Google Nest(旧 Google Home)は、スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、火災警報器、ルーター、スマートドアベル、スマートカメラ、スマートロックなどのセキュリティシステムを含むスマートホーム製品を販売するGoogle LLCのブランドである。 「Nest」のブランド名は、元Apple上級副社長であるトニー・ファデルとマット・ロジャースが2010年に共同設立したNest Labs社が所有していた。最初に発売された製品は、2011年に発売された「Nest Learning Thermostat」で、プログラマブル、自己学習型、センサー駆動型、Wi-Fi対応など、他のNest製品にも共通する特徴を備えている。2013年10月には、煙・一酸化炭素検知器「Nest Protect」を発売した。2014年にDropcam社を買収した後、2015年6月からNest Camブランドのセキュリティカメラを発売している。 同社は瞬く間に拡大し、2012年末には従業員が130人を超えた。Googleが2014年1月に32億米ドルでNest Labsを買収した当時の従業員数は280名だったが、2015年後半の時点でNestは1,100人以上の従業員を擁し、シアトルに主要なエンジニアリングセンターを設置した。

Property Value
dbo:abstract
  • Google Nest(旧 Google Home)は、スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、火災警報器、ルーター、スマートドアベル、スマートカメラ、スマートロックなどのセキュリティシステムを含むスマートホーム製品を販売するGoogle LLCのブランドである。 「Nest」のブランド名は、元Apple上級副社長であるトニー・ファデルとマット・ロジャースが2010年に共同設立したNest Labs社が所有していた。最初に発売された製品は、2011年に発売された「Nest Learning Thermostat」で、プログラマブル、自己学習型、センサー駆動型、Wi-Fi対応など、他のNest製品にも共通する特徴を備えている。2013年10月には、煙・一酸化炭素検知器「Nest Protect」を発売した。2014年にDropcam社を買収した後、2015年6月からNest Camブランドのセキュリティカメラを発売している。 同社は瞬く間に拡大し、2012年末には従業員が130人を超えた。Googleが2014年1月に32億米ドルでNest Labsを買収した当時の従業員数は280名だったが、2015年後半の時点でNestは1,100人以上の従業員を擁し、シアトルに主要なエンジニアリングセンターを設置した。 Googleが持株会社Alphabet Inc.の下で組織を再編した後、Nestは2015年から2018年までGoogleから独立して運営されていた。しかし、2018年にNestはRishi Chandraが率いるGoogleのホームデバイス部門に統合され、事実上、独立した事業としては存在しなくなった。2019年5月には、すべてのGoogle Homeエレクトロニクス製品は今後、Google Nestというブランドで販売されることが発表された。 (ja)
  • Google Nest(旧 Google Home)は、スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、火災警報器、ルーター、スマートドアベル、スマートカメラ、スマートロックなどのセキュリティシステムを含むスマートホーム製品を販売するGoogle LLCのブランドである。 「Nest」のブランド名は、元Apple上級副社長であるトニー・ファデルとマット・ロジャースが2010年に共同設立したNest Labs社が所有していた。最初に発売された製品は、2011年に発売された「Nest Learning Thermostat」で、プログラマブル、自己学習型、センサー駆動型、Wi-Fi対応など、他のNest製品にも共通する特徴を備えている。2013年10月には、煙・一酸化炭素検知器「Nest Protect」を発売した。2014年にDropcam社を買収した後、2015年6月からNest Camブランドのセキュリティカメラを発売している。 同社は瞬く間に拡大し、2012年末には従業員が130人を超えた。Googleが2014年1月に32億米ドルでNest Labsを買収した当時の従業員数は280名だったが、2015年後半の時点でNestは1,100人以上の従業員を擁し、シアトルに主要なエンジニアリングセンターを設置した。 Googleが持株会社Alphabet Inc.の下で組織を再編した後、Nestは2015年から2018年までGoogleから独立して運営されていた。しかし、2018年にNestはRishi Chandraが率いるGoogleのホームデバイス部門に統合され、事実上、独立した事業としては存在しなくなった。2019年5月には、すべてのGoogle Homeエレクトロニクス製品は今後、Google Nestというブランドで販売されることが発表された。 (ja)
dbo:industry
dbo:keyPerson
dbo:numberOfEmployees
  • 1100 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:owner
dbo:owningCompany
dbo:parentCompany
dbo:thumbnail
