翻訳者はMicrosoft Word文書、OpenOffice、RTF、HTML、テキスト、ウィキペディア記事をアップロードして翻訳ができた。 Google翻訳者ツールキットは、無料で即座にテキストやWebページを翻訳するオンライン言語翻訳サービスであるGoogle翻訳によってサポートされた。Google翻訳は、Webインターフェイスを通して貼り付けたテキスト、またはウェブサイトのリンク先を指定することでその場で機械翻訳が得られた。Google翻訳が提供するのは、従来のルールベースの解析に基づく機械翻訳ではなく、主に統計分析により生成された翻訳だった。機械翻訳はGoogle翻訳者ツールキットのエディタを使って編集できた。 "Google翻訳者ツールキットの特筆性は、企業向けのバックエンドとして主流になりつつある完全なオンラインのSaaSとしての位置づけと、これまで主流になりきれなかった翻訳支援ツールの技術革新により「どのようにして誰が翻訳するか」について根本的な変化を予感させることである。"

Property Value
dbo:abstract
  • Google翻訳者ツールキット はGoogle翻訳で自動的に生成される翻訳を翻訳者が編集できるように設計されたWebサービスであった。Google翻訳者ツールキットを使う事で翻訳者は自分の仕事を系統立てたり、訳文、用語集および翻訳メモリの共有機能を使用することができた。翻訳者はMicrosoft Word文書、OpenOffice、RTF、HTML、テキスト、ウィキペディア記事をアップロードして翻訳ができた。 Google翻訳者ツールキットは、無料で即座にテキストやWebページを翻訳するオンライン言語翻訳サービスであるGoogle翻訳によってサポートされた。Google翻訳は、Webインターフェイスを通して貼り付けたテキスト、またはウェブサイトのリンク先を指定することでその場で機械翻訳が得られた。Google翻訳が提供するのは、従来のルールベースの解析に基づく機械翻訳ではなく、主に統計分析により生成された翻訳だった。機械翻訳はGoogle翻訳者ツールキットのエディタを使って編集できた。 Google翻訳者ツールキットは2009年6月9日にGoogle社によって公開された。この製品は、2008年8月に発表されたように、Google翻訳センターと名付けられると思われていた。しかしGoogle翻訳者ツールキットは少し控えめな製品であった。"プロジェクトベースに基づくというよりは文章単位の、プロセス管理パッケージとしてではなく単に個人で使用するまた新たな翻訳メモリツールとして意図された"。 Googleは、Google翻訳者ツールキットは"翻訳を通じて情報を世界中でアクセス可能とする努力"の一部であり、"ひとつの共有された革新的な翻訳技術を通じて翻訳者がより良くより迅速に翻訳するのを手助けする"と主張している。当初Google翻訳者ツールキットは、共同で翻訳する機能を重視する人々、たとえばウィキペディアの記事やNGOのための資料を翻訳する人達に使用される事を意図していた。しかし今日では産業翻訳のプロジェクトでも利用が広がっている。 "Google翻訳者ツールキットの特筆性は、企業向けのバックエンドとして主流になりつつある完全なオンラインのSaaSとしての位置づけと、これまで主流になりきれなかった翻訳支援ツールの技術革新により「どのようにして誰が翻訳するか」について根本的な変化を予感させることである。" Google翻訳者ツールキットは、2019年12月4日にサービスが停止された。 (ja)
  • Google翻訳者ツールキット はGoogle翻訳で自動的に生成される翻訳を翻訳者が編集できるように設計されたWebサービスであった。Google翻訳者ツールキットを使う事で翻訳者は自分の仕事を系統立てたり、訳文、用語集および翻訳メモリの共有機能を使用することができた。翻訳者はMicrosoft Word文書、OpenOffice、RTF、HTML、テキスト、ウィキペディア記事をアップロードして翻訳ができた。 Google翻訳者ツールキットは、無料で即座にテキストやWebページを翻訳するオンライン言語翻訳サービスであるGoogle翻訳によってサポートされた。Google翻訳は、Webインターフェイスを通して貼り付けたテキスト、またはウェブサイトのリンク先を指定することでその場で機械翻訳が得られた。Google翻訳が提供するのは、従来のルールベースの解析に基づく機械翻訳ではなく、主に統計分析により生成された翻訳だった。機械翻訳はGoogle翻訳者ツールキットのエディタを使って編集できた。 Google翻訳者ツールキットは2009年6月9日にGoogle社によって公開された。この製品は、2008年8月に発表されたように、Google翻訳センターと名付けられると思われていた。しかしGoogle翻訳者ツールキットは少し控えめな製品であった。"プロジェクトベースに基づくというよりは文章単位の、プロセス管理パッケージとしてではなく単に個人で使用するまた新たな翻訳メモリツールとして意図された"。 Googleは、Google翻訳者ツールキットは"翻訳を通じて情報を世界中でアクセス可能とする努力"の一部であり、"ひとつの共有された革新的な翻訳技術を通じて翻訳者がより良くより迅速に翻訳するのを手助けする"と主張している。当初Google翻訳者ツールキットは、共同で翻訳する機能を重視する人々、たとえばウィキペディアの記事やNGOのための資料を翻訳する人達に使用される事を意図していた。しかし今日では産業翻訳のプロジェクトでも利用が広がっている。 "Google翻訳者ツールキットの特筆性は、企業向けのバックエンドとして主流になりつつある完全なオンラインのSaaSとしての位置づけと、これまで主流になりきれなかった翻訳支援ツールの技術革新により「どのようにして誰が翻訳するか」について根本的な変化を予感させることである。" Google翻訳者ツールキットは、2019年12月4日にサービスが停止された。 (ja)