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4349026 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 31062 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88236695 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:areasServed
  • カナダ (ja)
  • ヨーロッパ (ja)
  • 米国 (ja)
  • カナダ (ja)
  • ヨーロッパ (ja)
  • 米国 (ja)
prop-ja:formerName
  • Nest Labs (ja)
  • Nest Labs (ja)
prop-ja:founders
prop-ja:homepage
prop-ja:hqLocationCity
  • カリフォルニア州パロアルト (ja)
  • カリフォルニア州パロアルト (ja)
prop-ja:industry
prop-ja:keyPeople
prop-ja:logo
  • Google Nest logo.png (ja)
  • Google Nest logo.png (ja)
prop-ja:name
  • Google Nest (ja)
  • Google Nest (ja)
prop-ja:numEmployees
  • 1100 (xsd:integer)
prop-ja:numEmployeesYear
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:owner
prop-ja:parent
prop-ja:products
  • スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、煙・一酸化炭素検知器、カメラ、ホームセキュリティシステム、ビデオドアベル、スマートロック (ja)
  • スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、煙・一酸化炭素検知器、カメラ、ホームセキュリティシステム、ビデオドアベル、スマートロック (ja)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Google Nest(旧 Google Home)は、スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、火災警報器、ルーター、スマートドアベル、スマートカメラ、スマートロックなどのセキュリティシステムを含むスマートホーム製品を販売するGoogle LLCのブランドである。 「Nest」のブランド名は、元Apple上級副社長であるトニー・ファデルとマット・ロジャースが2010年に共同設立したNest Labs社が所有していた。最初に発売された製品は、2011年に発売された「Nest Learning Thermostat」で、プログラマブル、自己学習型、センサー駆動型、Wi-Fi対応など、他のNest製品にも共通する特徴を備えている。2013年10月には、煙・一酸化炭素検知器「Nest Protect」を発売した。2014年にDropcam社を買収した後、2015年6月からNest Camブランドのセキュリティカメラを発売している。 同社は瞬く間に拡大し、2012年末には従業員が130人を超えた。Googleが2014年1月に32億米ドルでNest Labsを買収した当時の従業員数は280名だったが、2015年後半の時点でNestは1,100人以上の従業員を擁し、シアトルに主要なエンジニアリングセンターを設置した。 (ja)
  • Google Nest(旧 Google Home)は、スマートスピーカー、スマートディスプレイ、ストリーミングデバイス、サーモスタット、火災警報器、ルーター、スマートドアベル、スマートカメラ、スマートロックなどのセキュリティシステムを含むスマートホーム製品を販売するGoogle LLCのブランドである。 「Nest」のブランド名は、元Apple上級副社長であるトニー・ファデルとマット・ロジャースが2010年に共同設立したNest Labs社が所有していた。最初に発売された製品は、2011年に発売された「Nest Learning Thermostat」で、プログラマブル、自己学習型、センサー駆動型、Wi-Fi対応など、他のNest製品にも共通する特徴を備えている。2013年10月には、煙・一酸化炭素検知器「Nest Protect」を発売した。2014年にDropcam社を買収した後、2015年6月からNest Camブランドのセキュリティカメラを発売している。 同社は瞬く間に拡大し、2012年末には従業員が130人を超えた。Googleが2014年1月に32億米ドルでNest Labsを買収した当時の従業員数は280名だったが、2015年後半の時点でNestは1,100人以上の従業員を擁し、シアトルに主要なエンジニアリングセンターを設置した。 (ja)
rdfs:label
  • Google Nest (ja)
  • Google Nest (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Google Nest (ja)
  • Google Nest (ja)
is dbo:affiliation of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:workplaces of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of