dbo:creator
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2489010 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5109 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80887138 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • A sample instance of Google Translator Toolkit. (ja)
  • A sample instance of Google Translator Toolkit. (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:logo
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Google Translator Toolkit (ja)
  • Google Translator Toolkit (ja)
prop-ja:released
  • June 9, 2009 (ja)
  • June 9, 2009 (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Google翻訳者ツールキット はGoogle翻訳で自動的に生成される翻訳を翻訳者が編集できるように設計されたWebサービスであった。Google翻訳者ツールキットを使う事で翻訳者は自分の仕事を系統立てたり、訳文、用語集および翻訳メモリの共有機能を使用することができた。翻訳者はMicrosoft Word文書、OpenOffice、RTF、HTML、テキスト、ウィキペディア記事をアップロードして翻訳ができた。 Google翻訳者ツールキットは、無料で即座にテキストやWebページを翻訳するオンライン言語翻訳サービスであるGoogle翻訳によってサポートされた。Google翻訳は、Webインターフェイスを通して貼り付けたテキスト、またはウェブサイトのリンク先を指定することでその場で機械翻訳が得られた。Google翻訳が提供するのは、従来のルールベースの解析に基づく機械翻訳ではなく、主に統計分析により生成された翻訳だった。機械翻訳はGoogle翻訳者ツールキットのエディタを使って編集できた。 "Google翻訳者ツールキットの特筆性は、企業向けのバックエンドとして主流になりつつある完全なオンラインのSaaSとしての位置づけと、これまで主流になりきれなかった翻訳支援ツールの技術革新により「どのようにして誰が翻訳するか」について根本的な変化を予感させることである。" (ja)
  • Google翻訳者ツールキット はGoogle翻訳で自動的に生成される翻訳を翻訳者が編集できるように設計されたWebサービスであった。Google翻訳者ツールキットを使う事で翻訳者は自分の仕事を系統立てたり、訳文、用語集および翻訳メモリの共有機能を使用することができた。翻訳者はMicrosoft Word文書、OpenOffice、RTF、HTML、テキスト、ウィキペディア記事をアップロードして翻訳ができた。 Google翻訳者ツールキットは、無料で即座にテキストやWebページを翻訳するオンライン言語翻訳サービスであるGoogle翻訳によってサポートされた。Google翻訳は、Webインターフェイスを通して貼り付けたテキスト、またはウェブサイトのリンク先を指定することでその場で機械翻訳が得られた。Google翻訳が提供するのは、従来のルールベースの解析に基づく機械翻訳ではなく、主に統計分析により生成された翻訳だった。機械翻訳はGoogle翻訳者ツールキットのエディタを使って編集できた。 "Google翻訳者ツールキットの特筆性は、企業向けのバックエンドとして主流になりつつある完全なオンラインのSaaSとしての位置づけと、これまで主流になりきれなかった翻訳支援ツールの技術革新により「どのようにして誰が翻訳するか」について根本的な変化を予感させることである。" (ja)
rdfs:label
  • Google Translation Toolkit (ja)
  • Google Translation Toolkit (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Google Translator Toolkit (ja)
  • Google Translator Toolkit (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of